鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

肩こりの鍼灸・針治療法、症状・原因別の
対処方法解説

  • 首・肩・腕のお悩み
  • 肩こり

    肩の筋肉は、重い頭や腕を支えている筋肉なので、知らず知らずのうちに負荷がかかってしまう部位です。最近パソコンやスマートフォンを長時間使用していると筋肉が緊張し、さらに負担がかかってしまいます。重度の肩こりになると慢性的な頭痛になったり、吐き気をもよおすこともあるため、慢性化する前に対策しましょう。

     

    【肩こりの症状】

    肩こりとは、首筋や肩、肩甲骨の周辺が重苦しくなった状態のことで、肩に何か乗っているように感じたり、鉄板が中に入っているような違和感を覚える人が多いようです。

    この状態を放置していると次第に痛みを感じるようになり、重度の肩こりになると緊張性の頭痛や、目の疲れ、腕や手の痛みなどに発展するケースがあります。逆に、こりに慣れすぎると、こりを感じなくなってしまう場合もあります。しかし、実際はこりがなくなっているわけではないので、別の場所に不調があらわれてしまいます。例えば、寝違いにつながったり、背中の痛み、腰の痛みなど別の場所の痛みを発症することもあります。

     

    【肩こりの原因】

    肩こりは筋肉の疲労と緊張から起こります。そして、それがなぜ起きるかというと、首や腕に負荷をかけた状態での長時間作業や、精神的なストレス、内臓の不調など原因はさまざまです。肩の周辺に痛みや違和感を覚えることから「肩こり」といわれていますが、実際は「首の後ろ」や「背中」「内臓の不調」に原因がある場合も多いです。原因が様々であるからこそ、痛みやこりが生じている場所と原因のある場所が異なるケースが少なくありません。原因を列記すると以下のようなものが考えられます。

     

    ・疲労

    ・血行不良・冷え

    ・姿勢

    ・精神的ストレス

    ・体型(なでがた)

    ・運動不足

    ・肩に負荷がかかる重い荷物

    ・目の疲れ

    ・内臓の不調

     

    【肩こりの治療法】

    肩こりに期待できるツボは「肩井(けんせい)」「手三里(てさんり)」「列缺(れっけつ)」などです。

     

    肩井・・・

    首の根元から肩先の中間にあるツボ

     

    手三里・・・

    手の甲を上にした状態で腕を曲げ、腕関節にできるしわから指3本分のところにあるツボ

     

    列缺・・・

    手首の内側、脈を感じる場所にあるツボ

     

    西洋医学では痛み止め(鎮痛剤)や筋肉の緊張を和らげる筋弛緩薬を処方したり、痛みがひどい場合はブロック注射を行ったりしますが、これらは対処療法に過ぎません。東洋医学では鍼や灸などを用いて原因となっている場所に直接アプローチし、倦怠感や頭痛などを引き起こしている「こり」を改善します。また肩こりは生活習慣によるところが多いので、ライフスタイルや姿勢の改善などを担当医と相談し、再発しないように努めましょう。

     

    【肩こりに期待できる鍼灸治療の効果】

    東洋医学では、身体と精神は密接な関係にあると考えられています。

    肩こりが悪化すると、イライラしやすくなったり、眠りが浅い、疲れが取れないなどの症状も引き起こすため、早めのケアがお薦めです。

    自宅でマッサージする際には、まず首や肩などの患部をホットタオルなどで温めましょう。タオルが冷たくなったらまたホットタオルを乗せるのを、3~4回繰り返してください。

    肩こりの解消に最も効果的なのは「肩井」のツボといわれています。肩をぐるぐると回しながら人さし指か中指で圧迫しましょう。

     

    全身に倦怠感がある場合は、背中や腰も凝っている可能性があります。肩こりは鍼灸の適応症状の一つですので、マッサージでコリが改善しないと感じたら、鍼灸院で相談してみてください。

    肩こりのコラム一覧

    952

    全952件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/05/26

    噛み締めと肩こりと怒り

    こんにちは。女性に安心の治療院;京都市中京区御所南「鍼灸スノルノ」院長の成岡玉江です。 患者様で多いのが首コリ。 そして多くの方が、噛み締めています。 初めは噛み締めのことを聞いても、寝ている時だからあまり自覚がないという方が多いのですが、 じっくりと聞くと、…

