鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

鍼灸解説コラム:ギックリ腰の鍼灸治療の効果と、正しい過ごし方

  • 足と腰のお悩み
  • ギックリ腰

    ギックリ腰は重いものを持ち上げたり、運動をしたり、くしゃみをした瞬間などに突然起こる腰痛です。その激しい痛みから欧米では「魔女の一撃」と呼ばれています。

     

    【ギックリ腰の症状】

    ギックリ腰は正確には「急性腰痛症」といいます。ギックリ腰の痛みの程度は人それぞれですが、共通点は動作に伴い痛み発生することです。痛みが強い人は身動きすることもできません。一度、ギックリ腰になるとクセになりやすいという特徴もあります。ギックリ腰を繰り返すと、足腰に鈍く不快な痛みが続くようになります。

     

    【ギックリ腰の原因】

    何の前触れもなく起こるように考えられがちなギックリ腰ですが、腰に負担をかけていたり、疲れやストレスをため込んでいたりとふだんの生活に原因はあります。そこに瞬間的な過負荷が腰に加わることで、筋肉や関節が炎症してギックリ腰は起こります。

     

    ギックリ腰は30~50代や60歳以上の高齢者に多い症状ですが、10~20代の若い年齢にも多く起こっています。若い世代のギックリ腰は外からの強い圧力が原因となることが多く、30~50代は筋肉疲労からくるギックリ腰が中心です。60代以上は筋肉や骨の老化が原因になることが多いです。

     

    【ギックリ腰の治療法】

    ギックリ腰に有効なツボは「水泉(すいせん)」「関元(かんげん)」「大腸兪(だいちょうゆ)」「腰陽関(こしようかん)」などです。

     

    水泉・・・

    足の内側、くるぶしの出っぱりから人さし指の幅2本分斜め後ろ下で、アキレス腱との間のくぼみにあるツボ

     

    関元・・・

    下腹部、おへその下から中心線に沿って4~5cmのところにあるツボ

     

     

    大腸兪・・・

    背中側、腰の左右にある大きな腸骨の両側で、体の中心線から親指の幅1本分半の外側にあるツボ

     

    腰陽関・・・

    ベルトの高さの少し下、腰の左右にある大きな腸骨の最上部と脊柱が交わる点にあるツボ

     

    ギックリ腰の発症後1~2時間は安静にし、患部に熱を持っている場合は冷やすのも有効です。ただし、この段階ではツボ療法は行わないでください。時間が経過して回復期になったら保温を行い、マッサージをします。マッサージするときは腰部分のツボは強くもんだりしないように注意します。

     

    【ギックリ腰に期待できる鍼灸治療の効果】

    鍼灸でギックリ腰を治療するときは、水泉などまずは腰に遠いツボから刺激していきます。水泉は触れるだけで強い痛みが生じることがありますが、少し強めの刺激が効果的です。ギックリ腰の予防のためには血行を改善することに効果がありますが、その際に押されるツボは関元です。大腸兪と腰陽関は腰のこりをほぐすときに効果的なツボです。

    ギックリ腰のコラム一覧

    92

    全92件中 1件~10件を表示

    投稿日:2017/03/30

    腰の痛みは長いお付き合いに・・・。

    引っ越しシーズンも落ち着く頃と同時に疲労が抜けにくい時期かと思います。このような時期、ぎっくり腰や、腰痛の再発が多くみられます。腰の痛みは、「腰」だけではなく、お尻・足・背中など様々な場所へ繋がる筋肉・関節が関係しています。一度、痛めてしまうと改善までに数ヶ月の時間が必要になります。 また…

    投稿日:2017/03/28

    サッカーによるぎっくり腰は鍼と深層筋療法で即日緩和

    東京都品川区の42歳K.K様二日前にサッカーをしていた際にギックリ腰を発症し痛み止めと湿布を張り、自宅で安静にしていたが痛みが引かない為往診を依頼されました。次の日から一週間程九州へ出張する予定で絶対に外せないとのこと。 ベッドから起き上がれず、トイレに這って行くほどでした。横向きになって…

    投稿日:2017/03/22

    ギックリは、腰だけでは無いのです!

