鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

胃のもたれの鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • 内臓のお悩み
  • 胃のもたれ

    健康な人でも食べ過ぎなどで胃のもたれを感じることがありますが、慢性的に胃もたれを感じる場合は「体の不調」を疑ったほうがいいかもしれません。

     

    【胃もたれの症状】

    主な症状には、(胃が)はる、重く感じる、むかむかする、胸焼けや吐き気などがあります。胃もたれは、以前は神経性胃炎や慢性胃炎という診断名で呼ばれていましたが、現在は「機能性ディスペプシア」と呼ばれています。

     

    【胃もたれの原因】

    胃もたれには消化不良で起こるものと、食事内容に関係がなくふだんから胃もたれを感じるものとがあります。消化不良による胃もたれは食べ過ぎ、深夜の食事、香辛料の取りすぎなどが主な原因です。短い時間で食べ続けることにより胃に負担をかけ、胃もたれを起こすこともあります。最低でも4時間は食事の間隔を空けるようにしましょう。

     

    一方、食事内容に関係がない胃もたれは消化機能の低下が疑われます。消化機能の低下は冷たい物を過剰に摂取したり、不規則な睡眠になっていたり、疲れや老化、ストレスなどにより引き起こされます。また、胃炎や胃下垂、胃アトニーなどの疾患が原因となるケースもあります。

     

    胃炎とは胃に起きる炎症のことです。胃下垂は胃が通常よりも下がっている状態をいいます。胃アトニーは胃の周辺の筋肉が弱い体質のことです。これら疾患により胃の働きが弱くなり、胃がもたれやすくなります。

     

    【胃もたれの治療法】

    胃もたれに効果的なツボは「中脘(ちゅうかん)」「胃愈(いゆ)」「脾兪(ひゆ)」「足三里(あしさんり)」などです。

     

    中脘・・・

    みぞおちとおへそを結んだ線の中間点にあるツボ

     

    胃愈・・・

    背骨の第12胸椎の両側にあり、体の中心線から親指の幅1本分のところにあるツボ

     

    脾兪・・・

    背骨の第11・12胸椎の外に親指の幅2本分のところにあるツボ

     

    足三里・・・

    しつ蓋骨の下、外側のくぼみから親指の幅3本分下がった部位にあるツボ

     

    【胃もたれに期待できる鍼灸治療の効果】

    鍼灸で胃もたれを治療するときは、まず痛みが出やすいみぞおちやおへそに効くツボから刺激します。中脘は消化機能を整えることで、慢性的な胃もたれを改善するツボです。ゆっくりと息を吐きながら両手で押し、痛みが緩和するまでゆっくりとマッサージしてください。

     

    また、慢性的な胃もたれには胃愈や脾兪のツボも効果的です。胃腸の働き、胃液の分泌を調整して、消化活動を活性化する効果があります。足三里は胃もたれと、それに伴う重苦しさを和らげてくれるツボです。こねるようにもみ押してください。

     

     

    胃のもたれのコラム一覧

    263

    全263件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/09/23

    胃腸の不調、口内炎、むくみは「脾」タイプ

    体質を知ることで自分の弱みが強みにもなると思います。 「腎」タイプ→スタミナの消耗が激しく疲れが外見に現れやすい「肝」タイプ→頑張り屋さんで疲れを感じにくく、力の抜き方が分からない以前のコラムでご紹介をしました。今回は「脾」タイプです。脾タイプの方は体質的なお腹の弱さが…

    投稿日:2018/09/20

    胃腸の不調原因

    皆様初めまして。広尾鍼灸整骨院、院長の田代です。この度こちらの方で定期的に健康に関する情報を発信させていただきます。特に患者さんの状態を見ながらタイムリーな情報を載せられたらと思います。 9月に入りようやく7月、8月の暑さから解放され始めました。皆様体調はいかがでしょうか?最近当院では疲れ…

    投稿日:2018/09/20

    胃もたれや胃の不調に

    鍼灸コンパスをご覧の皆様こんにちは。本日は弱った胃腸に効くツボをご紹介致します。 足三里(あしさんり)足三里は膝から指4本分下に下がったところで、すねのすぐ外側にあります。食べすぎ飲みすぎで胃がムカムカするときや、胃の働きが悪いときに押したり暖めてあげると効果的なツボです。ただし胃潰瘍の人…

    投稿日:2018/09/12

    胃の不調→腎臓や心臓にも影響

    ストレスや暴飲暴食 が続いたとすると、胃に負担 がかかり胃が硬くなったりして、(胃に左側に膨らんでいるので)左側の腎臓を圧迫し、下垂させます。 前回書いた通り、左の腎臓が下垂すると、左の大腰筋が収縮しそれに伴って横隔膜の左が下がってしまいます。 心臓 …

    投稿日:2018/09/06

    胃もたれの自分で治せる5分間ツボ療法!

    暴飲暴食や不規則な食事、酒の飲み過ぎ、タバコの吸い過ぎなどによる胃もたれは、不摂生をした報いです。ツボ療法で治りますが、胃をいた続ける生活スタイルは全身に悪影響をおよぼすので、大いに反省して生活を改める必要があります。足三里(あしさんり)場所:足の向こうずねの外側で、ひざ下へ指4本分下がったところ。…

    投稿日:2018/09/03

    現代人に多い胃もたれの原因

    こんにちは。9月に入っても暑い日が続きますね。8月が終わると、そろそろ夏の疲れが出る頃でもあります。 本日はストレスを抱える現代人に多い胃腸について。胃腸の不調はその原因から大きく「胃酸過多タイプ」と「胃腸虚弱タイプ」の2つに大別され症状の現れ方もそれぞれ異なります。 胃酸過多タ…

    投稿日:2018/08/31

    逆流性食道炎で夜も寝られない方へ

     逆流性食道炎とは、胃酸が食道に逆流することにより、胸やけや胃もたれ、胃の痛みなどの症状や食道に炎症が起こる病気です。胃ガンの最大のリスクとされているピロリ菌の除菌後に発症したり、症状が悪化したという話も多く聞かれます。   逆流性食道炎の患者さんの中には、就…

    投稿日:2018/08/27

    胃腸を整えて、免疫力を上げましょう。

    胃腸を整えることは、免疫力を上げることに繋がります。胃腸の調子が悪い、体が重だるい、頭痛がする、やる気がでない、睡眠の質が悪い、などありませんか?お盆が明けると、夏の疲れが出やすい時季です。紫外線、高温多湿、室内外の温度差、冷房冷え、冷たい飲食物からくる内臓冷え、など内外の温度差が大きいと自律神経が…

    投稿日:2018/08/25

    【ツボ】胃もたれ・胸やけ

    不快な胃もたれ・胸やけに効くおすすめのツボをご紹介します。 ①巨闕(きょけつ)胸骨の先端から指幅2本分下がったところです。みぞおちのすぐ下。消化器系の症状に良く活用されます。大きく息を吸って、両手の中指を重ねて巨闕を押さえながらゆっくり息を吐き出します。 ②不容(ふよう)巨闕から…

    投稿日:2018/08/23

    【更年期障害で胃のむかつきがあり胃薬が手放せない人への鍼灸】胃もたれ|宮崎市

    更年期に入り胃のむかつきや胃もたれを強く感じる。胃薬を飲むようになった。お腹のガスがたまって張った感じがある。などありませんか?  胃腸は自律神経に強く影響されやすい臓器です。 緊張感が続くとき、ストレスが多いときなど胃腸の 働きが悪くなることが多いのもこのた…

    全263件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師