鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

頭痛・偏頭痛の鍼灸・針治療法、症状・原因別の対処方法解説

  • 頭と目、顔のお悩み
  • 頭痛・偏頭痛

    ひとくちに「頭が痛い」といっても、頭痛にはズキズキ脈打つように痛む「血管性頭痛」や、後頭部が痛んで肩こりをともなう「筋緊張型頭痛」、精神的なストレスが原因となる「心因性頭痛」などがあります。また風邪や目の疲れなどが原因となる場合もあります。

    頭痛は重大な病気の予兆である場合もあり、突発的な激しい頭痛は医師の診断を受けるべきです。ここではそういった重篤な疾患性のない頭痛の治療や緩和について説明していきます。

     

    【頭痛・偏頭痛の症状】

    血管性頭痛はこめかみから目にかけての一帯を中心にズキズキと脈を打つように痛み、時に吐き気をともないます。歩いたり体を動かしたりすると痛みはさらに増します。頭の片側だけが傷む場合は「偏頭痛(片頭痛)」と呼ばれます。

     

    筋緊張型頭痛は後頭部や頭の両脇、首筋などがギュッと締めつけられるように痛むのが特徴です。倦怠感がともなうこともあります。

     

    心因性頭痛は痛みの程度としては比較的軽く、鈍い圧迫痛が続きます。特に発生する部位は特定されず、頭痛の部位が移動することもあります。

     

    【頭痛・偏頭痛の原因】

    血管性頭痛は脳の血管の一部で血液の流れが悪くなり、血流量を増やすために血管が拡張し、その際に痛みが発生すると考えられています。頭痛が起こる前兆として、目の前にチカチカとしたフラッシュのような光が現れたり、視野の一部が見えにくくなる閃輝暗点(せんきあんてん)が出ることもあります。睡眠不足や寝過ぎ、過労、心身がストレスから解放された直後などにおきやすいとされています。

     

    緊張型頭痛は頭、首、肩の筋肉が緊張して血流が悪くなり、その周辺の神経が刺激されておきると考えられていますが、精神的な悩み・不安・抑うつ状態など、心因性頭痛と同じ原因で発生する場合もあります。

     

    心因性頭痛は精神的な悩み・不安・抑うつ状態などによって発生します。

     

    どの頭痛にも共通する原因として、身体の冷え(特に下半身の冷え)、首のこり、肩こりもあげられます。

    図解してみましょう。

     

    気球と同じで、熱は上にあがる性質があります。身体のなかでも同じで、下半身が冷えると、身体のなかの熱は上にあがります。上にあがった熱は、首から上の頭部にまであがると逃げ場がなくなり、頭部に熱がこもります。すると、首や肩などのこりが強い部分にも熱がこもり、こりによって神経が圧迫されるので、痛みを伴うようになります。

     

    【頭痛・偏頭痛の治療法】

    頭痛には、くも膜下出血や脳腫瘍、髄膜炎などの疾患によって発生する「二次性頭痛」というタイプがあります。突然の頭痛や、今までに経験したことがない頭痛、しだいに頻度が増え症状も悪化していく頭痛などは二次性頭痛のおそれがありますので、すみやかに医師の診断を受けるべきです。

     

    そういった疾患性のない一次性頭痛であれば、鍼灸治療では百会(ひゃくえ)、合谷(ごうこく)、頷厭(がんえん)といったツボに刺激をあたえて治療していきます。偏頭痛の場合は頭維(ずい)などのツボも有効です。

     

    そして、特に女性に多い頭痛のタイプとして、前述のとおり、熱が身体のなかにこもってしまうことで起きている頭痛は、まずお腹と足を温めることが大事です。それによって身体のなかの熱のバランスが整います。頭痛なので、ついつい頭部に意識が行きがちですが、頭痛の時にお腹や足を触ると、冷えていることがよくあります。実際、オードリーの若林さんがテレビ番組で、あまりにも頭痛がひどいため診てもらったところ、医師に「腹巻をしなさい」と言われ、その通りにしたところ、頭痛が改善したという話もあります。

     

    また、この状態は、冬にも増して夏に多い傾向があります。なぜなら、服装は薄着、冷房で空気が冷える、部屋のなかも同じ状況が起き、頭のほうに温かい空気がたまり、足もとは冷える、また、汗もかくので身体が冷えやすいということもあげられます。

     

    冷えを改善すると同時に、首のこり、肩のこりを治療していきます。使うツボとしては、冷え改善のための足臨泣(あしりんきゅう)、首・肩こりのための曲池(きょくち)、手三里(てさんり)、天髎(てんりょう)といったところでしょう。

     

    百会・・・

    頭のてっぺんにあるツボ

     

    合谷・・・

    手の親指と人差し指の骨が交差したのところにあるツボ

     

    頷厭・・・

    ひたいの角、はえぎわより少し下にあるツボ

     

    頭維・・・

    ひたいの角、はえぎわの少し斜め上にあるツボ

     

    足臨泣・・・ 

    足の小指と薬指の間の骨を足首に向かって沿って、指が止まるところにあるツボ

     

    曲池・・・

    肘を曲げた時に出来るシワの終わる部分にあるツボ

     

    手三里・・・

    肘を曲げた時にできるシワから手の甲に向かって指3本分のところにあるツボ

     

    天髎・・・

    首の後ろ側の付け根から指1本分下に下がったところ。肩甲骨の内側上方にあるツボ 

     

