鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド便秘

腸を活性化するツボ

投稿日:2019/02/11 投稿者:needle garden 鍼灸サロン(コラム投稿数:344件)

今回は、腸の調子をあげるマッサージ、ツボ押しをご紹介します。

ツボ刺激は、東洋医学に基づくケアで、全身には各臓器をつなぐ経絡というラインが

張り巡らされていて、経絡上にあるツボを押すことで、

対応する臓器に刺激を与えることができます。

マッサージやツボ押しは、いつでも気軽にできるのがいいところ。

トイレの中や、テレビを見ながら、など気づいたときに実践してみましょう。

ただし、お腹全体が硬くなってしまっているときは入浴中や就寝前など、

お腹の力が抜けているときに試してみるのがおすすめです。

 

「の」の字マッサージ

大腸の形をなぞり、流れを良くしてくれるので便秘体質の方に◎

①手のひら全体でお腹を軽く押します、

そのままおへそを中心に大きく「の」の字を書くようにして時計回りにマッサージ。

大腸内の流れを意識しながら繰り返し「の」の字を書くようになぞりましょう。

トイレの前後に行なうのも効果的です。

 

お腹のツボ

腸に効くお腹のツボは代表的なのが「天枢」と「大巨」です。

①天枢(てんすう)

おへそから左右真横に指幅3本分の位置にあります。

押し方は、おへその横に指を当ててツボを探り、お腹の力を抜き、

親指で気持ちよく感じる程度の力でグッと押しましょう。

お腹のゴロゴロや下痢にも効果的。

 

②大巨(だいご)

天枢から指3本分下で、こちらも左右にあります。

押し方は、天枢から指を3本分真下をお腹の力を抜き息を吐きながら

親指で気持ちよく感じる程度に押しましょう。

下痢や生理異常にも効果的。

 

この2つのツボはいずれも大腸を活性化するので、便秘解消にとても有効です。

腹筋や腸が硬くなっていると刺激も伝わりにくいので、

軽くマッサージを行ないお腹を押したり、お風呂上りなどに押しましょう。

便秘の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師