鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

眼科疾患・眼精疲労の鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • 頭と目、顔のお悩み
  • 眼科疾患・眼精疲労

    パソコンやスマートフォンの普及によって、眼科疾患・眼精疲労に悩む人が年々増加しています。休憩や睡眠を取ることで症状が改善する「疲れ目」とは異なり、症状が慢性的になってしまった状態を医学的には「眼精疲労」といって区別しています。

     

    眼科疾患・眼精疲労による不快感から食欲減退やストレスの増加につながる場合もあるため、症状が重くなる前に治療やセルフケアを行うようにしましょう。

     

     

    【眼科疾患・眼精疲労の症状】

    主な症状としては、目の疲れ・目の奥が痛い・目が重い・しょぼしょぼする・涙が出る・目がかすむなどがあり、ひどくなると肩こり・頭痛・吐き気を引き起こすこともあります。

     

    【眼科疾患・眼精疲労の原因】

    眼科疾患・眼精疲労の原因は大きく分けると3つの原因があります。

     

    (1)目の使いすぎ

    眼精疲労で最も多いのが「目の使い過ぎ」です。眼球周辺の筋肉が疲労することで起こります。ドライアイなどの眼科疾患につながることもあるので注意しましょう。

     

    (2)近視・乱視などの視力低下

    視力が悪いと目をこらすことが多くなるので、眼精疲労が起こりやすくなるといわれています。またメガネやコンタクトレンズの度が合っていない場合も同様です。

     

    (3)ストレス

    ストレスが多いと自律神経の働きが悪くなり、目の周りの筋肉が緊張したり、血行障害に陥ることがあります。また、首・肩のコリによっても目の疲れは悪化します。

     

    (4)身体の疲れ

    目は、身体のなかでも新鮮な血液を必要とする器官のため、身体が疲れると新鮮な血液が巡らず、普段以上に目の疲れを感じる場合があります。

     

    【眼科疾患・眼精疲労の治療法】

    眼科疾患・眼精疲労に期待できるツボは「睛明(せいめい)」「眼点(がんてん)」「太衝(たいしょう)」などがあります。

     

    睛明・・・

    目頭の少し上にあるくぼみにあるツボ

     

    眼点・・・

    手の親指、関節内側部分にあるツボ

     

    太衝・・・

    足の甲、人差し指と親指の骨がぶつかるツボ

     

    ちょっとした休憩時間などに、気持ちいいと感じる強さで睛明や眼点のツボを刺激してみましょう。ホットタオルなどで温めるのも効果的です。

    ただし、目に雑菌が入ってしまうと炎症を起こす可能性があります。目の周辺にあるツボを刺激する場合は、手をきれいに洗ってからマッサージするようにしてください。

     

    【眼科疾患・眼精疲労に期待できる鍼灸治療】

    東洋医学には陰陽五行という考え方があり、臓器を肝・心・脾・肺・腎の5つに分類します。これら5つのなかで、目は特に気の流れを調節している「肝」の経絡に関係があると考えられています。自律神経のバランスが乱れて「肝」の働きが低下すると、血(けつ)の流れが悪くなり、全身のコンディションも低下傾向に。

    また「肝」は精神とも関わっており、「肝」の不調は、慢性的なイライラや、うつ状態を招きやすいともいわれています。

    直接目の血行を促す治療と同時に、肝の不調を改善する治療を行うと、その場で視界が明るく感じ、目が見えやすくなったと感じます。

    目の疲れは、身体からのSOS。セルフケアでは改善が見込めない場合は鍼灸院で鍼や灸などを用いた治療を行いましょう。

    眼科疾患・眼精疲労のコラム一覧

    266

    全266件中 1件~10件を表示

    投稿日:2017/10/17

    目と肝臓

    当院は静岡県浜松市の「美容鍼灸」専門の治療院です。当院では患者様にしっかり効果を実感してほしいので顔だけに施術する事は致しません。健康な体があってこそ、美容は成り立ちます。と「美容鍼」を受診したい患者様には必ずお話しています。眼の周囲のケアには、肝機能の治療の施術を欠かしません。つまり総合的な治療を…

