鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド麻痺

先天性ミオパチー(旧 先天性非進行性ミオパチー)

投稿日:2018/10/20 投稿者:治療院 鍼のひびき灸のかほり(コラム投稿数:31件)

先天性ミオパチー(旧 先天性非進行性ミオパチー)
congenital myopathies
難病指定111
 
【概論】
大半の患者さんは「良性先天型 benign congenital form」。
 
生まれながらに筋組織の形態に異常があり、そのため生後間もなく、あるいは幼少期から、「筋力が弱い」、「体が柔らかい」などの筋力低下に関わる症状を認める病気。
 
【疫学】
国内の正確な頻度は不明。
国内におよそ1,000~3,000人。
 
【原因】
先天性ミオパチー全体では、少なくても半数以上の方が、原因となる遺伝子が不明で確定されていない。
ただ、染色体の異常がわかっている疾患もある。
 
【症状】
生後間もなく、あるいは幼少期から、筋力が弱い、体が柔らかい、または発達の遅れなどの筋力低下の症状を認める。
 
【治療法】
根治的な治療は存在しないので、症状に対する対処療法が行われる。
 
【考察01 中医学】
・「鮫肌」「固定痛」などが診られた。
・弁証 : 瘀血内停
・治法 : 活血化瘀止痛
・処方 : ブラッド・ステイシス・デトックス


 


【考察02 エドガー・ケイシー療法】
・リーディングでは、うっ血(瘀血)が見られる場合、アメリカン・イエローサフロー(紅花茶)を薦めている。
これは、アジアの伝統医学では、古くから行われてきている処方と同じ。
 
・同じような症状の小児麻痺(脳性麻痺)の患者さんに、「ピーナッツオイルのお風呂」を薦めていたリーディングを思い出した。
 
・もちろん、カイロプラクティックやオステオパシーによるアジャストにより、神経系の改善を指示するだろう。
 
・神経系に対するアプローチなら、インピーダンス装置やウェットセル(湿電池)も指示される可能性が高い。
 
参考Web
01. 一般社団法人日本筋ジストロフィー協会
https://www.jmda.or.jp/mddictsm/mddictsm2/mddictsm2-2/
 
02. 難病情報センター
http://www.nanbyou.or.jp/entry/4726
研究班名 : 希少難治性筋疾患に関する調査研究班
 
20181020 22:18
麻痺の他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師