鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

難聴・耳鳴りの鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • 頭と目、顔のお悩み
  • 難聴・耳鳴り

    耳鳴りや難聴にお悩みの場合、耳鼻科へ通う人が多いようですが、内耳や三半規管などを調べてみても「異常が見られない」というケースが多々あります。難聴・耳鳴りの原因はストレスによる自律神経失調がほとんどであり、鍼灸治療が効果的です。

     

     

    【難聴・耳鳴りの症状】

    難聴や耳鳴りは耳疾患の2大症状です。難聴とは聴力が低下することで、特定の音が聞こえづらかったり、言葉が聞き取りにくいなどの症状が見られます。耳鳴りとは「キーン」や「ブーン」といった煩わしい音が聞こえる状態を指します。

     

    【難聴・耳鳴りの原因】

    難聴・耳鳴りの原因は大きく分けると5つに分けられます。

     

    (1)耳の異常

    耳(内耳や中耳)に細菌が入って炎症を起こすことで、音が聞こえづらくなったり、耳鳴りが生じます。

     

    (2)脳の異常

    腫瘍や血栓などが原因で脳神経が圧迫されると、耳鳴りを感じることがあります。

     

    (3)ストレスや疲れ

    ストレスや疲れがたまると自律神経に異常が生じ、難聴や耳鳴りが生じます。「キーン」という高音の耳鳴りが多いです。

     

    (4)老化

    加齢による血流障害で音が聞こえづらくなったり、耳鳴りが起こる可能性があります。

     

    (5)頭蓋骨のゆがみ

    頭蓋骨にゆがみが生じることで三半規管が圧迫されて、難聴や耳鳴りが生じることがあります。

     

    西洋医学の場合、難聴は聴覚検査によって原因を特定することが可能です。しかし、耳鳴りは本人にしか症状が分からないため、検査によって障害部位を調べることは困難とされています。

     

    最近の現代病として、スピーカーやヘッドホンなどでの長時間にわたって、大音量で音楽などを聴くことで聴力が低下するようなケースも増えています。

     

    【難聴・耳鳴りの治療法】

    難聴・耳鳴りに効果が期待できるツボは「翳風(えいふう)」「聴宮(ちょうきゅう)」「中渚(ちゅうしょ)」などがあります。

     

    翳風・・・

    耳たぶの後ろ、口を開けるとくぼむところにあるツボ

     

    聴宮・・・

    耳珠(耳の顔側にあるでっぱり)の前方、口をあけるとくぼむところにあるツボ

     

    中渚・・・

    手の薬指と中指の付け根を甲側にたどり、関節がくっついているところにあるツボ

     

    「耳の異常」や「脳の異常」が見られる場合は外科的な処置が必要です。命に関わるケースもあるので、耳に異常を感じた場合はすぐに検査を受けてください。検査を受けても症状が分からない場合は「ストレスや疲れ」「頭蓋骨のゆがみ」が原因かもしれません。このような場合は、鍼や灸による治療や、マッサージが有効です。慢性的な難聴・耳鳴りに悩んでいる人は鍼灸院をご利用ください。

     

    【難聴・耳鳴りに期待できる鍼灸治療の効果】

    東洋医学では、難聴・耳鳴りはストレスや疲れ、加齢が原因といわれています。耳そのものに異常がない場合は、自律神経を調整する治療を行います。東洋医学でいうと、三焦経(さんしょうけい)という経絡(正式には経脈と言いますが、複雑なので割愛します)を中心に、治療していきます。

    鍼灸治療でツボを刺激することで血流改善や、精神や体がリラックスして、症状が軽くなることがあります。翳風や聴宮などはちょっとした空き時間などに刺激できるので、リフレッシュにも最適です。耳は全身に対応したツボが凝縮している場所であり、定期的にマッサージをすることで健康管理にもつながります。

     

    難聴・耳鳴りのコラム一覧

    731

    全731件中 1件~10件を表示

    投稿日:2019/01/16

    ジ―――っという耳鳴りの治療

    【耳鳴の原因】神経説:聴覚に関する蝸牛神経の興奮性が何らかの原因で過敏になって聞こえる伝音説:音を伝える耳小骨の痙攣などが耳鳴として聞こえたり、耳垢が鼓膜に接して聞こえる外耳疾患:外耳道遺物中耳疾患:急性中耳炎、慢性中耳炎内耳疾患:メニエール病 【鍼灸治療】難聴、耳鳴とも治療困難な症状です…

