鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

眼科疾患・眼精疲労の鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • 頭と目、顔のお悩み
  • 眼科疾患・眼精疲労

    パソコンやスマートフォンの普及によって、眼科疾患・眼精疲労に悩む人が年々増加しています。休憩や睡眠を取ることで症状が改善する「疲れ目」とは異なり、症状が慢性的になってしまった状態を医学的には「眼精疲労」といって区別しています。

     

    眼科疾患・眼精疲労による不快感から食欲減退やストレスの増加につながる場合もあるため、症状が重くなる前に治療やセルフケアを行うようにしましょう。

     

     

    【眼科疾患・眼精疲労の症状】

    主な症状としては、目の疲れ・目の奥が痛い・目が重い・しょぼしょぼする・涙が出る・目がかすむなどがあり、ひどくなると肩こり・頭痛・吐き気を引き起こすこともあります。

     

    【眼科疾患・眼精疲労の原因】

    眼科疾患・眼精疲労の原因は大きく分けると3つの原因があります。

     

    (1)目の使いすぎ

    眼精疲労で最も多いのが「目の使い過ぎ」です。眼球周辺の筋肉が疲労することで起こります。ドライアイなどの眼科疾患につながることもあるので注意しましょう。

     

    (2)近視・乱視などの視力低下

    視力が悪いと目をこらすことが多くなるので、眼精疲労が起こりやすくなるといわれています。またメガネやコンタクトレンズの度が合っていない場合も同様です。

     

    (3)ストレス

    ストレスが多いと自律神経の働きが悪くなり、目の周りの筋肉が緊張したり、血行障害に陥ることがあります。また、首・肩のコリによっても目の疲れは悪化します。

     

    (4)身体の疲れ

    目は、身体のなかでも新鮮な血液を必要とする器官のため、身体が疲れると新鮮な血液が巡らず、普段以上に目の疲れを感じる場合があります。

     

    【眼科疾患・眼精疲労の治療法】

    眼科疾患・眼精疲労に期待できるツボは「睛明(せいめい)」「眼点(がんてん)」「太衝(たいしょう)」などがあります。

     

    睛明・・・

    目頭の少し上にあるくぼみにあるツボ

     

    眼点・・・

    手の親指、関節内側部分にあるツボ

     

    太衝・・・

    足の甲、人差し指と親指の骨がぶつかるツボ

     

    ちょっとした休憩時間などに、気持ちいいと感じる強さで睛明や眼点のツボを刺激してみましょう。ホットタオルなどで温めるのも効果的です。

    ただし、目に雑菌が入ってしまうと炎症を起こす可能性があります。目の周辺にあるツボを刺激する場合は、手をきれいに洗ってからマッサージするようにしてください。

     

    【眼科疾患・眼精疲労に期待できる鍼灸治療】

    東洋医学には陰陽五行という考え方があり、臓器を肝・心・脾・肺・腎の5つに分類します。これら5つのなかで、目は特に気の流れを調節している「肝」の経絡に関係があると考えられています。自律神経のバランスが乱れて「肝」の働きが低下すると、血(けつ)の流れが悪くなり、全身のコンディションも低下傾向に。

    また「肝」は精神とも関わっており、「肝」の不調は、慢性的なイライラや、うつ状態を招きやすいともいわれています。

    直接目の血行を促す治療と同時に、肝の不調を改善する治療を行うと、その場で視界が明るく感じ、目が見えやすくなったと感じます。

    目の疲れは、身体からのSOS。セルフケアでは改善が見込めない場合は鍼灸院で鍼や灸などを用いた治療を行いましょう。

    眼科疾患・眼精疲労のコラム一覧

    184

    全184件中 1件~10件を表示

    投稿日:2017/05/24

    ルテインの効果

    えんじゅの武田です。 ルテインついてルテインは効率よく目に光を吸収できるように、あえて光を弱める働きがあります。しかし、加齢や食事によりルテインが不足すると光から目を守る機能が低下し、白内障、緑内障や加齢性黄斑変性症になどになるリスクが高くなります。加齢は止められませんので、食事でルテイン…

