鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

鍼灸解説コラム:ギックリ腰の鍼灸治療の効果と、正しい過ごし方

  • 足と腰のお悩み
  • ギックリ腰

    ギックリ腰は重いものを持ち上げたり、運動をしたり、くしゃみをした瞬間などに突然起こる腰痛です。その激しい痛みから欧米では「魔女の一撃」と呼ばれています。

     

    【ギックリ腰の症状】

    ギックリ腰は正確には「急性腰痛症」といいます。ギックリ腰の痛みの程度は人それぞれですが、共通点は動作に伴い痛み発生することです。痛みが強い人は身動きすることもできません。一度、ギックリ腰になるとクセになりやすいという特徴もあります。ギックリ腰を繰り返すと、足腰に鈍く不快な痛みが続くようになります。

     

    【ギックリ腰の原因】

    何の前触れもなく起こるように考えられがちなギックリ腰ですが、腰に負担をかけていたり、疲れやストレスをため込んでいたりとふだんの生活に原因はあります。そこに瞬間的な過負荷が腰に加わることで、筋肉や関節が炎症してギックリ腰は起こります。

     

    ギックリ腰は30~50代や60歳以上の高齢者に多い症状ですが、10~20代の若い年齢にも多く起こっています。若い世代のギックリ腰は外からの強い圧力が原因となることが多く、30~50代は筋肉疲労からくるギックリ腰が中心です。60代以上は筋肉や骨の老化が原因になることが多いです。

     

    【ギックリ腰の治療法】

    ギックリ腰に有効なツボは「水泉(すいせん)」「関元(かんげん)」「大腸兪(だいちょうゆ)」「腰陽関(こしようかん)」などです。

     

    水泉・・・

    足の内側、くるぶしの出っぱりから人さし指の幅2本分斜め後ろ下で、アキレス腱との間のくぼみにあるツボ

     

    関元・・・

    下腹部、おへその下から中心線に沿って4~5cmのところにあるツボ

     

     

    大腸兪・・・

    背中側、腰の左右にある大きな腸骨の両側で、体の中心線から親指の幅1本分半の外側にあるツボ

     

    腰陽関・・・

    ベルトの高さの少し下、腰の左右にある大きな腸骨の最上部と脊柱が交わる点にあるツボ

     

    ギックリ腰の発症後1~2時間は安静にし、患部に熱を持っている場合は冷やすのも有効です。ただし、この段階ではツボ療法は行わないでください。時間が経過して回復期になったら保温を行い、マッサージをします。マッサージするときは腰部分のツボは強くもんだりしないように注意します。

     

    【ギックリ腰に期待できる鍼灸治療の効果】

    鍼灸でギックリ腰を治療するときは、水泉などまずは腰に遠いツボから刺激していきます。水泉は触れるだけで強い痛みが生じることがありますが、少し強めの刺激が効果的です。ギックリ腰の予防のためには血行を改善することに効果がありますが、その際に押されるツボは関元です。大腸兪と腰陽関は腰のこりをほぐすときに効果的なツボです。

    ギックリ腰のコラム一覧

    213

    全213件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/01/17

    定期的にギックリ腰になる理由

    毎年同じ時期に腰を痛めてしまったり定期的に腰に激痛が走ったりする方は、普段の生活の中での身体の動かし方が同じで使いやすいところばかり使い、負担が分散されずに後ろ重心になっている方が非常に多いです。リスクの少ない腹筋運動を強い負荷で一時的に行うことで力の入るバランスが変わり腰痛が治まる方もいます。特に…

    投稿日:2018/01/17

    ぎっくり腰の予防法

    ぎっくり腰にあなたや家族など身近な人がなったことはありますか?まだぎっくり腰に無縁な方も知っておいて損はありません。 まずぎっくり腰ってなに?「ぎっくり腰とは急に起こる原因不明の腰痛」のことです。原因不明と書きましたが痛めている原因は筋肉・骨・椎間板・神経などのトラブルが考えられますが画像…

    投稿日:2018/01/16

    ◆ぎっくり腰とは?

    こんにちは、平井鍼灸院石渡です。本日は、今回はこの時期多いぎっくり腰に関してお話いたします。  まずは簡単にぎっくり腰について。正式名称は【急性腰痛症】と言われ、突然腰部に疼痛が走り、筋肉の損傷や筋膜性炎症などの症状を総称しています。原因は多彩で、急性の筋・筋膜性腰痛(筋性腰痛症…

    投稿日:2018/01/16

    寒い時ほど、急な動きにご注意を!!

    寒い時ほど、血流が悪くなり筋肉が硬くなっています。ちょっとした動作でも慎重にしないとギックリ腰になりやすくなります。体を温め、ストレッチを毎日ゆっくりして体全体を柔らかくしましょう!ぎっくり腰になった時は、しっかりアイシングしてください。ぎっくり腰も安静にしていたら治るという方もいますが、しっかり治…

    投稿日:2018/01/15

    2月はぎっくり腰の多い月

    From:枚方市の治療院/鍼灸整体院やわら ぎっくり腰の多い時期をご存知ですか?ぎっくり腰が多いのは2月と9月。2月は冬の疲れ。9月は夏の疲れがが原因。 ぎっくり腰を治すには鍼灸がオススメ。急性期の痛みは、背骨の腰の部分に鍼おこなうだけで1~2回でおおむね良くなりますよ。&nbs…

    投稿日:2018/01/13

    ぎっくり腰・腰痛の出張鍼灸治療

    当院は、ぎっくり腰や腰痛の鍼治療を得意としております。 特に、出張専門でやっているので、ぎっくり腰で動けないという方を今までも何人も診て来ました。治療ポイントとしてはやはり圧痛とその深さになります。どれだけ正確にそして的確な深さを探り当てられるかがカギになります。 そこさへ分かれ…

    投稿日:2017/12/30

    腰を撫で擦る

    冬将軍がやって来ると寝違い(頸椎捻挫)やぎっくり腰(急性腰痛)になる人が増えます。  年末年始は休診になりますので、予防策について。  ○寝違い洗髪後に濡れた髪で首を冷さない。スマホやパソコンの操作をしたらこまめにストレッチ。外気に触れるときは、首まわりはださ…

    投稿日:2017/12/30

    長時間の無理な姿勢がぎっくり腰の原因に

    大掃除や、長距離運転、高さの合わないキッチンでの料理など何かと腰に負担がかかる季節です その疲労をごまかしごまかし新年を迎えると蓄積していた疲労が一気に爆発し些細な動作で身体を痛めるなんてことになってしまうかもしれません 使ったら使った分だけ身体をケアしてあげること普段から身体を…

    投稿日:2017/12/29

    ぎっくり腰が多い季節!年末年始のお知らせ

    こんにちは! 今年も残り僅か!!1年の疲れを癒しに来られる方が増えています♪  寒い季節は、ぎっくり腰にも注意です!ぎっくり腰だけでなく、ぎっくり首やぎっくり背中も多いです。  布団から起き上がろうとして・・・顔を洗おうとして・・・靴を履こうとして・…

    投稿日:2017/12/28

    年末年始の当院の日程(ギックリ腰等の方必見)

    こんにちは森野鍼灸院です。年末年始は31日~4日までお休みを頂きます。 しかしながら、今年は子供が9月に生まれまだ3か月ぐらいで田舎に帰ったりする事が出来ずにずっとこっちにいますので、 急患の方(ぎっくり腰、寝違え、捻挫等)に限り往診させて頂きます。年末年始は寒い中で皆様忙しく動…

    全213件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師