鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド貧血

一日3粒で老化予防 棗

投稿日:2019/04/11 投稿者:桃仁堂中医鍼灸院 桃仁堂漢方薬店(コラム投稿数:63件)

棗は乾燥したものがよく売られていますね。特に知名度の高い生薬のひとつかと思います。店で見かけるものの多くは中国産ですが、日本でも奈良時代にはすでに伝来していたようです。現在でも福井県や岐阜県で栽培がおこなわれています。

 その名のとおり夏に芽を出し、秋ごろ収穫されます。産地によってはそのまま丸かじりするところもあるそう。甘酸っぱくてりんごのような食感だそうです。

ちなみにナツメヤシの果実、デーツとは別物です。

本場中国では李、杏、棗、桃、栗を五果と呼び、それぞれ肝、心、脾、肺、腎の五臓を養う作用を持つ果実だとしています。

棗は脾を養います。脾は消化吸収をつかさどっているので、おなかの調子を整えると考えてください。

また「一日三棗終生不顕老」、棗を1日3つたべると老けないという言葉も残っていて、宮廷料理や薬膳にかかせない食材です。おなじみの葛根湯にも配合さています。

 鉄分、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、葉酸、食物繊維などを含み、からだをあたためます。気と血を補うので、消化機能の調整、精神安定作用、造血作用、滋養強壮、冷え性・不眠改善、疲労回復、老化防止作用があります。

 カリウムはむくみを防止し、鉄分と葉酸は貧血改善に役立ちます。アンチエイジング効果もあり、銀耳(白きくらげ)と同様楊貴妃が好んで食べたといわれています。

おなかの調子がよくないときは棗と米をじっくり煮込んだおかゆがおすすめ。米も棗も消化機能を助けるはたらきがあります。鶏肉も加えれば滋養強壮の効果がアップします。

ほかにも煮込んでジャムやお茶にしたりもします。

乾燥した棗は皮がかたいので、そのままだと口のなかに皮がのこってしまいます。お湯などでふやかしてからだと食べやすいです。

中国のお菓子で、乾燥した棗に縦に切れ目をいれて種を取り出し、くるみを挟んだものがあり、 さくさくした食感で自然な甘みとくるみのコクがおいしいです。

くるみもhttps://s.shinq-compass.jp/salon/column/2376/44534/で書いた通り老化予防効果があります。

ドライフルーツとして砂糖がまぶしてあるものも。そのまま食べられますが、糖分のとりすぎには注意してくださいね。

女性にうれしい効果いっぱいの棗。見つけたら食べてみてください。

貧血の他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師