鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド肩こり

鍼ってなんで効くの???

投稿日:2019/01/23 投稿者:ローズの花鍼灸・整骨院竹ノ塚駅西口店(コラム投稿数:400件)

「肩こりに鍼が効く」「腰痛には鍼を」などといったことをよく耳にすると思いますが、何故鍼がこういった身体の症状に効くか、というのは実際知らないことが多いです。

本日は鍼が何故効くのかを簡単に解説していこうと思います。

 

・鍼をすることによって血行が改善される

鍼を身体に刺すことによって「軸索反射」という身体の反応が起き、鍼を刺した局所は血行が良くなります。血行が改善されることによって、酷かった凝りが改善されたり、痛みを血液が流してくれたりします。

・免疫系に働きかけることが出来る

簡単に言ってしまうと、鍼は人間の体にとっては「異物」なわけです。異物が体内に入ったら、当然身体は追い出そうとして免疫系を働かせます。免疫系を働かすことによって、さまざまな病気の予防にもなります。

・神経に働きかけることもできる

筋肉に鍼を打ち、電気を通して筋肉を動かすことによって、その筋肉を動かす神経に働きかけることが出来ます。凝りなどによってダメージを受けていたり、動きが悪くなった神経を鍼によってアプローチし、改善させることが期待できます。

 

簡単ではありますが、以上が何故鍼が効く?というものの解説になります。

 

肩こりの他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師