鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド坐骨神経痛

坐骨神経痛でお悩みの方へ

投稿日:2019/04/20 投稿者:給田名倉堂鍼灸整骨院(コラム投稿数:20件)

 

腰からお尻にかけて痛みがある、下肢に痺れが出るなどの症状がある方は坐骨神経痛の可能性があるかもしれません。
 
実際にそのような症状で整形外科など病院で坐骨神経痛と診断された方もいると思います。
 
坐骨神経痛は腰から下にかけて痛み・痺れ症状があるものを指します。
 
原因は様々ですが、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、梨状筋症候群、その他に股関節に障害がある方に多く見られます。
 
 
では、具体的にどのような治療をしていくのか…
 
 
➀痛みのある患部、若しくは仙腸関節部分を冷やす
 
急性期には筋肉の緊張が強く、痛いところを庇う姿勢不良が見られます。痛い箇所には炎症反応が起きているのでそこを氷で冷却します。坐骨神経は骨盤で二股に分かれるので痛みのある箇所が複数ある場合はそれより上の仙腸関節部分を冷却します。
 
 
➁急性期の筋肉の緊張を緩めるための処置をする
 
冷却をする事である程度の痛みを抑えることができますが早くに痛みを取りたい場合は鍼がおすすめです。当院に来院された方の例では3〜5回ほどで痛み症状はほとんど取れています。
 
 
➂再発予防のための股関節の動作改善、歩行訓練、骨盤・背骨の矯正を行う
 
痛みが一度取れても再発するケースがあります。坐骨神経痛に関しては骨盤、背骨の歪みが強い方が殆どです。痛み症状が取れた段階で股関節の動作改善をするための体操、歩行訓練などの指導を行いますが、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった方は症状が取れにくいこともあるので希望する方には身体の根本から改善するために骨盤・背骨の矯正を行なっていきます。
 
 
大体はこのような流れで最終的には患者様が自分でケアできるような状態を作っていきます。
 
その方それぞれのお悩みもあると思います。坐骨神経痛でお悩みの方はまずはご相談を。
 

 

坐骨神経痛の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師