鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

四十肩・五十肩の鍼灸・針治療法、症状・
原因別の対処方法解説

  • 首・肩・腕のお悩み
  • 四十肩・五十肩

    四十肩・五十肩とは肩関節周辺に発生する炎症のことで、医学的には「肩関節周囲炎」といいます。40~50代に多く発症することから「四十肩」または「五十肩」と呼ばれるようになりました。髪が洗い辛くなったり、服の着脱が困難になるなど日常生活にも影響を与える厄介な症状で、突然発症する場合と、徐々に進行するふたつのパターンがあります。

    今まで特に異常が見られなかったのに、急に腕が上がらなくなったり、肩が後ろに回らなくなったら、四十肩・五十肩を疑いましょう。なお、「結帯結髪(けったいけっぱつ)」といって、髪を結ぶ動作、および帯を腰のあたりで結ぶ動作をしてみて、それができるかできないかで症状を確認する方法があります。

     

    【四十肩・五十肩の症状】

    四十肩・五十肩の主な症状としては、肩が重い・腕が上がらない・腕を動かすと痛い・腕が後ろに回らない・首が回らないなどがあります。重症の場合は肩の筋肉が硬くこわばったり、少し押すだけで痛みを感じることがあります。肩こりや筋肉痛の症状と似ていますが、まったく異なる症状です。

     

    【四十肩・五十肩の原因】

    四十肩・五十肩は加齢によって筋肉や靭帯(骨と骨の間または関節周辺にある結合組織)が硬くなって起こる血行不良や、肩関節の周辺の炎症が原因と考えられています。加齢のほかには運動不足、冷えも関係しているといわれますが、具体的な原因は不明です。実際の患者さんのなかで、慢性的に肩こりのひどい方が、ノースリーブで長い時間、自転車に乗っていたところ、肩が冷え、家に着いたら腕があがらなくなっていたといったことも。これも四十肩・五十肩の症状と言えるでしょう。

     

    【四十肩・五十肩の治療法】

    四十肩・五十肩に期待できるツボは「肩井(けんせい)」「肩髃(けんぐう)」「天宗(てんそう)」などがあります。このあたりを指圧してみてください。

     

    肩井・・・

    首の根元から肩先の中間にあるツボ

     

    肩髃・・・

    肩を外側に伸ばすとできるふたつのくぼみのうち、前方にあるツボ

     

    天宗・・・

    肩甲骨のほぼ中央にあるツボ

     

    ほとんどの四十肩・五十肩は、時間の経過とともにある程度症状が軽減していくことが多いです。半年から1年程度で完治する人が多いようですが、場合によっては症状が長期にわたることもあります。症状の改善、または予防するためにもツボを刺激し、血行を改善することが重要です。

     

    【四十肩・五十肩に期待できる鍼灸治療の効果】

    東洋医学では、原則的に「熱がこもっている時は冷やし」、「冷えているところは温める」ことが大切と考えられています。そして、四十肩・五十肩は、発症した直後の「急性期」と、発症してから数日経過以降の「慢性期」に分かれ、そのどちらかによって温めるか、冷やすかが分かれます。これを間違えてしまうと、逆に悪化しますので、注意してください。

     

    ▼急性期(痛みが起こった直後):炎症が起きているので、熱感があり、腫れることもあります。

    →この時は、湿布や冷たいタオルなどで冷やしましょう。痛みがある時には、無理に動かさないほうがよいです。

     

    ▼慢性期(2〜3日経過している場合): 熱感がなく、痛みだけが残っています。

    →この時は温めましょう。幹部がすでに冷えているので、さら冷やすと悪化します。四十肩・五十肩は別名「凍結肩」といわれるように、発症直後の炎症がおさまると、患部が冷えるのが特徴です。マッサージをするときは、まずは肩周辺をホットタオルで温めたり、お風呂に浸かって温めましょう。筋肉がほぐれたら肩井や肩髃などをゆっくりと刺激します。痛みがある場合でも、少しずつ肩関節を動かすようにしましょう。

    重症の場合は鍼や灸を用いた治療が効果的です。マッサージでは届かない深いツボを刺激できるので、より効果的に血流改善を行えます。四十肩・五十肩にお悩みの人は鍼灸院へご相談ください。

     

