鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

鍼灸解説コラム:ギックリ腰の鍼灸治療の効果と、正しい過ごし方

  • 足と腰のお悩み
  • ギックリ腰

    ギックリ腰は重いものを持ち上げたり、運動をしたり、くしゃみをした瞬間などに突然起こる腰痛です。その激しい痛みから欧米では「魔女の一撃」と呼ばれています。

     

    【ギックリ腰の症状】

    ギックリ腰は正確には「急性腰痛症」といいます。ギックリ腰の痛みの程度は人それぞれですが、共通点は動作に伴い痛み発生することです。痛みが強い人は身動きすることもできません。一度、ギックリ腰になるとクセになりやすいという特徴もあります。ギックリ腰を繰り返すと、足腰に鈍く不快な痛みが続くようになります。

     

    【ギックリ腰の原因】

    何の前触れもなく起こるように考えられがちなギックリ腰ですが、腰に負担をかけていたり、疲れやストレスをため込んでいたりとふだんの生活に原因はあります。そこに瞬間的な過負荷が腰に加わることで、筋肉や関節が炎症してギックリ腰は起こります。

     

    ギックリ腰は30~50代や60歳以上の高齢者に多い症状ですが、10~20代の若い年齢にも多く起こっています。若い世代のギックリ腰は外からの強い圧力が原因となることが多く、30~50代は筋肉疲労からくるギックリ腰が中心です。60代以上は筋肉や骨の老化が原因になることが多いです。

     

    【ギックリ腰の治療法】

    ギックリ腰に有効なツボは「水泉(すいせん)」「関元(かんげん)」「大腸兪(だいちょうゆ)」「腰陽関(こしようかん)」などです。

     

    水泉・・・

    足の内側、くるぶしの出っぱりから人さし指の幅2本分斜め後ろ下で、アキレス腱との間のくぼみにあるツボ

     

    関元・・・

    下腹部、おへその下から中心線に沿って4~5cmのところにあるツボ

     

     

    大腸兪・・・

    背中側、腰の左右にある大きな腸骨の両側で、体の中心線から親指の幅1本分半の外側にあるツボ

     

    腰陽関・・・

    ベルトの高さの少し下、腰の左右にある大きな腸骨の最上部と脊柱が交わる点にあるツボ

     

    ギックリ腰の発症後1~2時間は安静にし、患部に熱を持っている場合は冷やすのも有効です。ただし、この段階ではツボ療法は行わないでください。時間が経過して回復期になったら保温を行い、マッサージをします。マッサージするときは腰部分のツボは強くもんだりしないように注意します。

     

    【ギックリ腰に期待できる鍼灸治療の効果】

    鍼灸でギックリ腰を治療するときは、水泉などまずは腰に遠いツボから刺激していきます。水泉は触れるだけで強い痛みが生じることがありますが、少し強めの刺激が効果的です。ギックリ腰の予防のためには血行を改善することに効果がありますが、その際に押されるツボは関元です。大腸兪と腰陽関は腰のこりをほぐすときに効果的なツボです。

    ギックリ腰のコラム一覧

    148

    全148件中 1件~10件を表示

    投稿日:2017/08/17

    疲労によるぎっくり腰

    んにちは😃ぐっさんです。今日はギックリ腰の症例を書きたいと思います。患者の年齢は40代男性です。3日前に軽い荷物をもって腰部の痛みがでたそうです。なったところを詳しく問診してみると、エアコンの入っている部屋で症状がでたのことでした。ここで考えられることは、傷寒病(一般的には急性症)によるものと、血痺…

    投稿日:2017/08/12

    いきなりのギックリ腰!とりあえずどうするか?

    このコラムでも何度か紹介している腰痛やギックリ腰ギックリ腰はいきなり起こるように思いますが、ほとんどの場合いつギックリ腰になってもおかしくない身体の状態であります。腰を中心として下腿(特に裏側)のストレッチ、適度な運動など予防策沢山あります。しかし、忙しいときや調子が良い(と思っている)ときはストレ…

    投稿日:2017/08/10

    ぎっくり腰とは

    病名ではなく、急性腰痛の呼び名です。 急性腰痛もすべてを総称した呼び方です。 急性腰痛の中には原因によって 椎間板性腰痛、椎間関節性腰痛、仙腸関節性腰痛、筋筋膜性腰痛などに分けられます。 それぞれ原因部位も違うためしっかり問診、検査にて症状を見極めていきましょ…

    投稿日:2017/08/03

    ぎっくり腰になってしまったら、

    ぎっくり腰は、ドイツ語で「魔女の一撃」という恐ろしい呼び名がついているくらい、痛みの強い腰痛です。 急性腰痛にも原因はございます。しっかり原因を追究し、再発を予防もしていきましょう。 まずは検査でどこから強い痛みが起きているのか診ていきましょう! 原因部位の特定ができな…

    投稿日:2017/07/28

    ぎっくり腰に効きます!!

    あまりレインボー療法という言葉は聞いたことがないのではないかと思います。レインボー療法とは、小野田順亮先生によって生み出された治療法です。 ホースの中に汚れが詰まると、水の流れがせき止められるのと同じで、人間の身体も「巡」が悪くなることで、痛みやこわばりといった不調が起こりやすくなると考え…

    投稿日:2017/07/22

    ぎっくり腰でお困りの方!

    ぎっくり腰になってしまったら、当院へお越しください! 21時まで営業しておりますので、お仕事されている方にも通いやすくしております。 ぎっくり腰にも痛みの原因部位がいくつかあり、その鑑別をしっかり行わないと治療選択ができません。 動けない場合は問診や動作を診て、見立てを…

    投稿日:2017/07/21

    自分で出来るぎっくり腰の応急処置

    急性腰痛タイプのぎっくり腰は初期の痛みの強い時の応急処置は「安静」が基本とされています。ご自分で何かケアをするとすれば、ぎっくり腰になってから3日くらいまでは、腰を冷やすアイシングを行ないます。 アイシングの仕方は、2重にしたビニール袋に氷と水を少し入れて腰の痛む箇所を直接、最低20分冷や…

    投稿日:2017/07/20

    ぎっくり腰が原因で腰痛が慢性化してる方鍼と深層筋療法で完治、再発防止

    杉並区から来院されたO様5年前にぎっくり腰になり、腰痛が慢性化。その影響で左側の広背筋に短縮がみられ、左肩屈曲の際に脇の筋肉に痛みが出現し、来院される。お仕事は調理関係で、腰椎経度屈曲、両方の肩甲骨が外旋、挙上した状態で作業していることが多い。施術後、脇の筋肉の違和感は残るが、腰椎の可動域、痛みはほ…

    投稿日:2017/07/19

    突然の腰の激痛に…!

    欧米では「魔女の一撃」とも言われるギックリ腰…! 日常生活の中の何気ない動作で起こることがほとんどです。なんの前触れももなく起こったように思えますが、実は!普段から腰にかかる負担・ストレス・冷えなどが慢性的に蓄積された結果、ちょっとした力が加わった時に筋肉や関節に炎症が起きた…

    投稿日:2017/07/18

    運動鍼とカエル泳ぎで深い腰痛を治す

    ぎっくり腰や腰痛の方に特に効果的な治療法があります。腰の奥深くが気になる、違和感があるという方が多くいらっしゃいます。そういった方たちには運動鍼を行い身体の硬直を取っていきます。筋硬直が起こっている場所に鍼を切皮程度に行い、手で支えます。その後患者さんにカエル泳ぎのように足を動かしてもらいます。こう…

    全148件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師