鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

顔面神経マヒの鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • 頭と目、顔のお悩み
  • 顔面神経マヒ

    顔面神経麻痺とは、顔の半分または一部が突然動かなくなる状態のことです。顔面神経は顔の筋肉を動かす重要な神経であり、脳から耳部分の骨をとおり、耳下腺から表情筋まで広く分布しています。原因不明の場合、西洋医学の治療では時間がかかる場合もあったり、医師のすすめもあって鍼灸治療を併用する人も多いです。

     

    【顔面神経麻痺の症状】

    顔面神経麻痺の特徴として、ある日突然顔の筋肉が動かなくなることが挙げられます。食べ物や飲み物が口から漏れてしまったり、顔が曲がったり、目が閉じにくくなったりするので、すぐに自覚できます。

     

    【顔面神経麻痺の原因】

    顔面神経麻痺は症候性顔面麻痺と、特発性顔面神経麻痺(ベル麻痺)のふたつに分類可能です。何らかの理由によって顔面神経に炎症またはむくみが生じることで神経が圧迫され、麻痺が起こるといわれています。特発性顔面神経麻痺は原因不明の麻痺ですが、最近では単純ヘルペスウイルス1型が関与しているのではないかと推定されています。

     

    【顔面神経麻痺の治療法】

    顔面神経麻痺への効果が期待できるツボは「瞳子髎(どうしりょう)」「翳風(えいふう)」「承漿(しょうしょう)」などがあります。

     

    瞳子髎・・・

    目尻から外側に向かって1cmほど離れた位置にあるツボ

     

    翳風・・・

    耳たぶ後部のくぼみにあるツボ

     

    承漿・・・

    下唇から少し下のくぼみにあるツボ

     

    マッサージをするときは患部にホットタオルを当てるとより効果的です。血液の循環がよくなり、筋肉もほぐれます。お風呂に入っているときにマッサージをするのも有効です。萎縮を防ぐためにも1日1回は行うようにします。

     

    【顔面神経麻痺に期待できる鍼灸治療の効果】

    西洋医療では基本的に薬物投与が行われます。特発性顔面神経麻痺は原因が分かっていないものの、比較的治りやすい病気であり、症状が軽度であれば約1~2か月程度で完治します。ただし、麻痺が長期にわたる場合、顔面の筋肉が萎縮してしまい、回復しても元のように動かすのは困難です。これを防ぐため、鍼灸治療では適度なマッサージをして、筋力の維持を目指します。瞳子髎や翳風などは一人でも気軽に刺激できるツボなのでセルフケアにも有効です。また鍼や灸によるマッサージは顔面神経麻痺の原因のひとつと考えられている血行不良に対しても効果があると考えられています。

    ただし、重度の顔面神経麻痺の場合はマッサージしすぎないようにしましょう。無理に筋肉を動かしすぎると後遺症が残る恐れがあります。無理せずにマッサージをするか、鍼灸院で専門的な処置をしてもらうようにしましょう。

     

    顔面神経麻痺は、身体を休めて心を緊張状態から解放したいという身体からのSOSなので、休養を取ることでも症状の改善が早まります。根詰めて受験勉強に取り組んだ受験生が顔面神経麻痺になり、受験勉強を一時的に休止したら治ったといった症例もあります。

    顔面神経マヒのコラム一覧

    95

    全95件中 1件~10件を表示

    投稿日:2018/05/22

    顔面神経麻痺の程度を評価する方法

    顔面神経の麻痺の程度を評価する方法は「運動評価法」または表情筋スコアとも言う。「運動評価法」は大きく分けて二つの方法がある。一つは「顔面全体の評価法」もう一つは「顔面部位評価法」であり、現在臨床で専門家達によく使われている顔面全体の評価法(House-Brackmann法)と顔面部位評価法(40点柳…

    投稿日:2018/05/22

    顔面神経麻痺でお困りの方へ (鍼灸治療のすすめ)

