鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

四十肩・五十肩の鍼灸・針治療法、症状・
原因別の対処方法解説

  • 首・肩・腕のお悩み
  • 四十肩・五十肩

    四十肩・五十肩とは肩関節周辺に発生する炎症のことで、医学的には「肩関節周囲炎」といいます。40~50代に多く発症することから「四十肩」または「五十肩」と呼ばれるようになりました。髪が洗い辛くなったり、服の着脱が困難になるなど日常生活にも影響を与える厄介な症状で、突然発症する場合と、徐々に進行するふたつのパターンがあります。

    今まで特に異常が見られなかったのに、急に腕が上がらなくなったり、肩が後ろに回らなくなったら、四十肩・五十肩を疑いましょう。なお、「結帯結髪(けったいけっぱつ)」といって、髪を結ぶ動作、および帯を腰のあたりで結ぶ動作をしてみて、それができるかできないかで症状を確認する方法があります。

     

    【四十肩・五十肩の症状】

    四十肩・五十肩の主な症状としては、肩が重い・腕が上がらない・腕を動かすと痛い・腕が後ろに回らない・首が回らないなどがあります。重症の場合は肩の筋肉が硬くこわばったり、少し押すだけで痛みを感じることがあります。肩こりや筋肉痛の症状と似ていますが、まったく異なる症状です。

     

    【四十肩・五十肩の原因】

    四十肩・五十肩は加齢によって筋肉や靭帯(骨と骨の間または関節周辺にある結合組織)が硬くなって起こる血行不良や、肩関節の周辺の炎症が原因と考えられています。加齢のほかには運動不足、冷えも関係しているといわれますが、具体的な原因は不明です。実際の患者さんのなかで、慢性的に肩こりのひどい方が、ノースリーブで長い時間、自転車に乗っていたところ、肩が冷え、家に着いたら腕があがらなくなっていたといったことも。これも四十肩・五十肩の症状と言えるでしょう。

     

    【四十肩・五十肩の治療法】

    四十肩・五十肩に期待できるツボは「肩井(けんせい)」「肩髃(けんぐう)」「天宗(てんそう)」などがあります。このあたりを指圧してみてください。

     

    肩井・・・

    首の根元から肩先の中間にあるツボ

     

    肩髃・・・

    肩を外側に伸ばすとできるふたつのくぼみのうち、前方にあるツボ

     

    天宗・・・

    肩甲骨のほぼ中央にあるツボ

     

    ほとんどの四十肩・五十肩は、時間の経過とともにある程度症状が軽減していくことが多いです。半年から1年程度で完治する人が多いようですが、場合によっては症状が長期にわたることもあります。症状の改善、または予防するためにもツボを刺激し、血行を改善することが重要です。

     

    【四十肩・五十肩に期待できる鍼灸治療の効果】

    東洋医学では、原則的に「熱がこもっている時は冷やし」、「冷えているところは温める」ことが大切と考えられています。そして、四十肩・五十肩は、発症した直後の「急性期」と、発症してから数日経過以降の「慢性期」に分かれ、そのどちらかによって温めるか、冷やすかが分かれます。これを間違えてしまうと、逆に悪化しますので、注意してください。

     

    ▼急性期(痛みが起こった直後):炎症が起きているので、熱感があり、腫れることもあります。

    →この時は、湿布や冷たいタオルなどで冷やしましょう。痛みがある時には、無理に動かさないほうがよいです。

     

    ▼慢性期(2〜3日経過している場合): 熱感がなく、痛みだけが残っています。

    →この時は温めましょう。幹部がすでに冷えているので、さら冷やすと悪化します。四十肩・五十肩は別名「凍結肩」といわれるように、発症直後の炎症がおさまると、患部が冷えるのが特徴です。マッサージをするときは、まずは肩周辺をホットタオルで温めたり、お風呂に浸かって温めましょう。筋肉がほぐれたら肩井や肩髃などをゆっくりと刺激します。痛みがある場合でも、少しずつ肩関節を動かすようにしましょう。

    重症の場合は鍼や灸を用いた治療が効果的です。マッサージでは届かない深いツボを刺激できるので、より効果的に血流改善を行えます。四十肩・五十肩にお悩みの人は鍼灸院へご相談ください。

     

