鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

四十肩・五十肩の鍼灸・針治療法、症状・
原因別の対処方法解説

  • 首・肩・腕のお悩み
  • 四十肩・五十肩

    四十肩・五十肩とは肩関節周辺に発生する炎症のことで、医学的には「肩関節周囲炎」といいます。40~50代に多く発症することから「四十肩」または「五十肩」と呼ばれるようになりました。髪が洗い辛くなったり、服の着脱が困難になるなど日常生活にも影響を与える厄介な症状で、突然発症する場合と、徐々に進行するふたつのパターンがあります。

    今まで特に異常が見られなかったのに、急に腕が上がらなくなったり、肩が後ろに回らなくなったら、四十肩・五十肩を疑いましょう。なお、「結帯結髪(けったいけっぱつ)」といって、髪を結ぶ動作、および帯を腰のあたりで結ぶ動作をしてみて、それができるかできないかで症状を確認する方法があります。

     

    【四十肩・五十肩の症状】

    四十肩・五十肩の主な症状としては、肩が重い・腕が上がらない・腕を動かすと痛い・腕が後ろに回らない・首が回らないなどがあります。重症の場合は肩の筋肉が硬くこわばったり、少し押すだけで痛みを感じることがあります。肩こりや筋肉痛の症状と似ていますが、まったく異なる症状です。

     

    【四十肩・五十肩の原因】

    四十肩・五十肩は加齢によって筋肉や靭帯(骨と骨の間または関節周辺にある結合組織)が硬くなって起こる血行不良や、肩関節の周辺の炎症が原因と考えられています。加齢のほかには運動不足、冷えも関係しているといわれますが、具体的な原因は不明です。実際の患者さんのなかで、慢性的に肩こりのひどい方が、ノースリーブで長い時間、自転車に乗っていたところ、肩が冷え、家に着いたら腕があがらなくなっていたといったことも。これも四十肩・五十肩の症状と言えるでしょう。

     

    【四十肩・五十肩の治療法】

    四十肩・五十肩に期待できるツボは「肩井(けんせい)」「肩髃(けんぐう)」「天宗(てんそう)」などがあります。このあたりを指圧してみてください。

     

    肩井・・・

    首の根元から肩先の中間にあるツボ

     

    肩髃・・・

    肩を外側に伸ばすとできるふたつのくぼみのうち、前方にあるツボ

     

    天宗・・・

    肩甲骨のほぼ中央にあるツボ

     

    ほとんどの四十肩・五十肩は、時間の経過とともにある程度症状が軽減していくことが多いです。半年から1年程度で完治する人が多いようですが、場合によっては症状が長期にわたることもあります。症状の改善、または予防するためにもツボを刺激し、血行を改善することが重要です。

     

    【四十肩・五十肩に期待できる鍼灸治療の効果】

    東洋医学では、原則的に「熱がこもっている時は冷やし」、「冷えているところは温める」ことが大切と考えられています。そして、四十肩・五十肩は、発症した直後の「急性期」と、発症してから数日経過以降の「慢性期」に分かれ、そのどちらかによって温めるか、冷やすかが分かれます。これを間違えてしまうと、逆に悪化しますので、注意してください。

     

    ▼急性期(痛みが起こった直後):炎症が起きているので、熱感があり、腫れることもあります。

    →この時は、湿布や冷たいタオルなどで冷やしましょう。痛みがある時には、無理に動かさないほうがよいです。

     

    ▼慢性期(2〜3日経過している場合): 熱感がなく、痛みだけが残っています。

    →この時は温めましょう。幹部がすでに冷えているので、さら冷やすと悪化します。四十肩・五十肩は別名「凍結肩」といわれるように、発症直後の炎症がおさまると、患部が冷えるのが特徴です。マッサージをするときは、まずは肩周辺をホットタオルで温めたり、お風呂に浸かって温めましょう。筋肉がほぐれたら肩井や肩髃などをゆっくりと刺激します。痛みがある場合でも、少しずつ肩関節を動かすようにしましょう。

    重症の場合は鍼や灸を用いた治療が効果的です。マッサージでは届かない深いツボを刺激できるので、より効果的に血流改善を行えます。四十肩・五十肩にお悩みの人は鍼灸院へご相談ください。

     

