鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド腰痛

ギックリ腰の応急処置法

投稿日:2019/02/18 投稿者:レディース鍼灸リブレ(コラム投稿数:5件)

寒い季節は腰がギクッときやすいですね。

患者様から「先生の所に行きたいけど、動ける所までなんとかする方法を教えて」と言われました。

正直、腰痛の原因はたくさんあって、これで動ける!というのは難しいです。

しかも、動けないほどの腰痛であれば、救急車か整形へ行ってほしいですが(笑)

でも整形へ行くにも、固まったままでは困るでしょうから、いくつかお伝えしようと思います。

 

1, 表証(カゼひき)

 

[特徴] ぎっくり腰になる前に、寒気があったとか鼻水が出てたとか、カゼの症状があった時。

[原因] カゼから体を守るために、筋肉がギュッと縮まったために起こった腰痛です。

[対処法] 痛い場所は温めないで、首・手首・足首・肩甲骨などをホットタオルで温めて。

熱い甘酒やしょうが湯(特にクズ入りが良い)、あんかけうどんなどで、内側から温めてもいいですね 

 

2, 体のゆがみや左右差から

 

[特徴] 体をひねった時におかしくなった、日頃から体の使い方に左右差がある時。

[原因] 筋肉の固さに左右差があって、その限界を超えた時に発症する腰痛です。

[対処法] 立ったままで腰をゆっくりまわす。左右を比べて回しやすかった方に5回。

仰向けに寝ることができれば、膝を立てて左右に倒して、倒しやすかった方に5回。

片方ずつかかとを蹴り出すように10回伸ばす。ゆっくり小さくがポイント。

膝を開いて、足の裏を合わせる。膝をゆっくり揺らす。足の裏を引きつける。

 

3,仙腸関節の痛み

 

[特徴] 寝不足が続いた、過労、腹筋がない、足がだるかったなど体が弱り気味の時。

[原因] 体が弱ると筋力が衰えて靱帯が固くなるため、柔軟性がなくなって痛みやすい。

[対処法] 睡眠をよくとる。2で述べた方法をやってから、2.5mサラシを1/4幅に折ったものを恥骨のすぐ上に巻く。

 

 

4,食べ過ぎから

 

[特徴] どか食いした翌日に背中の張りを感じた、暴飲暴食が続いている時

[原因] 胃に負担がかかって、内臓体壁反射によって背中の筋肉が固くなって痛む。

[対処法] しばらく食事量をぐっと減らす。便秘を解消する 

 

他にも肩こりから、猫背から、といろいろありますが、それはまたの機会に。

 

腰痛予防体操はたくさんありますが、痛む時にできる動きは限られますので、日頃から1日の疲れを解消してリラックスすることが大事ですね!

腰痛の他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師