    投稿日:2017/05/22

    近視の予防

    えんじゅの武田です。 最近の研究で380nmの光を浴びると、近視が予防できると言われています。この光は「バイオレットライト」と呼ばれています。 バイオレットライトに浴びることで、眼軸長が伸びるのを予防できます。 近視の原因の一つに眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が長くな…

    投稿日:2017/05/20

    顔色、眼の下のクマ

    30代女性眼の下のクマ、眼精疲労など不眠冷え性、全身疲労が有る患者さんです。全身指圧と美容鍼をしました。一週間ぶりに、本日来院されました。全体に体調も良くなっていて、特に顔色が大変良くなっていて眼の下のクマも目立たなくなっていました。また来週、来られる予定です。このような症状の方は、是非試して見て下…

    投稿日:2017/05/19

    緑内障に対するセルフケア

    こんにちは。横浜市鶴見区で鍼灸院を開いております羅針堂鍼灸整体院の院長佐藤です。  今回は緑内障専門の会社から記事の依頼を受けたこともあり緑内障に関する記事を書きました。  緑内障が少しでも改善したり、進行が遅くなってもらいたいと思いこの記事を書かせて頂きまし…

    投稿日:2017/05/19

    眼精疲労には鍼灸治療が効果的

    こんにちは!  会社ではパソコン・・・家ではスマホ・・・ 肩もこりますし、目が疲れている方がほとんどではないでしょうか? また、最近は日差しも強いです!日差しが目から入ることによっても目は疲れます。シミ予防にもサングラス必須ですね(>_<)&nbs…

    投稿日:2017/05/17

    現代人の目の疲れには鍼灸が最適解!!

    こんにちは!名古屋栄の美容鍼サロンこもの鍼灸院栄です! 暖かくなり花粉や黄砂など大気の影響を受け何かとこの時期あたりから調子が悪くなりがちなのが「目(眼)」近年ではPCやスマホ等のディスプレイから出る【ブルーライト】が目に与える影響について良く耳にします。 かく言う私も角膜炎にな…

    投稿日:2017/05/13

    連休後のお仕事で眼精疲労を感じた時のツボ

    今年のゴールデンウイークは、キッチリ日曜で終わりでしたので明けのお仕事は一週間フルでしたね。長い連休の後のお仕事は、体のリズムが慣れずに疲労がでやすいです。特にパソコンをよく使うお仕事をされる方は、眼の疲れが顕著なはずです。そんな時に有効なツボはこちら 合谷(ごうこく)です人差し指と親指の…

    投稿日:2017/05/12

    頭痛や首のコリは眼精疲労が原因かもしれません

    パソコン作業や事務仕事で目を酷使すると目の筋肉が疲労を起こすとともにドライアイなどで目に痛みが現れます健康な方であれば一日休んで寝てしまえば回復しますが毎日長時間パソコンなどで目を酷使すると寝ても、目を休ませても痛みが引かず首のコリと伴って自律神経に異常をきたし治りの悪い頭痛などに移行していきます肩…

    投稿日:2017/05/08

    仕事モードに切り替えられないあなたへ

    さて、楽しいGWも終わってしまいました。今日はなかなかお仕事に集中しきれなかった方も多いのではないでしょうか?確かに、いきなりお休みモードから、通常お仕事モードに戻るのは難しいですよね。なかなか仕事集中モードに入れない人は、「なんて私はだめだめなんだ!」と落ち込まずに、いったんストレッチを。通ってい…

    投稿日:2017/05/06

    鍼灸で視力回復

    今までに、眼科疾患も色々と見てきました。 緑内障、白内障、黄斑変性、近視や乱視、視力低下、眼精疲労と頭痛・・・最近では、合併症からくる黄斑変性による視力低下に対し、4日間の鍼灸治療をしました。眼の周りには鍼を一本だけ。あとは全身調整とお灸を中心に、30分程の治療。その後、病院に検査にいくと…

    全184件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師