    四十肩・五十肩のコラム一覧

    288

    全288件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/04/19

    肩が痛くて腕が上がらない

    肩が痛くて腕が上がらない・・・重症度の高いものから軽度のものまで、その原因となるものも非常に多岐に渡ります。         なかでも、腕が上がらない!!という時に、まずパッと思い浮かびやすいのが、四十肩・五十…

    投稿日:2018/04/18

    四十肩・五十肩のメカニズムと治療法・対処法

    四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)と診断された方また、そのような症状でお困りの方へ、当院の治療方針について書きましたのでじっくりとお読みください。 四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)とは…? 四十肩や五十肩という症状の事を、正式には「肩関節周囲炎」と言います。 で…

    投稿日:2018/04/18

    四十肩・五十肩には鍼灸整体がオススメ!in 熊谷市

    おはようございます!エレガンス山田です!熊谷市近辺で四十肩・五十肩に悩まされている方はいませんか?そんなアナタにはこれ!! ・・・  【エレガンス鍼灸治療院での整体・鍼灸治療】です!! 痛いところ”だけに”たくさん鍼を打たれていませんで…

    投稿日:2018/04/17

    肩峰下滑液胞炎について

    肩峰下滑液包というのは、肩の先のところにある肩峰と上腕骨の間にあるもので、中に液体の入った袋です。骨と筋肉の間の摩擦を減らす役割をしています。そこにに炎症が起こった状態のことを肩峰下滑液包炎と言います。 血管や神経が多く分布していますので、炎症が起こると痛みを強く感じやすい部位です。&nb…

    投稿日:2018/04/17

    四十肩に効くツボ紹介③ おなかの横が効く!

    前回、前々回に引き続き四十肩に効くツボを紹介したいと思います(^_^) 今回使うツボは『帯脈(たいみゃく)』というツボです。場所としてはおへその高さで、体の真横にあります。肋骨と骨盤の間にある押して少し痛い所になります。 ここは身体を支える腹筋が交差する場所になり、ここが硬くなる…

    投稿日:2018/04/16

    四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

    四十肩・五十肩で悩んでいる方いませんか??四十肩・五十肩は、本来肩関節周囲炎と言います。ほっておいたら治ると思っている方も多いのではないでしょうか?四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)は、早期から治療や運動療法を実施した方が早く可動域が上がったり痛みが軽減します。再発防止にもなります。四十肩・五十肩(肩関…

    投稿日:2018/04/16

    五十肩は病名ではありません!

    20代やのに、もう80際やのに・・・おはようございますくくる鍼灸院です、八尾市安中町にあります五十肩でお困りの際にはホームページや鍼灸こんぱすを見て下さいね!五十肩の治療をしていると患者さんが「私まだ30代やのに病院で五十肩って言われました」とか「もう今年で80歳やのに五十肩って言われましてん」って…

    投稿日:2018/04/16

    ためしてガッテン 「長引く肩の痛みに喝!」 2014.02.05放映

    ◆◆◆横浜駅からたった20分で、美魔女の隠れ家に◆◆◆「美容鍼灸、整体、フットケア、岩盤浴、エンダモロジー」あかり堂~Garden~/足とからだの東洋医学研究所こんにちは^。^からだの達人、小澤ですNHKの健康番組、ためしてガッテンで「50肩」の特集が放映されました。一般的に、患うと治癒に1~2年掛…

    投稿日:2018/04/14

    太りすぎ、肥満で四十肩・五十肩に

    四十肩・五十肩サポート治療院、宝塚ハリニックよこい鍼灸整体治療院の院長横井です!なぜ、「太りすぎ肥満」だとと「四十肩・五十肩」で痛んでる肩の関節が治らないのか?太りすぎや肥満の方の中には「四十肩・五十肩」で悩まされてる場合が多いです。腕への負担は日常の生活でさまざまな場面でありますが、太りすぎや肥満…

    投稿日:2018/04/14

    睡眠不足で四十肩・五十肩

    四十肩・五十肩サポート治療院、宝塚ハリニックよこい鍼灸整体治療院の院長横井です。なぜ、「睡眠不足」だとと「四十肩・五十肩」で痛んでる肩の関節が治らないのか?日頃から睡眠不足の方は「四十肩・五十肩」で悩まされてる場合が多いです。睡眠不足になると、おカラダの元気な出ないだけでなく、痛みを治す治癒力も弱く…

    全288件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師