鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド骨盤の歪み

そもそも骨盤の歪みってなに?歪みチェック

投稿日:2019/03/15 投稿者:錦糸町はり灸院(コラム投稿数:161件)

 

こんにちは 錦糸町はり灸院の川崎です。

 

よく肩こりや腰痛、そのほか様々な症状に共通して「原因は骨盤の歪みです」と言われることが多いですよね。

しかし、実際に骨盤の歪みとはどんなものなのか皆さん分かりますか?

なんとなく肩の高さや足の長さの左右差があることや猫背など姿勢に関係するのかなということは頭に浮かぶと思います。

 

 

まず骨盤とは3つの骨が合わさって形成されています。

歪むというのは1つの骨そのものが変形するわけではありません。

 

正常な骨盤は正面から見るとハート形をしています。

 

 

骨盤の骨が傾いたり開いたりするとハート型が崩れてしまいます。

それが「骨盤が歪む」ということです。

 

では具体的にどんな風に骨盤が変化するのかよくある状態を紹介していきます。

 

◆骨盤の前傾

骨盤が前に倒れた状態です。

身体の前側股関節のあたりにある筋肉や背中を支える起立筋、

太ももの前側の筋肉などが固くなり収縮することで前傾します。

 

女性の場合はヒールを履いて歩く時にバランスをとるために骨盤が前傾になることがあります。

骨盤が前傾していると立ち姿や歩き姿は

腰を反りお腹とお尻をそれぞれ突き出したでっちりの状態になります。

 

 

◆骨盤の後傾

前傾とは逆に後ろに傾くのが後傾です。

お腹の筋肉やお尻の筋肉、太ももの後ろの筋肉が固く収縮することで後傾します。

イスに浅く腰掛けていつも背もたれにもたれているような状態で猫背にもなりやすいです。

立ち姿は膝や背中が曲がり、重心が後ろにあります。

 

 

◆骨盤が開く

骨盤を正面から見た時にハート型のふくらみ部分にくる腸骨という大きな骨が

外側に倒れているような状態です。

左右両方が外側に傾けば骨盤が開いている状態になるし、

片側だけ傾くと腰の高さが左右で違ってきたりします。

 

 

◆骨盤のねじれ

骨盤の歪みの中で一番多いのがねじれという状態で、

前傾、後傾、左右への傾きなどあらゆるものが入り混じった状態です。人によって状態はかわります。

 

 

どの場合でも歪みによる骨盤のずれは数ミリと大きくありません。

でもどこかがたった数ミリ傾くとバランスをとるように

体のあちこちが歪んでいき体に大きな影響を及ぼす原因になります

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回は骨盤が歪んでしまう原因と対策についておつたえしますね。

 

骨盤の歪みの他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師