鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

肩こりの鍼灸・針治療法、症状・原因別の
対処方法解説

  • 首・肩・腕のお悩み
  • 肩こり

    肩の筋肉は、重い頭や腕を支えている筋肉なので、知らず知らずのうちに負荷がかかってしまう部位です。最近パソコンやスマートフォンを長時間使用していると筋肉が緊張し、さらに負担がかかってしまいます。重度の肩こりになると慢性的な頭痛になったり、吐き気をもよおすこともあるため、慢性化する前に対策しましょう。

     

    【肩こりの症状】

    肩こりとは、首筋や肩、肩甲骨の周辺が重苦しくなった状態のことで、肩に何か乗っているように感じたり、鉄板が中に入っているような違和感を覚える人が多いようです。

    この状態を放置していると次第に痛みを感じるようになり、重度の肩こりになると緊張性の頭痛や、目の疲れ、腕や手の痛みなどに発展するケースがあります。逆に、こりに慣れすぎると、こりを感じなくなってしまう場合もあります。しかし、実際はこりがなくなっているわけではないので、別の場所に不調があらわれてしまいます。例えば、寝違いにつながったり、背中の痛み、腰の痛みなど別の場所の痛みを発症することもあります。

     

    【肩こりの原因】

    肩こりは筋肉の疲労と緊張から起こります。そして、それがなぜ起きるかというと、首や腕に負荷をかけた状態での長時間作業や、精神的なストレス、内臓の不調など原因はさまざまです。肩の周辺に痛みや違和感を覚えることから「肩こり」といわれていますが、実際は「首の後ろ」や「背中」「内臓の不調」に原因がある場合も多いです。原因が様々であるからこそ、痛みやこりが生じている場所と原因のある場所が異なるケースが少なくありません。原因を列記すると以下のようなものが考えられます。

     

    ・疲労

    ・血行不良・冷え

    ・姿勢

    ・精神的ストレス

    ・体型(なでがた)

    ・運動不足

    ・肩に負荷がかかる重い荷物

    ・目の疲れ

    ・内臓の不調

     

    【肩こりの治療法】

    肩こりに期待できるツボは「肩井(けんせい)」「手三里(てさんり)」「列缺(れっけつ)」などです。

     

    肩井・・・

    首の根元から肩先の中間にあるツボ

     

    手三里・・・

    手の甲を上にした状態で腕を曲げ、腕関節にできるしわから指3本分のところにあるツボ

     

    列缺・・・

    手首の内側、脈を感じる場所にあるツボ

     

    西洋医学では痛み止め(鎮痛剤)や筋肉の緊張を和らげる筋弛緩薬を処方したり、痛みがひどい場合はブロック注射を行ったりしますが、これらは対処療法に過ぎません。東洋医学では鍼や灸などを用いて原因となっている場所に直接アプローチし、倦怠感や頭痛などを引き起こしている「こり」を改善します。また肩こりは生活習慣によるところが多いので、ライフスタイルや姿勢の改善などを担当医と相談し、再発しないように努めましょう。

     

    【肩こりに期待できる鍼灸治療の効果】

    東洋医学では、身体と精神は密接な関係にあると考えられています。

    肩こりが悪化すると、イライラしやすくなったり、眠りが浅い、疲れが取れないなどの症状も引き起こすため、早めのケアがお薦めです。

    自宅でマッサージする際には、まず首や肩などの患部をホットタオルなどで温めましょう。タオルが冷たくなったらまたホットタオルを乗せるのを、3~4回繰り返してください。

    肩こりの解消に最も効果的なのは「肩井」のツボといわれています。肩をぐるぐると回しながら人さし指か中指で圧迫しましょう。

     

    全身に倦怠感がある場合は、背中や腰も凝っている可能性があります。肩こりは鍼灸の適応症状の一つですので、マッサージでコリが改善しないと感じたら、鍼灸院で相談してみてください。

    肩こりのコラム一覧

    548

    全548件中 1件~10件を表示

    投稿日:2017/10/19

    【肩こりにはマッサージがやはり一番なのか】

    今日は肩こりにはやはりマッサージが良いのか?について書かせていただきます。 肩こりの原因は非常に様々です。 頚椎の歪み、姿勢の悪さからくる姿勢の悪さからくる筋肉疲労、肩甲骨と鎖骨の動き、などいろいろです。 その中でも、腰(骨盤)の動きを正常にすると肩こりが治ってしまうこ…

    投稿日:2017/10/19

    肩こりでお悩みの方は世田谷区の「いちろう鍼灸治療院」へ!

