鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド足のむくみ

足の形を気にしたことありますか?②

投稿日:2019/06/15 投稿者:春風堂接骨院・鍼灸院 石神井公園院(コラム投稿数:6件)

こんにちは!春風堂接骨院・鍼灸院 石神井公園院の嶋野です!

 

前回の続きで偏平足についての話をしていきたいと思います。

 

足にはゴロゴロした骨がたくさんあります。その中の踵の骨(踵骨)の位置とその上の距骨という骨がカギになっています。

 

今までの偏平足の予防・治療というと足の内側のアーチを持ち上げるだけが多かったと思いますが、最近では踵の位置とも関係していると言われています。

 

ふくらはぎの軸に対して、踵が外側になってしまうと距骨という骨が内側に倒れこんでしまい偏平足になってしまいます。

 

この方の足はふくらはぎの軸に対して踵の軸が傾いているのがわかりますか?

 このような足にならないようにするには踵の位置と距骨の位置の調整が必要になってきます。

 

日本には足の専門医(足病医)はほとんどいませんが、海外にはたくさんいらっしゃいます。日本の足に対しての医療はかなり遅れていて(30年ほど)、いまだに偏平足の治療は内側アーチを押し上げるだけだったりします。海外の足病医さん達はトレーニングなどでは内側アーチを持ち上げることはできないと言っています。

 

では、足病医さん達の偏平足の治療はいったい何をしているでしょうか?

 

実はインソールの処方をしているです。

 

実際に海外では子供の姿勢が悪くなったりすると インソールを処方し姿勢の矯正をするそうです。

子供の靴は大きめを選んでしまう日本とは考え方が全く違いますね。

 

次回もう一回、偏平足についてお話していきますね!

 

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

春風堂接骨院・鍼灸院 石神井公園院

TEL 03-6913-1878

〒177-0041

東京都練馬区石神井町4-3-15カーサヴェルデ

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

足のむくみの他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師