鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド下痢

鍼灸指圧とヒートショックプロテインと炎症抑制

投稿日:2019/01/11 投稿者:鍼灸指圧 光伯堂(コラム投稿数:60件)

 

 

こんな実験がある。

 

ヒートショックプロテインHSP70を過剰に生産するように

 

遺伝子改変したHSP70過剰生産マウスと

 

普通のマウスにデキストラ硫酸ナトリウムを投与して

 

人為的にマウスに腸炎を発症させてみた。

 

すると普通のマウスには腸炎に特徴的な下痢や血便が

 

顕著に認められたが、HSP70過剰生産マウスでは

 

普通のマウスと比較して腸炎の症状がかなり抑えられる事が

 

分かった。その結果を詳細に検討して判明した事は

 

HSP70が炎症性サイトカインの生産を抑える事が発見された。

 

つまり日常的に鍼灸指圧を習慣化して常日頃からHSP70の産生を

 

促進していれば腸炎のみならず炎症性疾患の予防に役立つはずだ、

 

という仮説が成り立つのだ。

 

鍼灸指圧には無限の可能性がある。

下痢の他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師