    四十肩・五十肩のコラム一覧

    431

    全431件中 1件~10件を表示

    投稿日:2019/05/17

    肩の痛み、シビレ

    いつもお読みいただきありがとうございます!今回はこちらの症例をシェアさせていただきます!●夜中に肩が痛くて眠れない、さらにシビレまである日、TVを観ながらエクササイズをしていたら、急に肩に痛みが出てきて、整形外科を受診。「頚椎症ですね」って言われたのですが、不快な痛みとシビレが取れず困ってこちらにい…

    投稿日:2019/04/29

    動かせる範囲で動かすことが大切です

    こんにちは〜。千葉県松戸市のかつまた鍼灸治療院です  四十肩、五十肩と呼ばれる肩関節周囲炎 前に挙げるのが辛い、横に挙げるのが辛い、髪を結うのが辛い、下着のホックを止めるのが辛いなどある動作で激痛が走るのが特徴ですね しかし、その動き以外は実は動かせることが少…

    投稿日:2019/04/26

    四十肩、五十肩について

    みなさんこんにちは。今回は肩関節周囲炎【四十肩、五十肩】についてお話しします! 肩関節周囲炎とは、年齢とともに、肩の部分の骨骨と骨を結びつける靱帯の柔軟性が低下することで起こると言われています。また、1番大切な箇所でもある上腕部と肩甲骨をつなぐ腱板(けんばん)が加齢とともに変性し、炎症が出…

    投稿日:2019/04/21

    肩甲上腕リズムって知ってます???

    肩こり・四十肩(五十肩)でお悩みの方『肩甲上腕リズム』って聞いたことがありますでしょうか?簡単に言うと、腕を動かしたら肩甲骨も動くんやで~(゚Д゚)と言うことです!と言うことは!!!肩甲骨が動かないと腕も思うように動かない((+_+))てことですね! 試しに、猫背の状態をワザと作りバンザイ…

    投稿日:2019/04/17

    肩が痛くて眠れない

    いつもお読みいただきありがとうございます♥今回はこちらの症例をご紹介します。60代女性。4ヶ月前から左肩が痛み夜も眠れず腕の置き場にも困るほど。整形外科に行って神経ブロック注射や痛み止めの処方をされるが、全く効果なし。困った挙句に紹介されて「鍼、こわいんですけど」と言いながら受診された…

    投稿日:2019/04/15

    四十肩五十肩

    四十肩・五十肩「四十肩・五十肩」の原因と、「肩こり」の原因。その違い四十肩・五十肩はその名の通り、四十代・五十代になると増える症状です。肩が痛くて腕が上がらなくなったり、肩の痛みで夜寝れなくなるのが、その特徴です。最近では20代・30代にも増えてきているのが特徴で、「三十肩」なんて呼ぶ人もいるぐらい…

    投稿日:2019/04/12

    これって五十肩?

    最近、「四十肩、五十肩」かもしれないとお話される患者さんが多く来院されます。 問診ではまず・いつ頃から痛くなり始めたか・どのような痛みか・どのように肩を動かすと痛むのか・夜間痛(夜寝ている間の痛み)はあるかなどをお聞きします。 そうすると肩を上げるときだけ痛い、安静時痛・夜間痛は…

    投稿日:2019/04/10

    肩が挙がらない! それ本当に五十肩??

    ◇肩が挙がらない!それ本当に五十肩??◇  ~最近、肩を動かすと痛みを感じる。前みたいに肩が挙がらなくなった。こんな悩みを抱えている方も多いはず。ただ、巷では「五十肩は放っておけば気づいた頃には治っているわよ」という話をしている人を耳にします。今回は、五十肩に対しての正しい知識と…

    投稿日:2019/03/29

    五十肩

    中国鍼灸の向山治療院です。   三日前から五十肩の方が来院されています。五十肩は「昨日までどうもなかったのに今朝起きたら腕が上がらなくなっていた」という、突然起きたようなパターンが非常に多いです。     なので「昨日ま…

    投稿日:2019/03/29

    四十肩・五十肩でお悩みの方へ

    さて、今日は四十肩、五十肩についてお話させていただきます!!当院では、四十肩、五十肩でお悩みの方がたくさん来院されています。みなさまご自分に合った治療法として、保険治療をやったり、鍼灸治療を試してみたりで症状を改善されています。よく患者様からご質問がありますが、「四十肩と五十肩ってどう違うの?」どち…

    全431件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師