鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド四十肩・五十肩

体重が重いと四十肩・五十肩は治りにくいんです。

投稿日:2018/11/09 投稿者:宝塚ハリニックよこい鍼灸整体治療院(コラム投稿数:204件)

こんにちは「四十肩・五十肩サポート治療院」宝塚ハリニックよこい鍼灸整体治療院の院長 横井です。


どうして「太りすぎ 肥満」だとと「四十肩・五十肩」が治りにくくなるのか・・??

長年の経験で太りすぎや肥満の方だと「四十肩・五十肩」が治りにくいケースが多いように思います。

腕や肩を使うことは日常生活ではあらゆる場面で使うのですが、太りすぎや肥満だと、腕の重みでそれだけで痛めている肩の負担が高まります。

体重が重いとカラダのあらゆる部位にその重さ悪影響してしまい、四十肩・五十肩の関節も痛めることになり治りにくくなってしまいます。


そして、肥満や体重オーバーであると糖尿病にもなりやすく、血糖のコントロールが上手くい叶いので肩関節の炎症がおこりやすく、肩の内部や靭帯への血の巡りも良くありません。

東洋医学の考えで体重オ-バーによる痛みの原因にも鍼灸でアプローチしていきます。

東洋医学的に診ると、体重オーバーや肥満の方は「気と血と水」が滞ってなかなか治らない四十肩・五十肩になっています。


東洋医学の健康なおカラダとは「気 き」・「血 けつ」・「水 すい」の3つともがバランスよく保たれている状態とされています。
特に「気 き」が滞ると肥満体型や体重オーバーになってしまいやすいのです。

「なんだかいつも疲れ気味」「なんとなく気怠い」「体重が増えたり減ったり」

などが気が滞った「気滞 きたい」と呼ばれる代表的な症状です。

他には「血 けつ」が滞ると「手足が冷たくって冷え性」「お風呂でもなかなか温もらない」
「生理痛、生理不順」などになりやすく、「水 すい」が滞ると「むくみ体質で下半身太り」
「トイレが近い・夜間の頻尿」などの特徴があります。


このように「気 血 水」が乱れるとおカラダのコンディションに悪影響を与え、肩の痛みも取れにくくなり、太り気味や肥満の方はなかなか治らない「四十肩・五十肩」になってしまうのです。

おカラダ全体を診ていく鍼灸などの治療で、「四十肩・五十肩」で痛んでしまっている関節に「気血 水」の流れを整えていくことで、体重オーバーや肥満の方の「四十肩・五十肩」が根本的に解消されていきます。

鍼灸はおカラダの内面からも整えていくことが得意な治療法です。数週間も痛いママの四十肩・五十肩であれば鍼灸治療で早く「四十肩・五十肩」を治していきましょう!

四十肩・五十肩の詳細を説明している専門サイトはコチラです ゆっくりとご覧ください。

四十肩・五十肩の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師