鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

四十肩・五十肩の鍼灸・針治療法、症状・
原因別の対処方法解説

  • 首・肩・腕のお悩み
  • 四十肩・五十肩

    四十肩・五十肩とは肩関節周辺に発生する炎症のことで、医学的には「肩関節周囲炎」といいます。40~50代に多く発症することから「四十肩」または「五十肩」と呼ばれるようになりました。髪が洗い辛くなったり、服の着脱が困難になるなど日常生活にも影響を与える厄介な症状で、突然発症する場合と、徐々に進行するふたつのパターンがあります。

    今まで特に異常が見られなかったのに、急に腕が上がらなくなったり、肩が後ろに回らなくなったら、四十肩・五十肩を疑いましょう。なお、「結帯結髪(けったいけっぱつ)」といって、髪を結ぶ動作、および帯を腰のあたりで結ぶ動作をしてみて、それができるかできないかで症状を確認する方法があります。

     

    【四十肩・五十肩の症状】

    四十肩・五十肩の主な症状としては、肩が重い・腕が上がらない・腕を動かすと痛い・腕が後ろに回らない・首が回らないなどがあります。重症の場合は肩の筋肉が硬くこわばったり、少し押すだけで痛みを感じることがあります。肩こりや筋肉痛の症状と似ていますが、まったく異なる症状です。

     

    【四十肩・五十肩の原因】

    四十肩・五十肩は加齢によって筋肉や靭帯(骨と骨の間または関節周辺にある結合組織)が硬くなって起こる血行不良や、肩関節の周辺の炎症が原因と考えられています。加齢のほかには運動不足、冷えも関係しているといわれますが、具体的な原因は不明です。実際の患者さんのなかで、慢性的に肩こりのひどい方が、ノースリーブで長い時間、自転車に乗っていたところ、肩が冷え、家に着いたら腕があがらなくなっていたといったことも。これも四十肩・五十肩の症状と言えるでしょう。

     

    【四十肩・五十肩の治療法】

    四十肩・五十肩に期待できるツボは「肩井(けんせい)」「肩髃(けんぐう)」「天宗(てんそう)」などがあります。このあたりを指圧してみてください。

     

    肩井・・・

    首の根元から肩先の中間にあるツボ

     

    肩髃・・・

    肩を外側に伸ばすとできるふたつのくぼみのうち、前方にあるツボ

     

    天宗・・・

    肩甲骨のほぼ中央にあるツボ

     

    ほとんどの四十肩・五十肩は、時間の経過とともにある程度症状が軽減していくことが多いです。半年から1年程度で完治する人が多いようですが、場合によっては症状が長期にわたることもあります。症状の改善、または予防するためにもツボを刺激し、血行を改善することが重要です。

     

    【四十肩・五十肩に期待できる鍼灸治療の効果】

    東洋医学では、原則的に「熱がこもっている時は冷やし」、「冷えているところは温める」ことが大切と考えられています。そして、四十肩・五十肩は、発症した直後の「急性期」と、発症してから数日経過以降の「慢性期」に分かれ、そのどちらかによって温めるか、冷やすかが分かれます。これを間違えてしまうと、逆に悪化しますので、注意してください。

     

    ▼急性期(痛みが起こった直後):炎症が起きているので、熱感があり、腫れることもあります。

    →この時は、湿布や冷たいタオルなどで冷やしましょう。痛みがある時には、無理に動かさないほうがよいです。

     

    ▼慢性期(2〜3日経過している場合): 熱感がなく、痛みだけが残っています。

    →この時は温めましょう。幹部がすでに冷えているので、さら冷やすと悪化します。四十肩・五十肩は別名「凍結肩」といわれるように、発症直後の炎症がおさまると、患部が冷えるのが特徴です。マッサージをするときは、まずは肩周辺をホットタオルで温めたり、お風呂に浸かって温めましょう。筋肉がほぐれたら肩井や肩髃などをゆっくりと刺激します。痛みがある場合でも、少しずつ肩関節を動かすようにしましょう。

    重症の場合は鍼や灸を用いた治療が効果的です。マッサージでは届かない深いツボを刺激できるので、より効果的に血流改善を行えます。四十肩・五十肩にお悩みの人は鍼灸院へご相談ください。

     

    四十肩・五十肩のコラム一覧

    416

    全416件中 1件~10件を表示

    投稿日:2019/01/18

    肩の症状 四十肩、五十肩

    力仕事、姿勢、年齢を重ねることで、筋肉が固くなり伸びることも縮まることも出来なくなってきます。それによって無理に動かそうとすると、筋肉、腱に炎症が起こります。そうすると部分的に腫れて痛みが出てきます。徐々に可動域が狭まり、肩の骨、靭帯、筋肉がすり減ったりして激しい痛みが走ります。 似たよう…

    投稿日:2019/01/17

    西船橋で五十肩でお困りなら!