    投稿日:2018/05/26

    長引く肩こりの原因

    肩こり・腰痛など長引く痛みの原因は様々です。仕事中の長時間の同じ姿勢・人間関係によるストレス・運動不足による筋力低下・偏った栄養・睡眠不足・などがあります。 本来人間の身体には「自然治癒力」があります。痛みや炎症を抑えるはたらきをもっています。しかし、仕事の内容やストレスを取り除く事が難し…

    投稿日:2018/05/25

    吐き気をともなう肩こりの対処法をご存知ですか?

    肩こりにはいくつかパターンがありますが、その中で「吐き気がおまけについてくるパターン」の肩こりがあります。今回はその対処法についてお話します。詳しくはこちらをご覧ください

    投稿日:2018/05/25

    血が少ない人にはやたらと発汗してはいけません(^^)

    こんにちは😃ぐっさんです。 今日は6條を話します。 瘡家雖身疼痛不可發汗汗出則痓 瘡家とは、大漢和辞典曰く外科手術のことをさすそうです。 瘡とは、①かさ。できもの。はれもの。皮膚病の総名②そこなふ③きず④きずあと ここでの解釈は手術によって外傷があっ…

    投稿日:2018/05/24

    肩甲骨から後ろ姿も肩こりも変える

    こんにちは。神戸市整体フィットの伊藤ですブログをご覧いただきありがとうございます肩関節の動き、背中の痛み、肩こりなどに関係する肩甲骨にの動きについて書いていきます肩甲骨についてまずは肩甲骨には肋骨側と背中側があります背中側背中側(お腹側)肩甲骨の動き挙上下制外転内転上方回旋(肩甲骨の関節窩:関節面が…

    投稿日:2018/05/24

    プチ不調⑤

    長時間のデスクワークや冷え、精神的な緊張が原因となって筋肉の緊張が起こるのが肩こりの概念です。  【プチ不調〜肩こり〜】東洋医学的には筋肉のこわばりは主に”肝”肝は流通や代謝を司る器官です。肝がダウンすると全身の「気」や「血」の流れが悪くなります。&nbs…

    投稿日:2018/05/24

    【首肩こりとめまいの関係!?】めまい・フラフラするなどの原因の1つに

    日々の生活の中でめまいがするなどありませんか?【めまい?】最近めまいに悩む人が増えているように感じます。訴える症状がめまいだけでなく、カラダがふらつく・フワフワと宙に浮いているような感じがするなど。これらの症状は、内耳の三半規管や平衡感覚の障害が一番に考えられます。でも、なかには耳鼻科など病院へ行っ…

    投稿日:2018/05/24

    鍼の太さを変えてみた!

    三回施術をして変化がなかったので鍼の太さを変えてみました。肩こり治療で来院中の患者さんのお話です私はいつも肩こりの治療には寸3の1番というサイズの鍼を使っています割と細めの鍼です。その鍼で治療をしていたんですが改善が見られなかったので今回、鍼の太さを変えてみました。寸3の2番(ちょっと太くなった程度…

    投稿日:2018/05/24

    治療で悪化する肩こり

    肩と首に凝り感がある時で熱っぽい場合、治療することで悪化する可能性があります。そんな時は、水や気が停滞することで邪熱に変わっていると下手に刺激すると余計にしんどくなります。首肩などの気を流してあげるような鍼灸治療が必要になります。腕にある曲池合谷少海尺沢外関などのツボをよく使います。見極めが重要です…

    投稿日:2018/05/23

    【肩こりとふくらはぎの疲れの関係】ふくらはぎの筋肉を柔らかくする

    足先が冷え切っているくるぶしが見えなくなるくらいむくんでいる頭がスッキリしない頭痛がしやすい首肩がこってるなんてありませんか?足が疲れ過ぎていて寝れないなんてこともあるようですそんな足の症状に低周波治療器(パルス)を使うことがありますふくらはぎの筋肉をシッカリほぐします次第に足の指がリズム良く動き出…

    全952件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師