鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

靱帯損傷の鍼灸・針治療法、症状・原因別の
対処方法解説

  • 足と腰のお悩み
  • 靭帯損傷

    関節を曲げたり伸ばしたり、体を動かしたりできるのは靱帯のおかげです。靱帯はけい椎、肩、ひじ関節、膝関節、足関節などにあり、骨と骨を結びつけたり、関節の運動を制限する働きがあります。「靱帯損傷」とはこの靱帯が何らかの原因により、損傷してしまった状態をいいます。

     

    【靱帯損傷の症状】

    靱帯損傷は靱帯が少し痛んだ程度のものなら一時的な痛みやはれが見られる程度ですが、靱帯が完全に切れてしまう「靱帯断裂」になると激しい痛みを伴います。

     

    膝関節にある靱帯が損傷した場合は膝がガクッとなったり(膝崩れ)、ひじ関節にある靱帯が損傷した場合はひじに引っかかりを感じたり、症状はどの部位の靱帯を損傷するかによって変わってきます。通常の靱帯損傷は単独の靱帯で起こりますが、複合損傷といって複数の靱帯が同時に損傷することもあります。

     

    【靱帯損傷の原因】

    靱帯損傷は体のどの部位(靱帯)で起こるかによって原因は異なることがありますが、共通するのは靱帯に大きな力が作用することによって、部分的または完全に切れてしまうということです。また、靱帯の伸縮を繰り返す動作を長時間・長期間行うことも靱帯損傷の原因になることがあります。例えば、膝関節にある前十字靱帯の損傷は、急な方向転換や屈伸運動、ジャンプしたときの膝への衝撃が原因で起きるケースが多くなります。

     

    【靱帯損傷の治療法】

    靱帯損傷の治療というと大きな手術をイメージするかもしれませんが、症状によって必ずしも手術が必要なわけではありません。靱帯再建手術が必要なのは靱帯が完全に断裂した場合です。

     

    軽症なら通常は2~3日ではれや痛みのピークは過ぎ、2~4週間すると痛みがひいて日常生活に復帰できます。靱帯の自然治癒が望める場合は、西洋医学よりも東洋医学のほうが回復が早まることがあります。靱帯損傷の直後に病院で診察してもらったら、鍼灸によって治療を行うといいでしょう。

     

    【靱帯損傷に期待できる鍼灸治療の効果】

    鍼灸による靱帯損傷の治療目的は靱帯損傷の回復を高めることで、靱帯損傷が完治するまでの時間を短縮することにあります。主に膝やひじなど靱帯がある部分の痛みに効くツボを刺激して治療は行われます。

     

    環跳(かんちょう)・・・

    骨盤の中にあり、股関節を曲げたときにできる足の付け根のしわの外側にあるツボ

     

    委中(いちゅう)・・・

    ひざを曲げたときにひざの裏側にできるシワの中央部分にあるツボ

     

    曲池(きょくち)・・・

    ひじを曲げたときの横じわから親指側の端にあるツボ

     

    靭帯損傷のコラム一覧

    75

    全75件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/11/14

    訪日外国人の捻挫

    長い間、鍼灸治療をしていますと、不思議なことや思わぬことに出くわすことがあります。今回、ご紹介する症例は、年間3000万人にもなる訪日外国人のお話です。和鍼治療院は、看板を見て来られる人はとても少なく、年間で一人か二人ほどです。日本人でもこの程度なのですが、この度、マレーシアから新婚旅行に訪れている…

    投稿日:2018/11/08

    捻挫をそのままにしておくと...

    今日は足首の捻挫について書いていきます。まず足首には太いスネの骨(脛骨)と細い骨(腓骨)があり、脛骨は内くるぶしに、腓骨は外くるぶしになります。その二つの骨は長さが違い外くるぶし、つまり腓骨の方が長くなっています。そのため、足首は足の裏が内側に向く内反捻挫がおおくなります。内反捻挫をすると外側の腓骨…

    投稿日:2018/10/25

    足底筋膜炎について

    こんにちわ。今日は《足底筋膜炎》についてお話していこうと思います。足底筋膜炎とは足の裏の筋肉にストレスがかかり、ピキピキというような痛みが歩行時やランニングの時などに起こる症状です。放っておくと足底筋膜の踵の付着部にストレスがかかり、踵の骨が尖って骨棘というものを形成してしまいます。そうなると痛みは…

    投稿日:2018/09/14

    足を捻ってしまったとき

    こんにちは。本日は足首の捻挫についてお話していきます。足首の捻挫は誰にも起こりえます。道端の段差や、ただの平らな道、スポーツ中など日常生活でも様々な場面で起こります。捻挫は簡単に言えば捻る事なのですが、足首を捻る事で日常生活さえままならなくなる事もあります。まず、単純に歩くことに影響がでます。足首は…

    投稿日:2018/09/10

    足関節捻挫

    夜21時までサッカーをされている患者さんが足を捻挫され来院されました。夜21:30まで受付しておりますので、夜遅くに怪我をしてしまっても当院にお任せ下さい😊いつどこで怪我するか分かりません。ですので当院は8:30〜21:30まで昼休憩なしで診察しております。いつでもご相談下さい✨.@fujimori…

    投稿日:2018/09/06

    足首を捻ってしまった時は…

    こんにちは。本日は足首の捻挫についてお話していきます。足首の捻挫は誰にも起こりえます。道端の段差や、ただの平らな道、スポーツ中など日常生活でも様々な場面で起こります。捻挫は簡単に言えば捻る事なのですが、足首を捻る事で日常生活さえままならなくなる事もあります。まず、単純に歩くことに影響がでます。足首は…

    投稿日:2018/08/12

    骨折や靭帯損傷の後療法

    最近話題のヴィッセル神戸に移籍したばかりのイニエスタ選手が初ゴールを決めました⚽️しかしそのゴールにはアシストしたポドルスキ選手の存在が大きいです。ポドルスキ選手は6月に左足内側楔状骨剥離骨折という大怪我からの復帰戦でイニエスタ選手とのコンビネーションも抜群でした✨そこで今日は内側楔状骨剥離骨折のこ…

    投稿日:2018/08/02

    捻挫をそのままにしておくと...

    こんにちは。埼玉県草加市のローズの花鍼灸整骨院です。今日は足首の捻挫について書いていきます。まず足首には太いスネの骨(脛骨)と細い骨(腓骨)があり、脛骨は内くるぶしに、腓骨は外くるぶしになります。その二つの骨は長さが違い外くるぶし、つまり腓骨の方が長くなっています。そのため、足首は足の裏が内側に向く…

    投稿日:2018/08/02

    捻挫、そのままにしていませんか

    スポーツ現場や日常生活でも起こりやすい捻挫についてお話していきます。 捻挫というのは関節が普段はかからないような力により生理的な可動範囲を超えるような動きを強制された時に発生します。関節を構成している相互の骨と骨の間にずれのないものを捻挫といい多少なりともずれが生じた場合は脱臼あるいは亜脱…

    投稿日:2018/07/05

    腸脛靭帯炎・ランナーズニーについて②

    腸脛靭帯炎・ランナーズニーについて② 今回は腸脛靭帯の「動き」か腸脛靭帯炎についてお話します。 まず膝を「曲げる」と腸脛靭帯と太腿の骨の間で摩擦がおこり、中の圧力が高まります。 そして下腿は内側にねじられます。腸脛靭帯は下腿、脛の上部に付着しているため、下腿が内側にねじ…

    全75件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師