    四十肩・五十肩のコラム一覧

    231

    全231件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/02/25

    つらい五十肩どうすればいいの

    五十肩は、簡単に説明すると腕が挙がらない状態です。前から上に腕を挙げる動作、横から上に上挙げる動作、後ろに腕を持っていく動作が出来なくなります。痛みがかなりあります。服を着るときに、痛いのが特徴です。痛みは、長引く方で半年〜一年続きます。原因は、患者さんにリサーチして研究しましたが、いまいちはっきり…

    投稿日:2018/02/24

    四十肩・五十肩の鍼灸治療

    四十肩・五十肩を治療する際によく使用するツボを紹介したいと思います。私自身も右肩が四十肩になり、かなり厄介な思いをしました。    肩髎(けんりょう)膏肓(こうこう)天宗(てんそう)臑会(じゅえ)肩髃(けんぐう)雲門(うんもん)臂臑(ひじゅ)治療ポイントとなる…

    投稿日:2018/02/22

    ゴール!

    こんにちは!いつもありがとうございます♪早速ですが当院で初診のさいに必ず行う事がありますあたり前なんですが・・どんな症状でもあっても必ずゴールを決めますゴールを決めておかないと患者さんがいつまで通えばいいのか完治までの料金はどのくらいなのか・・不安ですよね、やはり不安や不信感があると治療はうまくいか…

    投稿日:2018/02/22

    痛みの種類について②

    当院では痛みの種類を大きく3つに分類しています。①機械受容性疼痛②侵害受容性疼痛③心因性疼痛 今回は②の痛みについて解説します。侵害受容性疼痛とは身体の組織が何らかのきっかけで損傷し、炎症反応が生じている状態です。身体の中に炎症反応が生じているため、何もしていなくても(動作をしなくても)ズ…

    投稿日:2018/02/20

    四十肩・五十肩とは

    俗に四十肩・五十肩と言われる疾患は《肩関節周囲炎》と言います。肩関節周囲炎の中にも、石灰沈着性滑液包炎・二頭筋炎・腱板炎など様々な病名があるので、通称肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)と言われています。病名も違えば当然治療の方法・アプローチの仕方が異なってきます。しかし、共通して言えることは《姿勢の悪さ…

    投稿日:2018/02/20

    痛みの種類について①

    当院では痛みの種類を大きく3つに分類しています。①機械受容性疼痛②侵害受容性疼痛③心因性疼痛  今回は①の痛みについて解説します。この痛みは筋肉や靭帯など軟部組織(身体の中の柔らかい組織)が悪くなって生じています。身体を動かした時に痛み(例えば手を挙げた時に肩が痛むetc&hel…

    投稿日:2018/02/19

    その上がらない肩の原因とは?

    こんにちは。   札幌で訪問・出張専門のにしかわ鍼灸治療院院長西川です!  特に冬の期間に、肩が上がらなくなる方がいます。  肩が上がらない原因は様々ありますね。  病院に行けば、腱板断裂や炎症、または姿勢から…

    投稿日:2018/02/18

    肩の挙がりについて

    当院には肩コリを含めた肩の動きや痛みでお悩みの方が多く来院されます。とくに多いのが「痛みで腕を上に挙げにくい」という症状です。  この肩の動きには肩関節が関わってきます。いわゆるこの肩関節は解剖学的には「肩甲上腕関節」という名称で呼ばれます。しかしこの肩甲上腕関節以外に肩を上に挙…

    投稿日:2018/02/17

    五十肩・・・夜間痛!

    おはようございます♪暖かい日が増えてきましたね(^^♪過ごしやすくていい感じ♪五十肩の症状の1つで夜間痛がありますこれは夜中にズキズキと痛んで眠れない、朝方に痛みで目が覚める症状がきつい方は寝返りがうてないなどなどです・・・この症状を治療していくにあたって色々な事をやりましたが中々、改善に向かわない…

    投稿日:2018/02/15

    長引く四十肩、五十肩の治し方

    なかなか治らない「四十肩・五十肩」の原因は「重い荷物」から整体治療で関節や骨格を整えて、鍼灸治療で痛みを取り除きましょう。五十肩経験者「院長の五十肩(四十肩)日記はコチラ」四十肩・五十肩サポート治療院宝塚ハリニックよこい鍼灸整体治療院の院長横井です。なぜ、「重い荷物」は「四十肩・五十肩」で痛んでる関…

    全231件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師