    西船橋・船橋・市川で五十肩でお悩みなら!鍼治療を受けてみませんか? こんにちは!西船はりきゅう接骨院のストレッチマン吉田です。 今回は五十肩について書かせていただきまして当院での治療や、患者様の声をお話しさせていただきます。  まず、🔴五十肩とは🔴 …

    投稿日:2019/01/16

    五十肩 痛くて上がらない・・・

    北名古屋市で妊活サポート逆子治療産後骨盤矯正を安心して受けられる鍼灸・整体 いつもご愛読ありがとうございますげんきはり・きゅう治療院です 本日は「五十肩痛くて上がらない・・・」 です 先日飲み会の席での出来事でした 「私五十肩で・・・腕が上がらないの…

    投稿日:2019/01/15

    嬉しいですね(^^)/

    こんにちは 腰痛ハンターです!(^^)!最近以前に当院で治してもらってという方が来院することが多いですね。何年振りって感じで理由はちょっとわからないんですけど。。。いずれにしても、思い出していただいてあいつなら治せるんじゃないかと思ってきていただけてるという事になるのでこちらとしては嬉しい…

    投稿日:2019/01/15

    肩関節周囲炎~いわゆる四十肩・五十肩~

    左京区出町柳にある接骨・鍼灸・トレーニングができるERP下鴨南治療院における「五十肩」の概要と治療について紹介いたします。 ~五十肩とは~肩関節または肩周囲の痛みのことで、動作時の痛み(髪の毛を結ぶ、服を着替える)や夜間の痛み(寝返りする、何もしなくてもズキズキする)を特徴とします。肩周り…

    投稿日:2019/01/08

    インディバアクティブによる五十肩治療

    当サロンでは「インディバアクティブ」という高周波温熱器械を扱っています。治療プラスエステ施術もできる機械なのです。先日、約1年に渡り五十肩に悩まされているお客様がご来店。最初に肩の動きをチェック。腕を上に挙げ始め、肩の高さを少し越えたあたりですかさず痛みが走りそれ以上は挙上困難な状態でした。そんな状…

    投稿日:2018/12/27

    頬杖と肩痛の関係

    こんにちは。女性に安心の治療院;京都市中京区御所南「鍼灸スノルノ」院長の成岡玉江です。 頬杖ついていませんか?何気なくついている方が多いとおもいますが、顎への影響が大きいのです。 その影響とは①顔がゆがむ②かみ合わせが悪くなったり、歯ぎしりや噛み締めと同等の影響が出やすい③体が傾…

    投稿日:2018/12/23

    五十肩(肩関節周囲炎)とは?

    皆様こんにちは!ドクターリウ鍼灸院渋谷駅前院の長谷川です。今日のコラムは改めて五十肩(肩関節周囲炎)についてお話し致します。突然ですが、、、肩こりは五十肩ではありません!!!五十肩(肩関節周囲炎)の主な症状として特徴的なものは「肩から腕にかけての痛み」と「腕の動きが制限されること」です。痛みは突然く…

    投稿日:2018/12/20

    五十肩の施術風景その2

    本日は五十肩(#肩関節周囲炎)の施術その2です☺️今回は棘上筋棘下筋小円筋大円筋と神経の走行ラインにアプローチをしています。この辺りは肩甲骨の動きがよくない方には特にオススメです✨この周辺にしっかり鍼をすることで肩甲骨はがしが出来ますよ🎵

    投稿日:2018/12/20

    五十肩の施術風景

    本日は五十肩の施術の風景です。肩の動きが悪い、肩を動かすと痛みが出る等の症状がある場合は複数ある肩を支えている筋肉のどれかが固くなっている可能性があります❗当院は最初にしっかりとカウンセリングを行い原因と思われる筋肉にアプローチをかけますんで早い段階で肩が楽になると思いますよ😃夜間痛が酷いときは首に…

    全416件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師