鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

坐骨神経痛の鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • 足と腰のお悩み
  • 坐骨神経痛

    坐骨神経は下半身を動かすときに脳からの指令を送る伝令役です。腰から骨盤、おしり、太もも、ふくらはぎ、そして足先までつながっている神経の束で、体の中で最も長く、とても大切な神経です。この神経が何らかの原因により不調をきたすと痛みやしびれが生じますが、この状態を「坐骨神経痛」といいます。

     

    【坐骨神経痛の症状】

    坐骨神経痛になるとおしりや太もも、足にかけてこりや痛み、しびれなどが発生します。症状は広範囲にわたることがあり、悪化すると歩行が困難になったり、足に力が入らなくなったりすることがあります。

     

    【坐骨神経痛の原因】

    坐骨神経は長く、太い神経です。どの部分でどのよう障害されるかによって原因と診断は変わってきます。最も多いのは腰の下方にある「馬尾(ばび)」という部位が傷害されることで症状が出るケースです。

     

    坐骨神経痛の原因にはギックリ腰や椎間板ヘルニアなどによる圧迫や炎症が考えられます。また、内臓疾患や老化、肥満、冷えによる血行不良などが原因となるケースもあります。また、若い年齢では椎間板ヘルニアが原因となることが多く、中高年になると脊椎の変性、腰部脊柱管狭窄(脊柱管という神経を囲んでいる管が狭まること)、腫瘍によるものが多くなります。

     

    【坐骨神経痛の治療法】

    坐骨神経痛に効果的なツボは「殷門(いんもん)」「委中(いちゅう)」「承扶(しょうふ)」「陽陵泉(ようりょうせん)」「解渓(かいけい)」などです。

     

    殷門・・・

    太ももの後面の中央部分にあるツボ

     

    委中・・・

    ひざを曲げたときにひざの裏側にできるシワの中央部分にあるツボ

     

    承扶・・・

    おしりと太ももの境のちょうど中央部分にあるツボ

     

    陽陵泉・・・

    ひざの外側の骨の出っぱり部分、親指の幅1本分くらい下にあるくぼみにあるツボ

     

    解渓・・・

    足首の前面中央あたりにあるツボ

     

    【坐骨神経痛に期待できる鍼灸治療の効果】

    坐骨神経痛は冷えにより症状が悪化するので、鍼灸で坐骨神経痛を治療するときは、患者をうつぶせに寝かせ、腰の保温に気をつけながら指圧します。殷門、委中、承扶は体の冷え改善に効果的なツボです。また、3つのツボは「ぼうこう経」という経路でつながっており、ツボを刺激することで首や背中、腰、足に働きかけ、足の痛みだけでなく首のこりや背中のはり、腰痛の緩和になります。

     

    筋肉疲労の回復には陽陵泉と解渓が効果的です。陽陵泉には足の疲れを取るだけでなく消化機能をアップさせる効果があり、解渓は足首から先のだるさやしびれ、痛み、こわばりなどを和らげてくれます。

     

    坐骨神経痛のコラム一覧

    406

    全406件中 331件~340件を表示

    投稿日:2017/05/11

    臀部に痛みがある坐骨神経痛は鍼と深層筋療法で驚きの緩和

    新宿区から来院されたT様。殿部の奥の方に痛みがあるという主訴。神経痛もあり、範囲も広がってきたため耐え切れず来院。検査の結果、梨状筋症候群と判断し、梨状筋を中心に臀部やハムストリングス、大腿筋膜張筋などを施術し、ストレッチを加えた。痛みや動きが楽になり、神経痛も緩和された。今後は週に一度の来院と自宅…

    投稿日:2017/04/20

    慢性な坐骨神経痛は鍼と深層筋療法で即効で痛みを取り除く

    世田谷区から来院されましたM.T様。慢性的な頚肩こりと、十数年前から続く左足の坐骨神経痛に悩まされ来院されました。PC仕事で常に座りっぱなしで仕事をしている為、日常的に痛みがあり、ひどい時は頭痛や手の痺れ、坐骨神経痛が増悪するとのこと。後頭~両肩上、腰部~左下腿まで深層筋療法にて刺激。施術後、頚の硬…

    投稿日:2017/04/20

    坐骨神経痛深層筋療法で完治、再発防止を目指します。

    杉並区にお住まいのI様4ヶ月前に腰痛と坐骨神経痛が起き、腰痛はなくなったが坐骨神経痛は取れずに今に至る。病院で椎間板ヘルニアと診断されたとの事でこちらでも理学検査を行いやはり同じ結果になったので椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の治療を行いました。 患部の周りの筋肉を表層から徐々に深層筋まで達…

    投稿日:2017/04/18

    その症状・・・坐骨神経痛かも!!

    札幌市のゆず鍼灸治療院・袴谷です。季節の変わり目、体調崩されていませんか??1日の中での寒暖差、日によっての寒暖差が大きいこの時期は体調を崩してしまう方が多いです。くれぐれもご注意くださいね!本日のテーマは【坐骨神経痛】です。そもそも坐骨神経痛ってどんなものなのでしょうか?その前に「坐骨神経」とは、…

    投稿日:2017/04/17

    スネから足の甲が痺れたら

    スネから足の甲が痺れたら 痺れの原因はいろいろありますが、その中で、絞絞性神経障害というものがあります。 簡単に言うと、とある神経が、その通り道上で締め付けられて、その神経の支配する領域に痺れが出てしまう・・・ということです。 今回は、膝下の外側(スネ)から足の甲や足指…

    投稿日:2017/04/16

    坐骨神経痛

    ポカポカ陽気の4月になりました‼️ そんなか坐骨神経痛でお困りの方はいらっしゃいませんか❓ そういった方のほとんどが薬の服用や湿布などを貼ったりしていて改善していないなんてことはございませんか❓❓ 実は『坐骨神経痛の薬物療法について質の高い科学的根拠(エビデンス)がない…

    投稿日:2017/04/12

    梨状筋症候群の改善方法

    前回コラム「お尻の痛みは梨状筋症候群かもしれませんよ!」の続きです。梨状筋症候群は梨状筋が緊張することで症状が出てきますので、治療の目的は梨状筋の緊張を緩めることです。緩める方法は2つあります。梨状筋を直接的に刺激する方法と間接的にストレッチする方法があります。お尻のかなり深部にある筋肉ですし、小さ…

    投稿日:2017/04/12

    お尻の痛みは梨状筋症候群かもしれませんよ!

    梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)をお聞きしたことはありますか?お尻の深部にある筋肉に、梨状筋(りじょうきん)という小さい筋肉があります。そして、この梨状筋の間から坐骨神経が通過しています。症状としては、臀部の痛みコリ・ひどいときには坐骨神経に沿って太ももにまで痛みやコリが出ます。特に長時間…

    投稿日:2017/04/03

    梨状筋症候群の治療

    坐骨神経痛は、坐骨神経が支配している領域の痛みの総称です。 以前にも書きましたが、坐骨神経の分布は おしり→太ももの外側↓太ももの裏→ふくらはぎ→足の裏↓すね→足の甲 となっています。原因は様々ですが、その中で…

    投稿日:2017/03/30

    坐骨神経痛は鍼と深層筋療法で1回で効果を体感

    杉並区から来院されましたH.M様3年前より左下肢に坐骨神経痛が出現。しばらくして右下肢にも同様の症状が出現。現在は、両殿部から大腿後面、足関節ぐらいまで突っ張るようなビリビリする痛みがある。施術後、痺れと疼痛が緩和するも、まだ症状残存。ストレッチやリハビリメニューを提案し、次回も来院するように指導し…

    全406件中 331件~340件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師