鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

四十肩・五十肩の鍼灸・針治療法、症状・
原因別の対処方法解説

  • 首・肩・腕のお悩み
  • 四十肩・五十肩

    四十肩・五十肩とは肩関節周辺に発生する炎症のことで、医学的には「肩関節周囲炎」といいます。40~50代に多く発症することから「四十肩」または「五十肩」と呼ばれるようになりました。髪が洗い辛くなったり、服の着脱が困難になるなど日常生活にも影響を与える厄介な症状で、突然発症する場合と、徐々に進行するふたつのパターンがあります。

    今まで特に異常が見られなかったのに、急に腕が上がらなくなったり、肩が後ろに回らなくなったら、四十肩・五十肩を疑いましょう。なお、「結帯結髪(けったいけっぱつ)」といって、髪を結ぶ動作、および帯を腰のあたりで結ぶ動作をしてみて、それができるかできないかで症状を確認する方法があります。

     

    【四十肩・五十肩の症状】

    四十肩・五十肩の主な症状としては、肩が重い・腕が上がらない・腕を動かすと痛い・腕が後ろに回らない・首が回らないなどがあります。重症の場合は肩の筋肉が硬くこわばったり、少し押すだけで痛みを感じることがあります。肩こりや筋肉痛の症状と似ていますが、まったく異なる症状です。

     

    【四十肩・五十肩の原因】

    四十肩・五十肩は加齢によって筋肉や靭帯(骨と骨の間または関節周辺にある結合組織)が硬くなって起こる血行不良や、肩関節の周辺の炎症が原因と考えられています。加齢のほかには運動不足、冷えも関係しているといわれますが、具体的な原因は不明です。実際の患者さんのなかで、慢性的に肩こりのひどい方が、ノースリーブで長い時間、自転車に乗っていたところ、肩が冷え、家に着いたら腕があがらなくなっていたといったことも。これも四十肩・五十肩の症状と言えるでしょう。

     

    【四十肩・五十肩の治療法】

    四十肩・五十肩に期待できるツボは「肩井(けんせい)」「肩髃(けんぐう)」「天宗(てんそう)」などがあります。このあたりを指圧してみてください。

     

    肩井・・・

    首の根元から肩先の中間にあるツボ

     

    肩髃・・・

    肩を外側に伸ばすとできるふたつのくぼみのうち、前方にあるツボ

     

    天宗・・・

    肩甲骨のほぼ中央にあるツボ

     

    ほとんどの四十肩・五十肩は、時間の経過とともにある程度症状が軽減していくことが多いです。半年から1年程度で完治する人が多いようですが、場合によっては症状が長期にわたることもあります。症状の改善、または予防するためにもツボを刺激し、血行を改善することが重要です。

     

    【四十肩・五十肩に期待できる鍼灸治療の効果】

    東洋医学では、原則的に「熱がこもっている時は冷やし」、「冷えているところは温める」ことが大切と考えられています。そして、四十肩・五十肩は、発症した直後の「急性期」と、発症してから数日経過以降の「慢性期」に分かれ、そのどちらかによって温めるか、冷やすかが分かれます。これを間違えてしまうと、逆に悪化しますので、注意してください。

     

    ▼急性期(痛みが起こった直後):炎症が起きているので、熱感があり、腫れることもあります。

    →この時は、湿布や冷たいタオルなどで冷やしましょう。痛みがある時には、無理に動かさないほうがよいです。

     

    ▼慢性期(2〜3日経過している場合): 熱感がなく、痛みだけが残っています。

    →この時は温めましょう。幹部がすでに冷えているので、さら冷やすと悪化します。四十肩・五十肩は別名「凍結肩」といわれるように、発症直後の炎症がおさまると、患部が冷えるのが特徴です。マッサージをするときは、まずは肩周辺をホットタオルで温めたり、お風呂に浸かって温めましょう。筋肉がほぐれたら肩井や肩髃などをゆっくりと刺激します。痛みがある場合でも、少しずつ肩関節を動かすようにしましょう。

    重症の場合は鍼や灸を用いた治療が効果的です。マッサージでは届かない深いツボを刺激できるので、より効果的に血流改善を行えます。四十肩・五十肩にお悩みの人は鍼灸院へご相談ください。

     

