鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド難聴・耳鳴り

突発性難聴を引き起こしやすい生活習慣

投稿日:2019/05/23 投稿者:さいとう難聴鍼灸院(コラム投稿数:804件)

 

突発性難聴専門 さいとう難聴鍼灸院です。

 

 

鍼灸院に多く来院する難聴といえば、突発性難聴です。

 

突発性難聴は原因不明の急性難聴で、現在では有効な治療法も予防法も確立されていません。

 

なぜ突然聴力が原因不明で低下するのか、その解明はされていませんが、内耳の蝸牛にある有毛細胞が何らかの原因で急速に衰弱することによって、電気信号を脳に送ることができなくなって聴力低下が起きていると考えられています。

 

 

図引用 https://www.hosoda-cl.com/ear/315/

 

 

 

 西洋医学では難聴を起こす原因が解明されていませんが、東洋医学からみれば、直接的な原因ではなく体質を診ることによって、将来的な難聴の危険性や原因をある程度推測できます。

 

 

 

 

音を感じ取る有毛細胞は、酸素をエネルギー源として用いています。

 

音の振動を電気信号に変換するには大量のエネルギーを消費しますが、そのエネルギー源となるのが酸素です。

 

 

ですから、有毛細胞への酸素供給の低下はエネルギー不足による衰弱を招く危険性があることを意味します。

 

 

 図引用  http://www.nanchou.jp/mottomotto.html

 

 

 

 

では、酸欠を起こす原因はどこにあるのか。

 

 

ポイントは二つ。

 

①体全体の酸素摂取量が不足している

②酸素運搬能力が低下している

 

 

この二つに分けて、有毛細胞が酸欠を起こす原因を考えます。

 

 

 

①体全体の酸素摂取量の低下ですが、難聴患者さんというのは普段から呼吸が浅い人が多くいます。

(多くの場合)難聴患者さんはストレスを日常的に抱えていることを自覚していますが、ストレスが長期間加わる状態というのは、圧力が体から抜けない状態です。

 

 

涙を我慢するタイプとか、なんでも頑張りすぎて力が抜けないタイプなど、そういう性格的なことも含めてストレスという圧力が体から抜けない状態が続くと、自然に呼吸も浅くなります。

 

 

深い呼吸というのはリラックス状態でなければできませんので、ストレスによって首肩回りの筋肉に過剰に力が入り続けてしまっていると、深い呼吸ができず、酸素摂取量は下がります。

 

 

また、筋肉のエネルギー源も酸素ですから、日常的に筋肉に過剰に負荷がかかっている状態では常に酸素を浪費し続け、体全体の酸欠を招くことにつながります。

 

 

 

 呼吸とは呼気と吸気ですから、酸素摂取量が少ないということは、二酸化炭素の排出もできにくくなっている状態です。

 

呼気を正しく行うから吸気ができるので、二酸化炭素を排出できなければ酸素も摂取できません。

 

二酸化炭素は空気の老廃物ですから、まずはこれを正しく捨てることが酸素摂取につながり、体全体の酸欠解消につながります。

 

 

呼吸の調整には姿勢や筋肉、内臓機能などいろいろ絡みますが、まずは深い呼吸を意識して日常生活を送ることです。

 

 

 

 

②酸素運搬能力とは、この場合は血液の問題となります。

 

血液中の赤血球が酸素と結びつき、血液の流れによって有毛細胞へと酸素を運びます。

この血液自体に老廃物が多いと、赤血球と酸素の結びつきが低下し、酸素運搬能力が低下します。

 

 

東洋医学では、酸素運搬能力が低下した血液=老廃物が多い血液のことを、オ血といいます。

 

 

 

 

 

 

 オ血を分解し、正常な血液に解毒するのは肝臓と腎臓の役目となります。とくに肝臓が重要で、肝臓に血液を蓄え、解毒し、全身に新鮮な血液を循環させます。

 

 

しかし、飲酒や化学薬品、サプリメント、暴飲暴食、過労などの負担が長期間加わることで肝臓の解毒機能は低下し、オ血が全身に貯留する原因を作り出します。

 

 

オ血は酸素運搬能力が低下していますから、有毛細胞への酸素供給を低下させてしまいます。

 

 

 

ですから、肝臓の解毒機能を高めなければオ血の排出は困難であり、有毛細胞の酸欠も解消されにくくなります。

 

 

 

 

 このように、上記①と②は生活習慣から来るものであり、日ごろからのダメージの蓄積が結果的に難聴を引き起こすこととなります。

 

 

治療においても①と②の改善を行いますが、まずは患者さん自身が生活習慣を見直すことが大切になります。

難聴・耳鳴りの他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師