鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド難聴・耳鳴り

突発性難聴

投稿日:2019/06/18 投稿者:治療院 鍼のひびき灸のかほり(コラム投稿数:55件)

 

先日、朝起きると、僕の右耳が突然聴こえにくくなり、高音性の耳鳴りが…
原因不明の『突発性難聴』の症状です。
2週間以内に、「プレドニン(ステロイド剤)」を投与しないと、治りにくい病気です。
1か月経つと、ほとんど治りません。
僕のところに訪ねてくる患者さんは、ほとんど、1か月を経過しています。
現代医学で治療してみて、改善が見られないと、「鍼灸」がいいらしいと…

さて、自分がなってみるといろいろ実験します(笑)
鍼灸治療と併用して、いつもなら治るはずの「ひまし油」+「ユーカリ」の点耳…これが効かない…(苦笑)
次に試したのが、魔女の薬草「ウィッチヘーゼル」の点耳…これも効かない…(苦笑)
毎月行っているホリスティック臨床鍼灸学の勉強会でも、教え子の声が聴こえない…(苦笑)

そこで、「耳の中をおもいっきり血流を上げてみよう!」と思い、「ミルラ(没薬)」の入ったオイルで耳のマッサージをしました。

次の日、耳鼻咽喉科にいくことを決めて、荻窪駅に向かう途中、いきなり耳が聴こえ始めました。
「スタッフに、あれ、右耳、聴こえてる!

この体験のすぐ後に、次の相談が来ました。



突発性難聴

 

1. 概要

突然、左右の耳の一方(ごくまれに両方)の聞こえが悪くなる疾患。
音をうまく感じ取れない難聴(感音難聴)のうち原因不明のものの総称。

 

2. 疫学

幅広い年代に起こるが、特に働き盛りの4060歳代に多くみられる。

 

引用 : 厚生労働省 e-ヘルスネット

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/sensory-organ/s-001.html 20190618 00:30

 


突発性難聴の1症例

20190615日(金)

発症 朝起きたら、突然右耳が聴こえない。 

耳鼻咽喉科で「突発性難聴」と診断。 

処方された薬は、プレドニン(ステロイド薬)

 

20190617日(日)

鍼灸治療 

鍼灸治療と合わせて、右耳に「ミルラ」の入ったオイルを擦りこむ。

指導 : 蒸しタオルと耳のオイルマッサージ

 

20190618日(月)

LINEでの報告

 

「今、耳鼻科に行ってきたら、悪い方の右耳の方がいい成績を叩き出しちゃって、左より右のほうが聞こえてるって検査結果が出ちゃったみたい(あちゃー)笑」

 

「耳鼻科の先生、不安定?不思議な経過を辿ってるなぁ?って首を傾げていました(ぎゃはは)ステロイドは減量するねってまたクスリもらったけど、飲まないでマッサージ続けます!」

2019.06.18 posted at 03:07 JST

難聴・耳鳴りの他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師