鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド自律神経失調症

感情の行き過ぎが、内臓に影響を与えます

投稿日:2016/10/03 投稿者:あめたに鍼灸院(コラム投稿数:12件)

この100年をみても、世の中はめまぐるしい発展をしています。その中で、心身のバランスを崩す方がいることは自然なことです。

自律神経失調症は、心身のバランスを崩した状態です。

中医学でいう五臓六腑は、内臓であるとともに、精神にも大きく関係しています。

肝ー怒り、心ー喜び過ぎる、 脾ー思い悩む、 肺ー憂うる、腎ー恐れる

怒りすぎると肝を破る、、、というふうに感情が行き過ぎると内臓に影響が及ぶようになります。

中医学には、それぞれの虚実、寒熱など、状態に応じた治療法があります。

当院の気の流れの調整も、心身全体のバランスをとることを重視しています。

 

自律神経失調症の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師