    投稿日:2017/10/16

    ドライアイについて

    秋のお祭りが多い季節ですが、あいにくの雨続きですね。  幸い仕事と家庭を両立できている日々ですが、気温の変化が激しく、自律神経は乱れやすいため、食生活にお豆を取り入れてます。  黒豆茶、納豆、お味噌といった手に入りやすいものばかり。  自律…

    投稿日:2017/10/14

    眼科鍼灸の専門家が治りにくい眼精疲労の原因を教えます。

    OA作業が多い方で、常に目が疲れている、頭が重い、首が凝るという方は、眼精疲労から起こる脳の疲れが原因の可能性が高いです。眼精疲労が強くなると、遠近調節機能が落ちることと、心理的なイライラが作用して、脳の機能が混乱します。こうした脳の疲れが原因で起こる頭痛や頭重感に、鍼灸治療が効果的に働きます。&n…

    投稿日:2017/10/13

    顔のこりを解消し目がぱっちり!

    日常生活に欠かせなくなったスマホやタブレット、パソコン。これらの普及により眼精疲労を訴える方の年齢層が若年化しています。今後も欠かせないアイテムであるこれらの機器と上手に付き合うには自己の体調管理が重要となるのですが、一番のポイントは【まばたき】です。この自然と起こるはずの動作が減っているのも眼精疲…

    投稿日:2017/10/12

    【認定美容鍼灸監修】男性よりも女性の方が眼精疲労は起こりやすかった理由まとめ

    近年、よく耳にするようになったVDT症候群正式名称を(V)ビジュアル・(D)ディスプレイ・(T)ターミナル)といい長時間のパソコン作業やスマホ操作が原因で起こる症状のことを「VDT症候群」といいます。 一見するとただの眼精疲労と捉えられることもありますがその症状は多岐にわたり、肉体的な症状…

    投稿日:2017/10/08

    緑内障の方へオススメのツボ5個

     緑内障の方へオススメのツボ5個  緑内障の方に限らず、目の症状でお困りの方々にもオススメです。  短い時間でも良いので、毎日こつこつされると効果を実感できます。  目のマッサージ、ツボ刺激に興味ある方は、お気軽にお問い合わせくだ…

    投稿日:2017/10/07

    眼精疲労への対処方法

    千葉市緑区おゆみ野にある鍼灸サロン鍼灸サロンKomachiの森屋です。ご覧くださりありがとうございます。 パソコンやスマホを使って眼精疲労で悩んでいる人は多いです。 目の周りにはたくさんのツボがあります。それを指圧するのも良いですが温めるのがおすすめです。 フェイスタオ…

    投稿日:2017/10/04

    検査では異常がないのに見えにくい

     眼科疾患の方を治療していると、視力的には決して悪くないのに、「とても見えにくい。」と訴える方がいらっしゃいます。今現在私が治療している患者さんにも、大学病院での検査では、視力、視野、眼圧等で全く問題ない状態でも、非常に見えにくいと仰っています。こうした訴えが出ることは、実はごく当たり前の…

    投稿日:2017/10/04

    頭痛、めまい、自律神経失調症にも効くツボ、風池、パート2

    風池、というツボは肩こり、頭痛だけでなく、目の疲れや頭がボーっとして働かない、フラフラする、など様々な症状に有効です。 前回書きました、首を横に向け、緩むのを待つ、という方法でイマイチな方は少し手間がかかりますが、以下の方法を試してみてください。ただし、ふらつきや、めまいのある方、血圧異常…

    投稿日:2017/10/03

    疲れ目と眼精疲労は違う?

    こんにちは。埼玉県越谷市で身体のサポートをしておりますローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店鍼灸師の橋本です。今回は「眼精疲労」についてお話し致します。最近はパソコンやスマートフォンの普及で、目を酷使することが増えてきました。目がシバシバして疲れが取れない目の奥がズーンとしている寝ても充血している目が疲れ…

    全266件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師