    顔面神経麻痺でお困りの方へ当院には顔面神経麻痺の患者さんも多く来院されています。もちろん最初の診断、治療は医師にお任せするのが原則ですが、たいていは一週間〜2週間くらいで治療は一旦終わってしまいます。その後の予後は鍼灸治療を併用することを強くお勧めします。顔面神経麻痺の治療は特に、早めに治療開始がと…

    投稿日:2018/05/14

    顔面神経麻痺のリハビリと予後

    注意点とリハビリの方法急性期のリハビリ発症して1~2か月は急性期と言います。高度の神経障害の場合は発症4か月前後に後遺症が出てくることが多いので、経過を診ているうちにリハビリをして、少しでも早いうちに軽減できないものかと思います。急性期リハビリの目標は顔面神経の迷入再生による病的共同運動と顔面拘縮の…

    投稿日:2018/05/14

    ベル麻痺(顔面神経麻痺)

    顔面神経麻痺で人相が変わり悩んでいる方もいると思います。病院でビタミンB12を処方され経過観察が一般的です。東洋医学では顔面神経麻痺は【口眼歪斜】〈こうがんわいしゃ〉と呼ばれます。主な原因は風寒の邪であると言われいます。この風寒の邪が経絡を阻滞させると顔面麻痺が起こると言われています。バイクで風を切…

    投稿日:2018/05/08

    病院での顔面神経麻痺の主な治療法

    西洋医学の治療法顔面麻痺の薬物療法Ⅰ)副腎皮質ホルモン急性期治療として経口副腎皮質ホルモンおよび抗ウイルス薬の使用が推奨されてます。麻痺の発症早期に経口副腎皮質ホルモンおよび抗ウイルス薬が使用されることが多いです。発症1週間以内の副腎皮質ホルモン投与が寛解率を17%増加させ、さらに副腎皮質ホルモン投…

    投稿日:2018/05/06

    土用における顔面の痙攣

    こんにちは😃新ノ口駅徒歩5分で鍼灸接骨院、漢方薬店をやってるぐっさんです。 今日は左顔面痙攣の方の症例を書きたいと思います。 患者の年齢は50代女性の医療従事者の方です。 昨年の11月から左顔面痙攣を起こしていて、脳外科や神経内科に検査してもらったが何も異常がみつからな…

    投稿日:2018/04/28

    顔面神経麻痺になったら?

    この2週間で、当院では顔面神経麻痺の患者さんが4名来られました。12歳の小学生から70歳の大人まで、4名とも発症が1カ月前後でした。東洋医学ではストレスや過度の疲労などの原因で体力と免疫力が低下したところ、風邪・寒邪が虚に乗じて、顔面を支配している主な脈絡に陽明、少陽という脈絡を侵入して、脈絡の流れ…

    投稿日:2018/04/26

    ベル麻痺とハント症候群への鍼灸治療方法!

    【ベル麻痺とハント症候群】原因不明で起こる顔面神経麻痺。多くはストレスとは言われていますが、両者の大きな違いはウイルスによる違いです。ウイルスが原因で予後が芳しくないのがハント症候群です。子供の頃のかかった水疱瘡のような物が顔に出てしまう傾向があり、稀に出ない事もあります。発症して一週間の血液検査で…

    投稿日:2018/04/20

    顔面神経の回復期における注意点

    Ⅰ強い鍼を避ける強い鍼や低周波などは麻痺側の筋肉を収縮させることによって、回復期では顔面神経核の興奮性が亢進しているために共同運動が出現しやすくなり、顔面拘縮の誘因になることもあります。Ⅱ顔面神経麻痺のマッサージについてマッサージは麻痺した顔面筋肉の走行に沿って気持ちのよい強さでけっこうです。または…

    投稿日:2018/04/13

    顔面神経麻痺の鍼灸治療

    鍼灸治療について化学薬品等によって攻撃的に病気と闘う現代医学とは異なり、人間が本来持っている自然治癒力(病気やけがを治そうとする力)を活性化し、ホメオスタシス(生体恒常性保持機能・体の状態を一定に保とうとする機能)を働かせることにより、病気の治療にあたるソフトな医療です。また、薬でよく言はれる副作用…

    全95件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師