鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド関節痛

手首のTFCC損傷(手首の軟骨損傷)についえ

投稿日:2019/06/14 投稿者:かじもと鍼灸接骨院(コラム投稿数:38件)

みなさんこんにちは。

今回は手首のTFCC損傷(三角繊維軟骨複合体)についてお話しします!

 

TFCCとは??

 

手の尺側(小指側)にある三角線維軟骨複合体という軟骨があります。

手関節にかかる荷重や衝撃や可動性の両立に極めて重要な役割を果たす軟部組織です。

 

 

手首のTFCC損傷の分類

3つの分類に分かれます。

 

外傷型:転倒・転落・交通事故などによる手首を捻ったりして直接損傷してしまう場合。

 

変性型:仕事やスポーツによる長期の反復運動によって手関節の酷使や加齢変性などにより損傷してしまう場合。

 

先天型:この要因一つとして元々 尺骨(小指側の太い腕の骨)が橈骨(親指側の細い腕の骨)に対して生まれつき長い場合があります。

 

 

症状は??

・ドアノブや鍵を開けるなどの手首を捻る動作が痛い。

 

・手関節を小指側に曲げた時に痛い。

 

・手をついて起きたり立ったりする時に痛い。

 

 

治療法

 

・アイシングをして安静にする。

・痛い動作を反復して行わない。

・鍼灸治療をする。

・再発しない為にリハビリをする。

などがあります。

 

このような症状でお悩みの方は一度当院にお越しください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

関節痛の他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師