    コスモ治療院では、毎日ギックリ腰で、多くの方が、ご来院されております。まだまだ、ギックリ腰のシーズン!ギックリ腰は、11月から3月が多い時期です(´・ω・`)3月は、引っ越しシーズンでもあるから重い物を持ちますよね!ギックリ腰の原因は不明とされておりますが、椎間板ヘルニアを持…

    投稿日:2017/03/21

    ぎっくり腰は鍼と深層筋療法で15分で歩いて帰れます

    杉並区から来院されたU様。ぎっくり腰になり我慢をしてたら脚への痺れが出るようになる。歩行もまともに出来ず車椅子で来院されました。うつ伏せになれないため横向きで腰部から脚にかけて緊張が強い部分を刺激しました。多少痛みを我慢してもらい治療後には一人で歩けるまでになりました。引き続き治療が必要と伝えしばら…

    投稿日:2017/03/20

    ぎっくり腰は脳を治せ!?~映像を見ただけで治るつらい腰痛~

    とっても多くの方がお悩みでお馴染みの「ぎっくり腰」は、季節の変わり目やこの3月の時期に非常に多いです。 そんなぎっくり腰ですが、実はその多くが「脳」に原因があるんです。なんかたった一言で一気にオカルトっぽい雰囲気が出ましたね。笑 しかしこれは科学的なお話し。 腰痛大国(…

    投稿日:2017/03/20

    なぜか増えるこの時期のギックリ腰

    皆さんは「ギックリ腰」って冬に多く起こると思っちゃいやせんか?普通に考えて寒い時期の方が筋肉が固まる、縮まる。血の巡りも悪くなるので油断した瞬間に「ギクッ」というのは想像に難くないと思いますしかし、自分の臨床経験からするとギックリ腰は季節の変わり目に多いです。つまり春・秋ですそれはなぜか、個人的な意…

    投稿日:2017/03/18

    ギックリ腰の鍼治療

    ぎっくり腰に対する鍼灸治療についてご説明致します。鍼灸治療は、鍼(はり)と灸を行い自然治癒力を高め早期回復をうながす治療です。当院では、急性で痛みのひどいぎっくり腰には鎮痛作用のある鍼を行います。みなさん鍼と聞くと注射針や裁縫の針をイメージされるので「痛そう」「怖い」とおっしゃられる方が多くおれれま…

    投稿日:2017/03/16

    ギックリ腰のテーピング

    ぎっくり腰に対するテーピングについてご説明いたします。。前回ぎっくり腰の固定のコラムをきましたが、コルセットは筋力が弱くなったり、ごわついたり、熱かったり、はめるのが面倒だったり、いろんな理由ではめるのを遠慮される患者様が多くいらしゃいます。そこでコルセットの代わりに当院では、テーピング固定をお勧め…

    投稿日:2017/03/15

    ギックリ腰とコルセット

    ギックリ腰の固定のご説明を致します。腰の固定といえば、コルセットがあります。コルセットをすると筋力が弱るのでしないと言われる方が多いのですが、ぎっくり腰になってきつい痛みがある場合は、一時的に使った方が治りが早い場合が多くあります。本来は、少しずつコルセットを外しながら徐々に腹筋や背筋をして自前のコ…

    投稿日:2017/03/14

    よくあるぎっくり腰(PART2)

    みなさんこんにちは、はり・きゅう・マッサージ治療院THEDiMEの小井手智啓です。 今回のコラムは「ぎっくり腰(PART2)」。PART1では、主に「大腰筋」が原因で起こる腰痛をお伝えしましたが、今回のPART2は、起立筋群による腰痛をお伝えいたします。まず、起立筋群とはどこにある筋肉を指…

    全92件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師