鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド四十肩・五十肩

四十肩、五十肩について

投稿日:2019/04/26 投稿者:かじもと鍼灸接骨院(コラム投稿数:35件)

みなさんこんにちは。

今回は肩関節周囲炎四十肩、五十肩についてお話しします!

 

肩関節周囲炎とは、年齢とともに、肩の部分の骨骨と骨を結びつける靱帯の柔軟性が低下することで起こると言われています。

また、1番大切な箇所でもある上腕部と肩甲骨をつなぐ腱板(けんばん)が加齢とともに変性し、炎症が出たり動きを抑制させる原因となります。

 

【症状】

症状は段階ごとに分かれます。

 

1炎症期

安静にしててもズキズキしたり、寝てても痛くて寝れないなどの状態をいいます。1番痛い時期かもしれません。

 

2、拘縮期

安静にしてれば痛くはないが動かすと痛い。また肩が上がらない、動かないという状態です。

背中を掻く事や下着をつけること、頭を洗う事が困難になったりします。

1番皆さんが知ってる状態かと思います。

 

3解氷期

この時期になると痛みも動きも軽減してきます。ただし、いつこの時期を迎えれるかはかなり個人差があります。

 

【対策と治療】

・ズキズキ疼く時はなるべく安静にし、氷水や氷嚢で10分〜15分こまめにアイシングする。

 

・寝る時は痛い肩の方を下にしないようにする。荷重が肩に乗ると痛みが出ます。

 

・動かすと痛いだけの時はゆっくりお風呂で温めましょう。

 

・痛いから動かさない!では余計に動かなくなる為、少しずつ肩を上げるなど肩を使うリハビリをしていきましょう。

 

・鍼灸治療で固まった筋肉や組織をしっかり回復させていく。

 

 

肩の痛みでお困りの方もたくそん居られると思います。

放っておいても悪化するか長引くだけですのでしっかり治療をしにお越しください。

エコーを使って検査し、しっかり患者様一人一人に合った治療や説明をさせていただきます。

スタッフ一同お待ちしております。

 

四十肩・五十肩の他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師