鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド足のむくみ

月の満ち欠けと心とからだ

投稿日:2019/02/20 投稿者:養精鍼灸院(コラム投稿数:539件)

いつもお読みいただきありがとうございます!

昨夜から今日にかけて「スーパームーン」と言われる今年最大の大きさで見られるお月さまのようです。(写真は昨年の中秋の名月)

私も「宇宙(ソラ)」好きなので、かつてはよく夜空を見上げていましたが、そういえば、最近、夜空を見上げていないなぁとふと思いました。

さて、「月の満ち欠けと女性の生理周期」「月の満ち欠けと出産」は密接に関係していますよ。とこちらのコラムにもかかせていただいています。

今回は「満月とこころとからだ」についてシェアしたいと思います。

「満月に警察が忙しくなる?」と聞いたことはありますか?

「満月には犯罪が多発する」「事故が多発する」ので「警察が忙しくなる」ということみたいですね。おおかみさんも血の匂いをかぐと興奮する(?)ように私達人間も興奮するのでしょうか?

●満月のときのからだの状態

お月さまが「満ちるように」体が水分を蓄えやすくなっているために、満月の日はいつもより体がむくみやすくなります。月のエネルギーが最大にチャージされて活動的になれる日ですが、体内に余分な水分までため込んでしまうために、少し体がだるいなどの体調の違いを感じる人もいるかもしれません。

また、頭痛や寝付けないなどの不調を感じる人もいるようです。これは、強い緊張が生じることが原因と言われています。一時的なものであればあまり気にし過ぎず、ゆったりとした気分で過ごすのがおすすめです。

●満月とこころ 

次に、先程も書きましたが、 満月の日には凶悪犯罪や事故の発生率が高い、などと言われています。これはまったく根拠のないことではないようです。 満月には月のエネルギーが最高潮に達するために、私たちの気分も高揚しがち。これは、天文学的?物理的?に月と太陽が一直線に並ぶために、ちょうど正反対の位置から月と太陽、両方の引力が地球に左右する、つまり両極端から強く引っ張られる力が働くためと考えられています。

逆に、月が満ちていく期間は、物事を前に進める、成長するための前向きな力を月が与えてくれます。その力がピークに達するのが満月というタイミングですから、活力を感じられたり、前向きに活動できたりするようです。

ただし、無意識のうちにその影響力を受けていることがほとんどです。 自分で気づかないところで気分が高揚しているため、調子に乗ってハメを外したり、過剰に消耗してしまったり、ということもあるようですね。

また、注意力が散漫になりがちになることもあるそうです。

このように、私達の心とからだは日々の気候や温度によって毎日変化します。それが当然なのです。外側の環境とこころとからだの関係に気づくことで「あっ、今日は満月だからね。」と、過度に心配したり、自分攻めたり否定する必要もなくなります。


こうした、宇宙(ソラ)の動き知るということは、毎日を幸せに生きるということにもつながるのだと感じます。

 ↓ ご予約はこちら♥

【お知らせ】

●2019年2月の営業日

 月曜日から土曜日まで

  休診日:日曜日、祝日

 ●3月の営業日

日曜日、月曜日、祝日お休みです。

18日月曜日は営業いたします。 

足のむくみの他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師