鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド食欲不振

冷たい物は内臓が疲れる?!

投稿日:2019/06/17 投稿者:リカバリー代々木治療室(コラム投稿数:144件)

これから日中が暑くなりそうですね。

6月の中旬をすぎると足がむくむ、食欲がない、身体がだるいという方の来院が増えてきます。

胃が痛む・お腹が緩いなどの胃腸の不調で来院される方が少しずつ増えてきます。

 

暑くジメジメした日が続くと、どうしても空調が効かせてしまいますよね。

そして、アイスクリームやかき氷、冷たい飲み物を摂りがちです。

お酒好きの方なら、仕事の後やさっぱりと汗を流した後に、冷えたビールが格別だそうですね。

 

暑い時には冷たいものを食べたい!飲みたい!と思ってしまいますが、体調が良くない時はできるだけお控えください。

実は人間の身体は、消化吸収するために体温と同じ温度にまで温めます。

その時に体内のエネルギーを大量に使用しますので、身体が疲れてしまうんですね。

 

コンビニなどでは「常温」のペットボトルのお水を置くようになりましたが、中医で言うと、室温ではまだ冷たくて「体温と同じ」か「体温より高い」温度のものを「常温」といいます。

 

理想は体温よりも高い温度の飲み物や食べ物が良いそうです。

一度沸騰させて、体温まで冷ました白湯を起床後に飲むことが良いそうですね。

 

といっても冷たいものが欲しくなり、ついつい飲んだり食べたりします。

 

季節の変わり目には、気温変化にスイッチが切り替わらず身体のバランスは崩れています。こういう時は意識的に冷たい飲み物・食べ物は避けて、体調の良い時に取るように気を付けてください。

空調の冷えや、冷たい飲み物で体調を崩した方には、鍼やお灸がお勧めです。

崩れた身体の自律神経を整え、冷えやむくみやだるさを取り、シャキッとした身体に戻れますよ♪

食欲不振の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師