鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド冷え性

胃が冷える

投稿日:2019/06/01 投稿者:向山治療院(コラム投稿数:646件)

中国鍼灸の向山治療院です。

 

 

 

今日も暑くなりそうです。暑くなるとしてしまうのが 「冷たい物を飲む事」。

 

冷たい物ばかり飲むと胃の働きが悪くなります。胃の働きが悪くなると言う事は、食べた物を上手く消化吸収出来なくなります。

 

消化吸収が出来なくなると、栄養が取れません。つまり 「夏バテ」 になります。

 

 

 

 

 

初めての患者さんに 「お腹は冷えていますか?」 という質問をすることがあります。

 

意外に自分では冷えていないつもりでも 「でしたら、今自分の手で直接お腹を触ってもらうますか?」 とお願いして触ってもらうと 「あれ!? 冷たい!!」 と驚く方も結構います。要は自覚症状がないだけで、お腹は冷えていたのです。

 

 

 

 

 

肩こりの場合もそうですが、ご自身では 「僕は肩こりがない」 という方の肩を触らしてもらうと、ほとんどの方が肩が凝っています(苦笑)。

 

自覚がないだけです。つまり何が言いたいかというと 「痛みや不快感を感じなくても体が調子いいとは限らない」 という事です。典型的な例が 「癌」 です。癌の初期は自覚症状がありません。痛みが感じ出した時にはかなり進行しているのです。それを回避するために 「定期健診」 が重要になってくるのです。

 

 

 

 

 

お腹を触って冷たい方の対処方法は 「お腹のお灸」 です。お灸をするお勧めの場所は 「中脘」 というツボです。みぞおちとおへそのちょうど真ん中です。そこに冷えが取れるまで毎日せんねん灸をすると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

冷え性の他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

向山治療院

愛知県一宮市

満足度

3.00

アトピー性皮膚炎専門の鍼灸治療院です。女性鍼灸師在籍しています。

この店舗の全てのコラム 646件

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師