鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

眼科疾患・眼精疲労の鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • 頭と目、顔のお悩み
  • 眼科疾患・眼精疲労

    パソコンやスマートフォンの普及によって、眼科疾患・眼精疲労に悩む人が年々増加しています。休憩や睡眠を取ることで症状が改善する「疲れ目」とは異なり、症状が慢性的になってしまった状態を医学的には「眼精疲労」といって区別しています。

     

    眼科疾患・眼精疲労による不快感から食欲減退やストレスの増加につながる場合もあるため、症状が重くなる前に治療やセルフケアを行うようにしましょう。

     

     

    【眼科疾患・眼精疲労の症状】

    主な症状としては、目の疲れ・目の奥が痛い・目が重い・しょぼしょぼする・涙が出る・目がかすむなどがあり、ひどくなると肩こり・頭痛・吐き気を引き起こすこともあります。

     

    【眼科疾患・眼精疲労の原因】

    眼科疾患・眼精疲労の原因は大きく分けると3つの原因があります。

     

    (1)目の使いすぎ

    眼精疲労で最も多いのが「目の使い過ぎ」です。眼球周辺の筋肉が疲労することで起こります。ドライアイなどの眼科疾患につながることもあるので注意しましょう。

     

    (2)近視・乱視などの視力低下

    視力が悪いと目をこらすことが多くなるので、眼精疲労が起こりやすくなるといわれています。またメガネやコンタクトレンズの度が合っていない場合も同様です。

     

    (3)ストレス

    ストレスが多いと自律神経の働きが悪くなり、目の周りの筋肉が緊張したり、血行障害に陥ることがあります。また、首・肩のコリによっても目の疲れは悪化します。

     

    (4)身体の疲れ

    目は、身体のなかでも新鮮な血液を必要とする器官のため、身体が疲れると新鮮な血液が巡らず、普段以上に目の疲れを感じる場合があります。

     

    【眼科疾患・眼精疲労の治療法】

    眼科疾患・眼精疲労に期待できるツボは「睛明(せいめい)」「眼点(がんてん)」「太衝(たいしょう)」などがあります。

     

    睛明・・・

    目頭の少し上にあるくぼみにあるツボ

     

    眼点・・・

    手の親指、関節内側部分にあるツボ

     

    太衝・・・

    足の甲、人差し指と親指の骨がぶつかるツボ

     

    ちょっとした休憩時間などに、気持ちいいと感じる強さで睛明や眼点のツボを刺激してみましょう。ホットタオルなどで温めるのも効果的です。

    ただし、目に雑菌が入ってしまうと炎症を起こす可能性があります。目の周辺にあるツボを刺激する場合は、手をきれいに洗ってからマッサージするようにしてください。

     

    【眼科疾患・眼精疲労に期待できる鍼灸治療】

    東洋医学には陰陽五行という考え方があり、臓器を肝・心・脾・肺・腎の5つに分類します。これら5つのなかで、目は特に気の流れを調節している「肝」の経絡に関係があると考えられています。自律神経のバランスが乱れて「肝」の働きが低下すると、血(けつ)の流れが悪くなり、全身のコンディションも低下傾向に。

    また「肝」は精神とも関わっており、「肝」の不調は、慢性的なイライラや、うつ状態を招きやすいともいわれています。

    直接目の血行を促す治療と同時に、肝の不調を改善する治療を行うと、その場で視界が明るく感じ、目が見えやすくなったと感じます。

    目の疲れは、身体からのSOS。セルフケアでは改善が見込めない場合は鍼灸院で鍼や灸などを用いた治療を行いましょう。

    眼科疾患・眼精疲労のコラム一覧

    232

    全232件中 1件~10件を表示

    投稿日:2017/08/19

    目にお灸

    こんにちは、えんじゅの武田です。 目のお灸について 目の症状でお悩みの方に、お灸をおすすめしています。 全身の流れを整えた後に、目の上にお灸をのせます。  ほとんどの方が、おやすみモードに入られます。 いきなりお灸するよりも流れを整えてから…

    投稿日:2017/08/17

    目の疲れに鍼を!!

