鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド貧血

日頃から気をつけたい貧血

投稿日:2019/05/24 投稿者:東砂ひかりクリニカル鍼灸整体院(コラム投稿数:154件)

こんにちは!根本改善!東砂ひかりクリニカル鍼灸整体院です!今日も健康ニュースレターおくります!!

水のんでますか?2リットル僕は、まいにちのんでます。

さて冷たい水は「口の中で常温にして飲みましょう」!!??ここ数十年、現代の文明病と言えるようなさまざまな病気が増えています。これは文明の進化で生み出された利器によって、体を冷やす機会が非常に多くなってきたからだと思われます。特に体に悪影響を及ぼしているのが、冷房と冷蔵庫でしょう。冷房によって、夏には冷気に体をさらさずには過ごせなくなりました。冷蔵庫の発達によって、私たちは食品を新鮮な状態で保存する力は手に入れたものの、食べ物や飲み物を冷たいまま体に入れることが非常に多くなっています。体は深部体温を保とうとして必死に頑張っているのに、冷たいものをそのまま消化器に流し込んでは、体温は一気に下がってしまいます。体力の消耗はますます激しくなり、活動のエネルギーも免疫力も下がって疲れやすくなり、病気の世界に入りやすくなるのです。長い時間をかけて培われた人間の体のシステムに対し、たかだか数十年の文明の利器が不自然な影響を与えて、病気が増えているのです。真夏で体がひてるようなときなら話は別でしょうが、普段は冷気や冷たい飲食物はできるだけ避けたほうがよいみたいです。

 

今日の本題です。続いてはこちらです!「貧血」を今すぐ撃退する方法です!「貧血」を起こしやすい女性と起こしにくい女性がいますよね!体のだるさや立ちくらみ、眠気や吐き気を伴う貧血。これも女性特有の疲れの症状のひとつです。では、貧血はどのように起こるのでしょうか。それは、副交感神経が優位なときに生じがちです。活動量が多く、よりたくさんの酸素が必要になる交感神経優位の生活では、赤血球が増加します。一方ゆったりとした副交感神経タイプの生活では赤血球が減少するので、それに伴って貧血が生じるのです。出産適齢期を迎えた女性は、多かれ少なかれ副交感神経が優位になります。10~30代の女性は恋愛をしたり結婚をしたりと、幸せ感や充足感に包まれることが多くなるからです。心が安定したプラスの気持ちでいっぱいになると、副交感神経が刺激されます。また、この時期は出産の準備期であるため、女性の体は副交感神経を優位にすることで、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量やリンパ球を増やし、赤血球などを減らして活動量を抑える体調を作り出します。胎児を宿すのは、女性の体に非常に負荷をかけることになるので、かなりの準備が必要なのです。こうした生理現象に加えて、近年子ども時代に恵まれた生活を送ったことで、副交感神経タイプになる女性が増えています。体質と生理現象があいまって、より副交感神経優位の体になることで、貧血が起こりやすくなっているのです。貧血の対策として、薬(鉄剤)を飲む人が多いと思いますが、これもあまり勧めません。赤血球などに特別な病変があるなら、別途検討が必要な場合もあります。しかし、出産前に起こる女性の貧血は、出産後子どもの世話にかかりっきりという忙しい状態になると、症状は改善されます。交感神経が優位になるような活動的な生活になるからです。このように生活スタイルが変わることによって、赤血球は増え貧血は自然に解消されていきます。

江東区東砂、北砂、大島駅、東大島駅、西大島駅で鍼灸、骨盤整体、温活EMSで改善!

今日最後にお話する内容は、「更年期障害」を今すぐ撃退する方法です!40代の女性が「絶対に気をつけるべきこと」をお伝えしていきます!!更年期障害も女性の疲れに関わるものです。症状の出方は個人によって差がありますが、40代半ばから50代半ばまでの10年間がこの時期にあたります。これは、閉経前後の10年間卵巣機能が低下し、エストロゲンなどの女性ホルモンが減少することによって生じます。症状は多岐にわたり、のぼせ・発汗・手足の冷え・耳鳴り・頭痛・肩こり・腰痛・疲労倦怠感などがあります。また、イライラしたり気分が落ち込んだりする精神症状も現れやすくなります。これらの症状の遠因となっているのは、エストロゲンの分泌量の現象によって、交感神経が優位に傾くことによる血流障害です。誰でもホルモンは減少していきます。しかし、人によって更年期障害の症状の出方に違いが出るのはなぜでしょうか。この差を生じさせるのがストレスの多寡です。更年期の症状の程度は、ホルモン量の減少そのものというより、ストレスの多寡による自律神経の乱れの程度によって決まると言う方もいらっしゃいます。ですが、考えてみれば女性の40代後半から50代前半は、生活のストレスが数多く重なる時期でもあります。たとえば、思春期に差し掛かった子どもとの葛藤が生じやすく、子どもの進路や教育費の増大でも悩みます。また、この時期の夫は仕事上の責任も重くなり、夫婦関係にストレスが生じやすい時期でもあります。互いの両親の介護の必要まで生じてくれば、大変なストレスがかかることでしょう。ただでさえ、ホルモン量の低下によって交感神経が緊張しがちなのに、ストレスによってそれが加速されるため、更年期の症状が悪化するのです。

 

いかがでしたか?当院では自律神経の調節、温熱療法を推奨しております。整体、ストレッチ、高周波鍼灸を施します。美腸整体で整えたいあなたへ!痩せながら治すをコンセプトに日々精進します!初回お試し価格2980円です!ぜひ一度ご相談電話予約☎おねがいします!!

📬 江東区東砂2-5-12

☎ 03-3648-5069

🏥 東砂ひかりクリニカル鍼灸整体院

貧血の他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師