    投稿日:2019/01/11

    難聴・耳鳴り改善のしかた

    耳鳴りも難聴も経絡の気が滞っているので、鍼によって経穴を刺激して、気の流れを改善します。特に耳鳴り、難聴に効果を発揮する耳たぶの後ろの翳風(えいふう)、耳の穴の前にある耳門(じもん)、首と後頭部の境目にある風池(ふうち)への施術は重要です。そして、首の周囲、耳の周囲に重点的にマッサージの手技を施しま…

    投稿日:2019/01/10

    聴力の回復には「頭蓋骨の歪み」を整えましょう

    突発性難聴専門さいとう難聴鍼灸院です。   難聴とは、音の聞こえに異常が起きている状態です。伝音性難聴と感音性難聴に分類され、両者は難聴の病態も、また原因も異なります。  一般人が難聴と聞いて想像する状態は、高齢者の「耳が遠い」ということでしょう。耳…

    投稿日:2019/01/09

    繰り返す寝違えは難聴に注意

    突発性難聴専門さいとう難聴鍼灸院です。  難聴は、異常が起きている部位で分類すると伝音性難聴と感音性難聴に分かれます。  図引用http://www.minamitohoku.or.jp/up/news/konnichiwa/200910/homeclinic…

    投稿日:2019/01/08

    肩こりと耳鳴りはどうつながる?

    突発性難聴専門さいとう難聴鍼灸院です。  多くの場合、耳鳴りは患者さん本人しか聞こえない自覚的な症状です。その音の聞こえ方は様々で、セミの鳴き声や金属音、血管の拍動音や水の流れる音などいろいろとあります。   耳鳴りは病名ではなく症状ですので、耳鳴り…

    投稿日:2019/01/08

    朝起きたら突然耳が…!変!!!【名古屋市緑区幹整体院】

    皆さま、こんにちは。名古屋市緑区幹整体院の鍼灸師、近藤です。  皆さま、耳について、何か不調を感じたことはありませんか? 私は今朝、急に耳の詰まり感を感じ、大いに驚きました。  耳鳴りとも違うような、水が入ったとも違うような。感覚としては、無音の何も…

    投稿日:2019/01/08

    なぜ、鍼灸治療のみでは聴力は回復しないのか?

    突発性難聴専門さいとう難聴鍼灸院です。  突発性難聴は老若男女関係なく、ある日突然発症する片耳の感音性難聴です。その詳しい原因は不明な点が多く、それゆえ急性期以降の有効な治療法は確立されていません。  突発性難聴の有力な説として、有毛細胞へのウイルス感染説と、…

    投稿日:2018/12/27

    耳鼻疾患の子どもたち

    いつもお読みいただきありがとうございます!このような記事を見つけました。(朝日新聞さん)以前、中耳炎、副鼻腔炎の男児が急増した時期がありました。男性と女性では男性の方が「陽」体質にあり、熱を持ちやすい体質です。特に子供のさんの場合には「陰陽」が極まりやすいのです。そして、皆さんご存知だと思いますが、…

    投稿日:2018/12/25

    耳詰まり・耳鳴りを緩和する方法

    こんにちは。女性の心と身体の健康を応援しているMotherEarthの鍼灸師平井アスカです。当院には耳鳴り・難聴・耳詰まりなどお耳の不快な症状に悩まれて、ご来院される方が多くいらっしゃいます。「ずっと忙しかった」「寝不足が続いていた」「疲労がたまっていた」など、緊張が続く何か月の後、突然発症するパタ…

    投稿日:2018/12/22

    聴力の回復に必要なこと

    突発性難聴専門さいとう難聴鍼灸院です。  鍼灸院に多く来院する難聴患者は、感音性難聴の代表例である突発性難聴です。 突発性難聴は原因不明の急性の片耳難聴で、治療開始の遅れは予後の悪化を招くとされています。 そのため、米国の突発性難聴治療ガイドラインにおいて、発…

    全731件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師