鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド骨盤の歪み

骨盤のゆがみの影響

投稿日:2019/05/21 投稿者:meilong 銀座院(コラム投稿数:115件)

こんにちは!鍼灸師の加倉井です。

 

今回は骨盤が歪んでいることでの妊娠期・産後の影響についてお話をさせて頂きます!

骨盤が歪んでいるという現象を簡単に説明させて頂きますと、、

①左右の高さがあっていない

②どちらかが前後に出ている

③ねじれが生じている

 

の3つが主にあります!

最近では皆様も、骨盤が歪んでいることの影響があることはご存知だと思いますが

あたらめてご紹介をさせて頂きます!!!

 

①腰痛・肩こりの悪化

②自律神経症状の悪化

(つわり・頭痛・不眠・不安感 など)

③妊娠期の逆子率の増加

④妊娠しても赤ちゃんが十分に育たなく流産の原因になることも・・

⑤産後の尿漏れ、おろがずっと出てしまう

⑥ボディラインの乱れ など

妊娠期の骨盤の役割は赤ちゃんのベットに子宮を形を整えてあげることをイメージしてみてください。子宮はハンモックのように骨盤にぶら下がっております。

ハンモックがねじれていると、とても寝ずらいとおもいますが赤ちゃんももちろんそうです。

 

また産後の骨盤が元の位置に戻らないこともよくありますが、もとに戻らないと背骨を支えている骨盤が広がっている状態になりますので 背骨がぐらついてしまって忙しい育児にさらに、体がつらくなってしまいますので産後の骨盤メンテナンスは動きやすい体を作っていくのにとても重要になってきますね。

 

 

今回は簡単に紹介をさせて頂きましたが、以上になります!

詳しくはお問い合わせいただけますと幸いです。

骨盤の歪みの他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師