     

    【頭痛・偏頭痛に期待できる鍼灸治療の効果】

    頭や首の筋肉の緊張をほぐし、血流をよくすることで頭痛の原因を解消して痛みを鎮めます。また慢性の頭痛がある人は冷えを伴う場合もあるため、頭痛になりにくい体質へと改善していきます。

    頭痛・偏頭痛のコラム一覧

    315

    全315件中 1件~10件を表示

    投稿日:2017/06/28

    舌で分かるあなたの身体の状態PART3

    こんにちは!!  鍼灸整骨院誠春です!  今回はPART2に引き続き、第3弾  前々回の記事で説明したもう一つの舌の状態についての対処法です。  では、さっそくですが・・・  この舌を皆さん覚えていま…

    投稿日:2017/06/28

    梅雨の頭痛に頭皮鍼はいかがですか

    しんきゅうコンパスをご覧のみなさま。 梅雨本番となりましたね。毎日雨が続き、じめじめとした空気が気持ちを憂鬱にさせますよね。また身体の不調が出やすいのもこんな天気が続いた日です。 梅雨の時期、頭が重ダルイ、すっきりしない、頭痛がひどいなどの症状でお悩みの方も多いのではないでしょう…

    投稿日:2017/06/28

    梅雨、低気圧の影響で頭痛・首こりの方が増えています

    梅雨に入りましたね。低気圧の影響で頭痛や肩こり・首こりの方が増えています。なぜか疲れがとれなかったり、体がだるくなったりしますよね。気温の変化に体の調節機能がついていけず、免疫力も低下しがちになります。 そんな時には鍼治療にリンパマッサージ組み合わせる「鍼とリンパ」をおすすめしています。&…

    投稿日:2017/06/27

    【頭痛×首コリ×鍼灸治療】首コリ、肩コリから来る頭痛

    こんにちは。 今回は、日頃の臨床現場のお話をします。 先日一ヶ月ぶりに来た患者さん(肩コリ、首コリ、頭痛持ちで来院) の首をチェックすると後屈(後ろに倒す動作)が出来なかったので、 頭痛最近出てるでしょ?と聞くと。 そうなんです。ここ3日くらい出てい…

    投稿日:2017/06/27

    梅雨の体調不良にはローズの花 鍼灸・整骨院 北越谷駅東口店にご相談ください。

    しんきゅうコンパスをご覧の皆様ローズの花 鍼灸・整骨院北越谷駅東口店の鍼灸師がお送りします。 梅雨も本格的になってきました。雨や梅雨の気圧の変化に伴い、頭痛や偏頭痛に悩まされていませんか? 当院の梅雨の特別メニュー「頭皮鍼」でスッキリしませんか?詳しい内容は、http:…

    投稿日:2017/06/26

    梅雨による不調は頭皮鍼ですっきり

    しんきゅうコンパスをご覧の皆様。 梅雨に入り頭痛がひどくなったり頭や首が重だるく感じる時はありませんか? 気圧の変化や、湿度の高さにより身体のだるさが出やすい季節です。 身体は正直なので、環境の変化にとても敏感です。変化した環境にすぐ順応できるかできないか人により個人差…

    投稿日:2017/06/25

    頭痛には本当に鍼が効果的!

    季節の変わり目になると頭痛を訴える方が急増します。 気候の変動により常に身体をコントロールしている自律神経の調整がうまくいかなくなり、その歪が頭痛として現れるようです。 頭痛持ちと言われている方は、気候の変化や体調の変動なので自律神経の調整がうまくいかなくなる度に頭痛に悩まされて…

    投稿日:2017/06/22

    梅雨時期に多い頭痛

    梅雨時期になるとお天気の加減で頭が痛くなるという方が多く見受けられます。特に聞くのが雨降り前や雨が降っている時なんかは顕著に頭が痛くなるとおっしゃられる方が多いです。気のせいでしょ!と言う方もいらっしゃるかもしれまんせんが、あながち間違いではありません。特に梅雨時期は温暖前線と寒冷前線が停滞しやすく…

    投稿日:2017/06/21

    「大切な時に頭痛が・・・」というときの対応策

    「これから出かけるのに・・・」「大切な会議がある・・・」「週末に子供と出かけるのに・・・」といった時に、偏頭痛がきたことはありませんか?偏頭痛は、血管性の頭痛で「ズキンズキン」とした脈を打つ頭痛と言われています。ウィークデイというより、少しリラックスした週末に出てくる方が多いようです。これは、普段緊…

    投稿日:2017/06/20

    頭痛に対するトリガーポイント鍼治療

    こんにちは、はり・きゅう・マッサージ治療院feelです。今回は「頭痛」についてお話しいたします。 頭痛にはいくつか種類があります。大きく分けると緊張型頭痛・片頭痛・群発頭痛などの機能性頭痛と、くも膜下出血や脳腫瘍などの症候性頭痛に大別されます。このなかで鍼やマッサージの適用となるのは緊張型…

    全315件中 1件~10件を表示

    疾患コラムを探す

    頭と目、顔のお悩み

    首・肩・腕のお悩み

    足と腰のお悩み

    内臓のお悩み

    美容のお悩み

    婦人科系のお悩み

    全身のお悩み

    お子様のお悩み

    妊娠中・産後のお悩み

    スポーツによるお悩み

    鍼灸コラムを探す

    鍼灸の基本

    鍼灸の四方山

    鍼灸師