    肩こりという言葉が指す症状は多岐にわたります。首~肩~肩甲骨~背中にかけて感じる不快感・こわばった感じ・痛みなどを総称して肩こりと呼ばれています。肩こりに関係する筋肉の代表的なものは僧帽筋・肩甲挙筋・菱形筋・板状筋などです。冷房による冷え、ストレスや長時間の不良姿勢によってそれら特定の筋肉に負荷がか…

    投稿日:2017/10/19

    肩こり、頭痛、原因は意外なところに!?

    こんにちは。 大阪市阿倍野区のOrdermadeLaboARBA守屋です。 本日は「肩凝り、頭痛」についてです。・常に肩が重い・頭が重い、頭が痛い・吐き気がするなどの症状で悩んでおられる方が、多いと思います。職業としては、デスクワークの方が多いです。座っている姿勢が長いと股関節が…

    投稿日:2017/10/18

    首肩まわりへのアプローチ

    こんばんは!エレガンス山田です! columnをreadしてくれている皆様!!ThankYou\(^^)/✨ 1週間前に頭が割れる程の頭痛が起き、吐いてしまったり、めまいが出てたりしたが、次の日になったら症状が改善していたが、首肩+背部肩甲骨まわりの張り感がなんか残る&helli…

    投稿日:2017/10/18

    慢性的な肩こりがマッサージで改善しない方、鍼と深層筋療法で当日緩和

    中野区から来院されたS様慢性的な肩こりに悩まされ自宅近くのマッサージ店に行くも改善されず来院される。頚椎C7の後弯見られ頭部前方に出てしまっているため僧帽筋、胸鎖乳突筋緊張著名である。右側屈、右回旋疼痛見られROM低下。深層筋療法にて対応。術後、筋緊張が緩和されROM改善みられ体の軽快感がみられた。…

    投稿日:2017/10/17

    疲れやストレスによる頭痛には、鍼治療がおすすめです😌

    もともと偏頭痛などの持病を持っている場合は別として、産後に起こる頭痛の多くは、「疲れ」と「ストレス」からくる疲労が原因です💦 慣れない育児の緊張に加え、授乳や夜泣きでぐっすりと眠れない、赤ちゃんのお世話で体を休める時間がないなど、慢性的な疲労から肩がこり固まって、血行不良となって頭痛を引き…

    投稿日:2017/10/17

    秋の肩こりの原因

    寒暖の差が大きい秋急に肩や首が痛いと感じる方がふえます。これは寒暖差によって自立神経が乱れる事が原因の一つで、自立神経の乱れは筋肉を緊張させ、緊張した筋肉が血管を圧迫し血流が悪くなります。血流が悪くなると、酸素を運ぶ量が減り筋肉は酸欠状態になります。またそれが、自立神経の乱れをまねく。なんだか息がつ…

    投稿日:2017/10/16

    肩こりと鍼灸

    初めてのコラムになります。よろしくお願いします。 肩こりは現代の日本人の多くの方が持つ悩みの一つです。日本人に多い理由は体質的になで肩の人が多いからです。なで肩により肩が下がり僧帽筋という筋肉が引っ張られ、必要以上に負荷がかかりこりへとつながります。欧米人等は比較的いかり肩の人が多いので肩…

    投稿日:2017/10/16

    仕事中でも肩こりを緩和する方法

    こんにちは、やまがみです。あいにくの天気が続きますね。 今日は『仕事中でも肩こりを緩和する方法です』デスクワークだと肩こりがひどくなってきて仕事にならない!なんて経験があると思います。 そんなあなたに!! 方法①椅子に座ったままでまっすぐ座りましょう自分がまっすぐだと思…

    投稿日:2017/10/16

    あなたはどう?女性は肩こりになりやすい女性の特徴

     前回のコラムで説明したように、日本人女性の約7割が苦しめられている肩こり。(詳しくはこちら・・・男性の肩こりと、女性の肩こりに違いが・・・?詳しく解説いたします!) 肩こり、頸こりによる血行不良は多くの女性が悩む、【お顔のしみ・しわ・たるみ、むくみ】も引きおこします。 …

    全548件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師