    四十肩・五十肩のコラム一覧

    387

    全387件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/09/20

    痛みの種類とはり治療の効果(1)肩の痛み-1

    皆さんはどんな時に鍼灸院に行こうと思いますか?おそらく一番多いのは、痛みでおこまりのときではないでしょうか?でも、どんな痛みに対応してくれるのか?それぐらい効果があるのか?そういうことはあまりご存じない肩が多いかと思います。そこて、しばらくの間、「痛みの種類とはり治療の効果」と題して肩痛、腰痛、足(…

    投稿日:2018/09/20

    四十肩、五十肩でお悩みの方

    春日部市・岩槻区で五十肩でお悩みの方はいらっしゃいませんか??? 一度は聞いたことのある五十肩。40歳代~50歳代の方がなってしまうことが多いものです。 五十肩は別名「肩関節周囲炎」とも呼ばれるものです。「腱板」という、肩甲骨から腕の付け根にかけてくっついている部分でよく発生しま…

    投稿日:2018/09/14

    四十肩、五十肩の原因は〇〇だった⁉︎

         こんにちは!杏鍼灸整骨院の陣内です。今回の記事は非常に多い四十肩、五十肩の記事になります。 四十肩、五十肩は動かない、うずく、眠れないの三重苦に悩まされることが多く、また原因が特定されず非常に厄介にされることが多い疾患です。&nb…

    投稿日:2018/09/11

    四十肩・五十肩とは…? 鍼灸の効果!

    一般的には四十肩・五十肩は加齢に伴う肩の関節や筋肉などが固まってしまったり、縮んでしまう事で起こります。 正式名称は「肩関節周囲炎」と言い、上記が起こる事で肩関節やその周囲の組織が炎症を起こし痛みが出てきます。 初期では肩が動かしづらかったり少し痛みが伴う程度ですが、重度になると…

    投稿日:2018/09/11

    気持ちよくバンザイ出来るようになりましょう。

    こんにちは!今日は、何かとお悩みの多い肩の症状についてお話していきます!さて、いきなりですがこのような症状をお持ちの方はいらっしゃいませんか? ・急に肩が痛くなることがある・何もしていなくても肩が痛い・高い所のものを取ろうと肩を上げると、上がらない・肩がおもだるい・夜に肩が痛くなる信じたく…

    投稿日:2018/09/10

    おうちで出来る四十肩対策

    こんにちは。東京都足立区でお身体の鍼で健康のサポートをしております鍼灸師の鳥海です。 今回は五十肩に対しての体操を軽くお教えいたします。名前は「コッドマン体操」と言います。 肩を動かす運動なのですが、自分で肩を動かすのではなく、体を揺らして、振り子のようにして肩をぶらぶらさせる運…

    投稿日:2018/09/07

    五十肩の分類と鍼灸

    こんにちは、はりいち治療院です。 本日の題名に記載されている四十肩、五十肩という名ですが正式名称は「肩関節周囲炎」といいます。 重度になると症状が良くなるのに年単位でかかってしまうのですがどこがどのようになっているかにより治る期間や傷み具合なども変わってくるのです。肩関節周囲炎は…

    投稿日:2018/09/04

    肩は上がらない、でも問題は・・・

    おはようございます。 腰痛ハンターです!(^^)! また、台風ですね((+_+))学生の時サッカー部だったんですが、雨や台風になると部活は中止になってできなくなったんですがテニスコートは使えたのでそこでサッカーをした記憶があります。スライディングをするとよく滑るので楽しかった思い…

    投稿日:2018/08/31

    1度はあきらめた・・・でも

    「もう、かれこれ10年は左肩を使っていないねぇ。」 左肩に痛みが出てから、自分で腕を挙げられなくなってきて、それから左上肢をほぼ使わなくなってしまったとのこと。それが10年。さすがに、筋肉も委縮しますし、筋の硬縮も起こります。 加えて、頸部も肩関節も既に骨と骨との間は狭くなってお…

    投稿日:2018/08/31

    五十肩と肩こりの関連性について

    こんにちは。茅ヶ崎で鍼灸院を開いています。羅針堂鍼灸整体院の岩澤です。 本日は五十肩と肩こりに関連性があるのかについて書いていきたいと思います。まず五十肩の原因は西洋医学的にまだはっきりと解明されてはいませんが、五十肩で治療に来られる方は肩甲骨の位置が大幅にずれている傾向にあります。患側は…

    全387件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師