鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド更年期障害

更年期障害とお灸の話し

投稿日:2019/05/14 投稿者:森灸温療院(コラム投稿数:3件)

更年期障害で起こるつらい症状にはホルモン療法ですべて解決・・・とはいかないこともあります。

更年期障害は女性ホルモンの低下によって起こると言われていますが、厳密にいうと語弊が生じます。なぜなら、女性ホルモンの少ない男性は更年期障害なのか?老年期もずっと更年期障害が続くのか?女性全員が更年期障害になるのか?というと、そうではありません。

しかも更年期障害は、100人居れば100通りあると言えるぐらい症状に違いがあります。

 

だからこそ、短時間でパターン化するもでのではこぼれ落ちてしまう方が出てきてしまいます。

いつか更年期障害が起こりやすい人などを紹介するとして、お灸のお話をします。

吉田兼好の徒然草百四十八段に

「四十以降の人、身に灸を加えへて、三里を焼かざれば、上気の事あり。必ず灸すべし。」

と書かれています。

日本では鎌倉から昭和初期までお灸がどこでも盛んに行われていましたが、更年期のつらい症状は男女ともお灸をして和らげてきました。ただ、四十以降の人をお灸するときは『三里』にお灸を忘れると上気(のぼせ)てしまうので忘れないようにと徒然草に書いてあります。

本院は更年期に起こるつらい症状に悩まれる方にお灸を据えて快適に、幸せになって頂けるようにご提案していきます。

更年期障害でお悩みの方は、お気軽にご連絡ください。

更年期障害の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師