鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド不妊

妊活〜男女間の意識差〜

投稿日:2018/12/17 投稿者:はり 東洋治療院 虹音堂(コラム投稿数:6件)

当院には来院される方のほとんどが妊活中の方です。

 もちろん治療だけでなく、其の方に合った食養生やセルフケアの指導をさせていただくのですが、

相談を受ける事も多いです。

 その内容で最も多いのが「夫婦間の妊活に対する意識の差」についてです。

分かりやすく言えば「旦那が全然協力してくれない!」「夫が妊活に対して全くの他人事で意識が低い」中には耳を疑いたくなる様なビックリエピソードもあります。

 なぜ何でしょう・・もちろん協力的な方もいらっしゃるのはわかります。

 まず、第一に男性のほとんどは「妊娠における生理学的機序」を知りません。女性は、その妊娠に

直結する「生理」というモノが月に一度あるので思春期の時にそのメカニズムを叩き込まれます。

 「無精子症」や「精管閉鎖」等の具体的な男性不妊な方でない限り、「自分には問題ない」

「精子提供したらやる事無い・出来る事も無い」と思っている方が殆どだと思います。

  本当は精子の質を上げる為の自己健康管理がとても大事なのですが。

 妊活を続ける上で、確かに女性側の身体に関係する事は男性側のそれに比べて圧倒的に多いです。

  何しろ赤ちゃんは女性の身体に宿り、女性の身体からオギャーと生まれる訳ですから。

 ではどうすればいいでしょうか。そのままではストレスになりせっかくの妊活にもあまりよくありません。

 「旦那さん・未来のパパ教育」をしてみてはいかがでしょうか?今後妊活をしていく中で男性側のサポートはとても大事なモノとなってきます。

 イライラする発言や状況に負けず、2〜3回大きく深呼吸をした後に

・今はこんな状況

・どんなサポートがどれくらい必要

・男性側の自己管の必要性

・御自身(女性側)の妊活に対する想い

・タイミングの予定日

 を、しっかりと向き合い 小学生くらいの子供にでも分かるように説明してあげて下さい。

当院に連れて来て頂ければ男性の僕からしっかりとご説明します。

 僕も夫婦で妊活していた時はそうでした。興味が無い訳ではもちろん無く、一緒に妊活をがんばりたいのですが ただナニをしたらいいのかわからないのです。

 体温も、自分が毎朝はかる訳ではないのでその事も忘れてしまい、突然告げられると嫌とかではなく驚いて狼狽してしまうのです。

 と、男性側からのフォローも少々交え、今回のコラムはこれで終わりです。

    

  

  

 

不妊の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師