鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド生理不順

妊娠の兆候と体の変化

投稿日:2019/04/17 投稿者:meilong 銀座院(コラム投稿数:78件)

こんにちは!木川です^_^
今日は妊娠の兆候から出産まで、体に起こる変化についてお話ししたいと思います。
 
妊娠・出産は、新しい命を産みだす人生の一大イベントです。今すぐ望むわけではなくても、女性としてメカニズムを知っておくことは、これから先のためにも、また自分の体に目を向けるきっかけにもなります!
初潮から閉経まで付き合う生理に代表されるように、女性の体は生涯を通して女性ホルモンの影響を受けながら、様々に変化します。
とりわけ妊娠・出産で迎える体の変化は劇的なものでとまどうことも多いもの...。
 
そこで!妊娠をしたら体はどのように変化するか兆候をチェックしましょう。
 
 1. 生理予定日になっても生理がこない 
 2. 微熱が続く
 3. 眠い、だるい
 4. 乳房が張る
 5. 食欲がない
 6. ニオイに敏感になる 
 7. 早朝や空腹時に胃がむかつく
 8. すっぱいものが欲しいなど、嗜好が変わる
 9. 尿が近くなる
 10. おりものが増える
 11. しみ・そばかすが増える
 12. 目の下のくまが目立つ
 
● ひょっとして妊娠!?
市販の妊娠検査薬を使うタイミングや病院に行く時期は?
 
毎月の生理(月経)が遅れて、ムカムカする…。そんな兆候があったら妊娠かもしれません。「もしかしたら…」と思ったら、市販の妊娠検査薬を使って調べてみましょう。
いつも周期的に生理がきている人なら、生理予定日から1週間~10日ほどしたら市販の妊娠検査薬が使えます。ただし、早過ぎると妊娠の陽性反応が出ないこともあるので、それから1週間しても生理がこず、妊娠の兆候を感じるなら、もう一度検査してみましょう!
もともと生理不順(月経不順)の人は市販の検査薬だけで判断しないことが大切です。もし陽性反応が出たら、すみやかに婦人科を受診してみてくださいね。
 
● 早めに妊娠の兆候に気づくことは、母体や赤ちゃんを守るために必要なこと。
 
生理予定日から1~2週間過ぎても生理がこない場合は、妊娠の可能性があります。妊娠初期は薬などが胎児に影響を与えたり、流産をおこしたり比較的トラブルが多い時期でもあるので、なるべく早く妊娠の兆候に気づきたいものですね。早めに妊娠に気づくためには、基礎体温が参考になります。妊娠を計画したら、基礎体温をつけるようにしてみてくださいね。
生理予定日後も高温期が1週間以上続くなら、妊娠の可能性が高いです。

 

生理不順の他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師