    こんばんわ森野です。最近昔のゲーム(スーパーファミコン)を懐かしくやっていましたら、眼精疲労が強くなって来ました。とりあえず顔回りの眼精疲労に効くツボに鍼を打って寝てました。顔回りの鍼は美容以外にも、眼精疲労、頭痛や神経痛、めまい等にも効果があります。顔回りに鍼は怖いという方が多いですが、当院の鍼は…

    投稿日:2017/08/16

    眼精疲労でお困りの方

    鍼灸コンパスご覧の皆様今日は「眼精疲労」についてお話し致します。最近はパソコンやスマートフォンの普及で、目を酷使することが増えてきました。目がシバシバして疲れが取れない目の奥がズーンとしている寝ても充血している目が疲れてくると、首・肩も痛くなってくる首・肩だけでなく、頭痛もしてくる上記のような症状に…

    投稿日:2017/08/12

    眼精疲労・ドライアイのセルフケア方法

     札幌市営地下鉄、豊水すすきの駅1番出口より徒歩1分ゆず鍼灸治療院の袴谷です。本日の札幌市はあいにくの雨・・・帰省でお車を運転される方は十分にご注意ください。本日のテーマ『眼精疲労・ドライアイのセルフケア方法』パソコン作業やスマホの画面を見る時間が長くなり、眼精疲労を訴える方が非常に多いで…

    投稿日:2017/08/08

    眼精疲労の対処法について

    眼精疲労の対処法について<br>このような場合に、目の周りに鍼を施すと非常に効果的です。<br>鍼以外の方法としては、目を休ませる、目薬、目を暖める、遠くを見るなどありますが、即効性では鍼が一番です。<br>ただし、目の周りに行いますから、経験がないとあまり効果は…

    投稿日:2017/08/07

    美容鍼は美容の効果だけではない?

    眼精疲労や頭痛、肩こりなどパソコンやスマホが生活の一部となっている現代では辛い症状を抱えている方が多くなっています しかし辛い症状を抱えたまま毎日を過ごすのはいやですよね でもなかなか治療に行く時間が取れない…そのような人はセルフケアを行なって少しでも症状を改善しま…

    投稿日:2017/08/07

    目を疲れさせちゃメッ!

    こんにちは。東京都足立区でお身体の鍼で健康のサポートをしております鍼灸師の鳥海です。 近年ではパソコン・スマートフォンの普及で眼が疲れる方も多いのではないでしょうか。眼精疲労になると、主に・目がかすむ・頭痛・目の奥が痛くなる・吐き気等の症状が現れます。 眼精疲労になってしまう原因…

    投稿日:2017/08/07

    目の疲れ

    こんにちは!心斎橋・長堀橋にあります、美容鍼灸・整体HARIS院長Shimです。今回は目の疲れに効くツボについてお話します。あなたは普段スマホやパソコンとにらめっこしていませんか? 長時間スマホやパソコン画面とにらめっこしていると、小さな顔の筋肉ですら疲労を覚えます。ディスプレイに集中して…

    投稿日:2017/08/03

    目のかすみ、視力減退の東洋医学的原因4

     前回は脾虚気陥によるものについて書きました。     今回は肝腎陰虚による目昏について書いていきます。     1風痰上擾(ふうたんじょうじょう)によるもの  &nbs…

    投稿日:2017/08/03

    ブルーベリーだけじゃない!眼にいい食べ物

     赤ワインと同じくらい抗酸化力のある食べ物・・・それは「ナス」、ただし、皮ごと食べた場合です ナスの皮に含まれるナスニンはアントシアニン・ボリフェノールを多く含んでいてしかも加熱に強いのです ナスニンを発見したのは、黒田さんという、日本人女性学者でしたナスニンは、目の機…

    全232件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師