鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド頭痛・偏頭痛

肩凝りと頭痛について

投稿日:2018/11/09 投稿者:ローズの花 鍼灸・整骨院 北越谷駅東口店(コラム投稿数:255件)

 
肩がこっていて、頭痛にも悩んでいるという人は多いのではないでしょうか。
 
頭痛の中には、緊張型頭痛と言うものがあります。
 
これは筋肉の緊張により起こる頭痛です。
 
肩のこりが強いと、この頭痛が起きやすいとされています。
 
肩こり解消、対策をする事で頭痛も自然と解消に向かう場合もあります。
 
緊張型頭痛の特徴としては、肩こりの症状が最初に現れその後頭部痛が出てくるという特徴がみられます
 
これは肩こりで肩の筋肉が緊張してしまい、その緊張が頭の方にまで伝わって
 
頭痛となってしまうと言う仕組みなのです。
 
また、肩こりから来る頭痛は肩から首、頭の後ろの方が痛むことが多いようです。
 
偏頭痛とは違い脈を打つようなズキズキとした痛みや、吐き気がすることは滅多になく
 
ギューっと締め付けられるような感じの痛みかたをするのも、肩こりからくる頭痛の特徴です。
 
こうした肩こりから来た頭痛の場合、他の症状を引き起こす可能性もあり
 
目が痛くなったり目が疲れやすくなったり、めまいが起きやすくなったりもします。
 
また、こうした症状が続くと慢性的に身体がだるさを感じる様になり
 
身体全体の不調につながってしまいます。
 
こうした肩こりから来る頭痛の対策方法としては、やはり肩こりを解消させる事が重要です。
 
緊張した筋肉をほぐし、緩めていくようなケアをしていく事が一番大切かもしれません。
 
継続的にケアをして肩こりだけではなく、頭痛や他の症状も一緒に改善していきましょう。
 
では、どのようにケアをしていけばいいのでしょうか。
 
肩こりは循環を良くすることが大事ですので39~40度くらいのお風呂に何も考えずリラックスして入りましょう。
 
こうすることで気持ちもリラックスし、身体も温まるので筋肉もほぐれやすくなります。
 
時間がなく、ゆっくり入浴できない方は、ホットタオルを肩や首に当てることも有効的です。
 
また、目の疲れを感じている時は、目も同様にホットタオルで温めてみましょう。
 

 

鬚ィ蜻・縺ォ蟇セ縺吶k逕サ蜒冗オ先棡
そのあと少し肩を回すように動かしたり、なでるようにさするだけでも肩にたまった老廃物が流れやすくなり
 
肩周りがすっきりし、筋肉もほぐれやすくなります。
 
それでも自分でできることには限界がありますし、改善しきれない時もありますよね。
 
たまに時間が取れてケアしてみても継続できず、すぐに戻ってしまうということも…
 
そういう時は当院にお越しください。
 
当院では頭痛のある肩こりの患者様には鍼灸治療をご案内しております。
 
怪我や病気と違い明確に治ったともわからず、病院では薬を渡されたりシップを渡されたりと
 
治療も限られているので、慢性的な肩こりにお悩みの方は辛いまま過ごされていることも多いと思います。
 
慢性的な肩こりの原因はいくつもありますが、鍼灸治療はさまざまな原因に対して治療することができます。
 
日常生活での姿勢や動作により筋肉の緊張がある場合は筋肉を緩ませてあげるような治療を行い
 
ストレスや自律神経の乱れにより起こる血流障害や筋肉の緊張に対してもアプローチしていくことが可能です。
 
特に現代社会では、パソコンやスマホの使用による姿勢の歪みや筋緊張、ストレスなど
 
肩こりの原因はいろいろあるからこそ自分では判断が出来ないこともあります。
 
来院して頂きお話を聞いていく中で、患者様に一番合った方法で治療を進めていきますので
 
まずは悩んだまま、辛いままにしないで足を運んでみてください。
 
 
内容を詳しく知りたい方は下記をご覧ください。
http://www.rose-koshigaya-kitakoshigaya.com
 
皆様のご来院心よりお待ちしております。

 

頭痛・偏頭痛の他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師