鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

食欲不振の鍼灸・針治療法、症状・原因別の
対処方法解説

  • 内臓のお悩み
  • 食欲不振

    食欲不振の状態は、「胃腸が弱っている・慢性的な病気・悩みやストレスが溜まっている」などのサインかもしれません。体が胃腸に負担をかけないよう、食欲を抑制しているとも考えられます。一時的なものであれば無理に食欲を高めようとせず、体を休めて体調を整えることを心がけるべきですが、長期にわたるようであれば胃腸の働きをツボへの刺激によって正常にし、体の自然治癒力を高めることを心がけましょう。

     

    【食欲不振の症状】

    食欲不振に該当するのは、胃痛や腹部膨満感、胃もたれなどの特定の理由もないのに食事の時間になってもおなかがすかない。なんとなく食欲がない。ちょっと食べるとすぐおなかいっぱいになってしまう。食べ物がおいしそうだと感じられない。食べる気がしないなどの状態です。

     

    【食欲不振の原因】

    食欲は脳の食欲中枢がコントロールしています。食欲中枢は内臓の不調など自分でも意識していない体調の変化の影響を受けるため、腹痛などの自覚症状がなくても胃腸の消化機能が弱っていたりすると食欲がなくなることがあります。また食欲中枢は精神的なバランスが乱れたときにも影響を受けるため、ストレスや悩み事によって食欲不振に陥る場合もあります。

     

    【食欲不振の治療法】

    一時的な食欲不振は体の自然治癒力によるものと考えられるので、それを助長するため腹八分を守って胃腸に負担をかけず、十分水分をとって休養します。また、精神的な原因に思い当たるふしがある場合は、まずその原因を解決することが先決かもしれません。

     

    特に思い当たるふしもないのに食欲不振の状態が続くようであれば、胃の緊張を高めぜん動運動を正常にし、胃液の分泌をうながすといった「胃腸の正常化」を心がけましょう。

     

    【食欲不振に期待できる鍼灸治療の効果】

    太白や足三里のツボを鍼灸で刺激して消化力を高めたり、肝兪(かんゆ)・脾兪(ひゆ)・胃兪(いゆ)への刺激によって胃から腸への食物の送り込みをスムーズにしたりといったことで食欲不振の状態が改善できるかもしれません。肝兪・脾兪・胃兪はいずれも背骨のすぐ横にあるツボでそれぞれ高さが違いますから、自分で体調を整えたい場合は「胃の裏あたりの背骨の両側」を全体的にマッサージする、ということでも一定の効果が得られるかもしれません。

     

    太白・・・

    足の親指の側面にある、骨のでっぱりの下のくぼみ

     

    足三里・・・

    しつ蓋骨の下、外側のくぼみから親指の幅3本分下がった部位にあるツボ

     

    肝兪・・・

    肩甲骨の下の高さにある、背骨の両側のツボ

     

    脾兪・・・

    肋骨の下の高さにある、背骨の両側のツボ

     

    胃兪・・・

    こぶしを背中に回したときにあたる、背骨の両側のツボ

     

    食欲不振のコラム一覧

    133

    全133件中 1件~10件を表示

    投稿日:2017/11/16

    オサカナに大人気!ニッポンの海

    日本という国は、実は類のない数多くの魚介類に恵まれていることにお気づきでしょうか日本の海の面積は全世界の海の面積の1%弱ですが住んでいる生物は現在判明している世界の海の生物の14%にもなるのだそうですその理由のひとつに日本列島の、ほかの国にない土壌のつくりがあります陸地となっている土壌とは、海から隆…

    投稿日:2017/11/14

    食欲が低下しやすい季節

    11月7日に立冬を迎えました。 その辺りから気候も急激に下降して冷え込みが強くなってきています。 冷えは足元から入り、気がつかない内に内蔵の働きを低下させていることがあります。 普段から生野菜や牛乳、冷たいお茶や水、お刺身など身体を冷やすものを摂る傾向にある人は注意が必…

    投稿日:2017/11/11

    胃もたれする人の解決方法

    「食事をすると胃もたれするから、あまり食べたくない」こんな悩みのお客様がいました。 元々、胃は強くなく特に最近は食べると、すぐに胃もたれになるので食べないようにしているそうです。 その影響で風邪をひきやすくなったり冷え性にもなっていました。 悪循環のループにハマっていま…

    投稿日:2017/11/10

    忘年会シーズンに向けた豆知識

    皆様、こんにちは!徐々に朝の冷え込みが増してきましたね。風邪は引いてませんか?今年も残すところあと2か月。そろそろ忘年会の予定なども入っておられる方もおられるのではないでしょうか?お酒とうまく付き合わないといけない時期ですね。アルコールを摂取する事が水分補給になると思っておられる方がまだいらっしゃい…

    投稿日:2017/11/03

    秋、冬の季節に 肺の養生知識-2薬膳

    前回に続き肺の養生の薬膳1.百合なつみスープ原料:百合50gナツミ6個。効能:肺を潤し、痰を溶かせます。健脾益気です。2.甘い杏仁梨スープ原料:甘い杏仁10g 梨1個、氷砂糖少し。効能: 肺を潤す、咳を止めるのです。3.白い木耳スープ原料:白い木耳25g、氷砂糖適量、たまご1個。…

    投稿日:2017/11/03

    秋、冬の季節に 肺の養生知識-1

    養生知識秋、冬の季節が来て来ましたがあなたの肺が大丈夫ですか?人体が外界と接触は三つの防衛ライン:皮膚、胃腸粘膜、呼吸器官の粘膜です。この中に特に肺が最も外界と接触しやすいし、ばい菌、ウイルスなどから犯されやすいし、とても弱いので一番弱い防衛ラインです。中国医学では肺が五つ弱い所があります。1.乾燥…

    投稿日:2017/09/28

    身体の変調を見逃さない生活

    なにか無性にしょっぱいものが食べたい、辛いものが食べたい時急に肌が荒れたり、唇が乾燥してひび割れてしまったりとなんだかいつもと違うなと感じる瞬間がありませんか? もしかしたらそれは身体が発しているサインかもしれません 五行説というものを耳にしたことがある方はいるでしょうか?東洋医…

    投稿日:2017/09/28

    食欲の秋だからこそ。

    こんにちは!ひのうえ治療院ラナンキュラスの南谷です。雨が降ってから少し、秋らしい肌寒さを感じるようになりましたね。そろそろ秋の味覚などもおいしい季節ですが、こんな季節だからこそ、食欲があまり上がらなかったりという方いませんか?ちょっとした事が原因で食欲不振になるので今回は【食欲不振】についてご案内し…

    投稿日:2017/09/08

    食欲不振の東洋医学的メカニズム5

     前回は、5、脾胃虚寒6、脾腎陽虚による食欲不振をご紹介しました。   今回は、7、傷食による食欲不振をご紹介します。   1、肝脾不和   2、脾胃湿熱   3、胃陰虚…

    投稿日:2017/09/05

    夏の食欲不振をツボ押しでケアして秋へ

    こんにちは! 9月に入り、やっと少し涼しくなってきましたね(*^^*) 暑い日が続いていたので、冷たい飲み物、食べ物をたくさん食べたと思います。 冷たいものをたくさん食べると胃が冷えてしまうので、食欲が落ちます(>_<)  最近涼しくなり…

    全133件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師