鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド腰痛

鍼を打った時の抵抗感って?!

投稿日:2018/10/19 投稿者:ローズの花 鍼灸・整骨院 竹ノ塚駅西口店(コラム投稿数:336件)

鍼を打ったときに内側から「ズーン」とするような感覚がある事があります。

身体の硬くなっている部分(いわゆる「硬結」と呼ばれるところです)に鍼を打つ時に生じやすい現象です。

入った鍼に対して身体の硬いところが抵抗するような反応をするとこのような感覚が生じることがあります。

この反応が起きているときは、硬いところに入っているという証拠でもあります。

この反応が起こった後、硬いところが緩むので終わった後に楽になるケースが多いです。

 

重だるさが少し出る期間があると思いますが、治る過程の一種で身体が反応するものなので大丈夫なのですが、あまり長く続くようだとその旨を施術者の方に伝えた方が良いかと思います。

 

 

腰痛の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師