鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド生理不順

排卵誘発剤の豆知識

投稿日:2018/10/20 投稿者:美容・慢性肩こり・腰痛専門! KOKUA鍼灸院 新潟万代店(コラム投稿数:35件)

※ホルモンを補充して卵胞を育て、排卵を促す「薬」

※月経不順から体外受精まで排卵誘発剤は幅広く使われています

 

不妊治療の薬で一番よく使われているのが排卵誘発剤でしょう。実は月経不順などの治療などにも広く使われています。不妊治療ではよりよい卵子をできるだけ多く育てる目的で使います。

効き目が比較的ゆるやかな「飲み薬」は、脳に働きかけるもので、〈卵胞が育っていない〉と脳が感知して、自力でFSH(卵胞刺激ホルモン)の分泌量を増やそうとする作用があります。一方、注射はFSHそのものを打って卵巣に直接刺激を与えるものなので、効果が強いのが特徴です。

タイミング法や人工授精などの治療では、まずはクロミッドなどマイルドな「飲み薬」から服用を始め、様子を見て量を増やしたり、効果が出ない場合には注射に切り替えていきます。一方、体外受精では複数の卵子を育てるために、卵巣を直接刺激する注射を用いるのが一般的です。

 

http://kokua-shinkyu.com/symptomscat/post-1872/

生理不順の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師