鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

食欲不振の鍼灸・針治療法、症状・原因別の
対処方法解説

  • 内臓のお悩み
  • 食欲不振

    食欲不振の状態は、「胃腸が弱っている・慢性的な病気・悩みやストレスが溜まっている」などのサインかもしれません。体が胃腸に負担をかけないよう、食欲を抑制しているとも考えられます。一時的なものであれば無理に食欲を高めようとせず、体を休めて体調を整えることを心がけるべきですが、長期にわたるようであれば胃腸の働きをツボへの刺激によって正常にし、体の自然治癒力を高めることを心がけましょう。

     

    【食欲不振の症状】

    食欲不振に該当するのは、胃痛や腹部膨満感、胃もたれなどの特定の理由もないのに食事の時間になってもおなかがすかない。なんとなく食欲がない。ちょっと食べるとすぐおなかいっぱいになってしまう。食べ物がおいしそうだと感じられない。食べる気がしないなどの状態です。

     

    【食欲不振の原因】

    食欲は脳の食欲中枢がコントロールしています。食欲中枢は内臓の不調など自分でも意識していない体調の変化の影響を受けるため、腹痛などの自覚症状がなくても胃腸の消化機能が弱っていたりすると食欲がなくなることがあります。また食欲中枢は精神的なバランスが乱れたときにも影響を受けるため、ストレスや悩み事によって食欲不振に陥る場合もあります。

     

    【食欲不振の治療法】

    一時的な食欲不振は体の自然治癒力によるものと考えられるので、それを助長するため腹八分を守って胃腸に負担をかけず、十分水分をとって休養します。また、精神的な原因に思い当たるふしがある場合は、まずその原因を解決することが先決かもしれません。

     

    特に思い当たるふしもないのに食欲不振の状態が続くようであれば、胃の緊張を高めぜん動運動を正常にし、胃液の分泌をうながすといった「胃腸の正常化」を心がけましょう。

     

    【食欲不振に期待できる鍼灸治療の効果】

    太白や足三里のツボを鍼灸で刺激して消化力を高めたり、肝兪(かんゆ)・脾兪(ひゆ)・胃兪(いゆ)への刺激によって胃から腸への食物の送り込みをスムーズにしたりといったことで食欲不振の状態が改善できるかもしれません。肝兪・脾兪・胃兪はいずれも背骨のすぐ横にあるツボでそれぞれ高さが違いますから、自分で体調を整えたい場合は「胃の裏あたりの背骨の両側」を全体的にマッサージする、ということでも一定の効果が得られるかもしれません。

     

    太白・・・

    足の親指の側面にある、骨のでっぱりの下のくぼみ

     

    足三里・・・

    しつ蓋骨の下、外側のくぼみから親指の幅3本分下がった部位にあるツボ

     

    肝兪・・・

    肩甲骨の下の高さにある、背骨の両側のツボ

     

    脾兪・・・

    肋骨の下の高さにある、背骨の両側のツボ

     

    胃兪・・・

    こぶしを背中に回したときにあたる、背骨の両側のツボ

     

    食欲不振のコラム一覧

    110

    全110件中 1件~10件を表示

    投稿日:2017/07/27

    食欲不振の東洋医学的原因3

     前回は、2、脾胃湿熱3、胃陰虚による食欲不振をご紹介しました。   今回は、4、脾胃気虚による食欲不振をご紹介します。   1、肝脾不和   2、脾胃湿熱   3、胃陰…

    投稿日:2017/07/26

    食欲不振オッケー!?

    食欲不振に悩まされている方は多いです。あなたは犬や猫や何かペットを飼ったことがありますか?動物は、体の調子が悪い時にはエサを与えてもあまり食べません。 これは自然の事なんです。胃腸は口から食べ物が入ってくると、消化吸収するのが仕事です。寛大な胃腸は入ってきたものは必ず処理しようとします。消…

    投稿日:2017/07/26

    食欲はありますか?

    こんにちは!(^^)!采野です☆暑い日が続きますが胃腸の調子を崩したり食欲に変化を感じている方はおられませんか?外と室内の急激な気温の変化によって自律神経のバランスが乱れ空腹感がなくなったりします。体の疲労感や肩こりなどを伴うことも多く食欲がなんとなくわかない。。。といったことも多いようです。また女…

    投稿日:2017/07/26

    ス、スゴイ!!

     今年は梅雨が明ける前から猛暑にみまわれまだ7月の下旬だというのに既に夏バテ~という方もいらっしゃるのではないでしょうか。こんなに暑いと食欲もなくなってしまいますよね。食欲がわかないとつい食事を簡単な物で済ませがちになりそれが夏バテの原因となってしまいます。 そこでご提案したいの…

    投稿日:2017/07/21

    セルフケアツボ講座:夏バテ知らずの「注夏」

    今年も梅雨が明けて、いよいよ夏本番となって来ました。 夜も暑くてしっかり寝られない、冷たいものばかり飲んでしまって 内臓も疲れてる、朝起きても昨日の疲れが抜けてない… こんな早くも夏バテの方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。  &…

    投稿日:2017/07/21

    胃の不調は、背中のコリと関係します!

    暑い日が続き、食欲が減っている人も多いのではないでしょうか?食欲が減ることでダイエットができる!?と嬉しく感じる人もおられるかもしれませんが、やはりしっかり食事をとらないと、夏バテなどの不調を起こしかねません。また、きれいなお肌をキープするためにも、良い食事が大切です。 そこで、食欲が減っ…

    投稿日:2017/07/19

    食欲がない

    こんにちは!この時期、食欲がないという方も多くみられます。近所のワンちゃんも食欲がないそうで。。。暑いから?それとも、冷たいもののとり過ぎ?そうなんです、冷たいものをとり過ぎると、脾胃が弱り、食欲がない、食後の腹部膨満感、上腹部痛などの症状が出てくることがあります。このようなときは、鍼で弱った脾胃を…

    投稿日:2017/07/17

    夏バテ 3

    夏バテに関してのお話はこれで最後です。1では原因・理由、2では対処法をお伝えしましたが、今回は夏バテに効くツボを簡単に紹介していきたいと思います。2で紹介した対処法にプラスで対策をしていくともっといいかと思います。 ・足三里(あしさんり)夏バテで疲れた胃腸を活性化させるのに使うツボです。ま…

    投稿日:2017/07/15

    7月25日(火)と8月6日(日)に食べたいモノって

     土用の丑の日にうなぎを食べる習慣があります本来旬ではない夏の時期になぜ食べるようになったかご存知でしょうか 江戸時代に平賀源内が夏の時期にもうなぎが売れるようにと丑の日に“う”のつく食べ物を食べると夏負けしないという風習を利用して土用の丑の日にうなぎを食…

    投稿日:2017/07/15

    小暑

    七月七日より小暑の季節に入り暑さ全開です。東洋医学では小暑や大暑の時期は胃腸を大事にする時期と考えます。 この時期スーパーなどでは土用のウナギの宣伝が盛んに行われていますね。夏バテにということでしょうが、それよりは少食を心掛けるほうをお勧めします。食べる量を減らして胃腸を休めてあげる。&n…

    全110件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師