鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド不妊

妊活基礎力をあげる!!

投稿日:2018/10/20 投稿者:ながき鍼灸整骨院(コラム投稿数:31件)

ながき鍼灸整骨院の長岐裕美です。

 

去年妊活で通って頂いた患者さんから予約のご連絡を頂き、「産後の骨盤矯正」のメニューでと🙌🙌🙌

 
 
 
 
 
無事妊娠、出産までしてたーーーー‼️
 
 
 
 
 
やったぁ🎵
 
 
 
そしてもう一人、1年近く鍼灸通ってくれてる方から妊娠陽性報告頂き幸せ気分な週末でした✨
 
 
 
 
 
妊活は結果がすべてなので、妊娠して無事に出産したご報告を頂くと嬉しい気持ちとともに本当に安心します!!
 
 
 
 
 
 
妊娠するって、言い方を変えれば10ヶ月間、赤ちゃんが自分の体に寄生するってこと。
 
寄生されても大丈夫な体作りができてないとそもそも妊娠が難しくなります。
 
 
 
母体は赤ちゃんを育てるために栄養をあげたり、赤ちゃんに合わせて体型を急ピッチに変化させないといけません。
 
 
 
体型を変えるってなかなか体はエネルギーのいることです。
 
 
 
血液量も約2倍近くまで増やさなきゃだし、全身の関節緩めるホルモン出したり、緩んだ関節を補助するためにその周りの筋肉は無理をする… 
 
 
 
 
そして無理やり伸ばされていく皮膚…
 
 
 
母体には計り知れない負担がかかります。
 
 
 
そんな中、赤ちゃんに栄養をあげて約3キロまで育て上げ、最後の最後に体力消耗、大量出血など命のリスクを伴うお産…
 
 
 
 
妊娠の10ヶ月間、お母さんの体も赤ちゃんも凄まじい変化と向き合います。
 
 
 
 
妊娠には母体優先の法則があるので、お母さんの体が健康かつ妊娠中の変化に対応できるエネルギーが余っている状態じゃないと妊娠は難しいと思います。
 
 
 
 
ストレス、疲れがたまるとどうしても自分の今の体を維持するのに体は精一杯になります。
 
 
 
精一杯の「精」の漢字は「精力」の精です。
精をほかのことに費やしてしまってたら、妊娠のための余りの「精」ができません。
 
 
 
仕事に精を出すのも「精」の字ですね!
 
 
 
体に余りのエネルギーを蓄えることが妊娠に繋がると思っているので、ながきの妊活の鍼では子宮卵巣系のツボだけではなく、基本的に全身調整を行っていきます。
 
 
 
肩こりや腰痛、冷え、不眠、頭痛、胃腸の不調、風邪などなど、体に不調が出てるってことは体に無理があるってことだと考えています。
 
 
 
少しでも「余分なエネルギー」を作り出せるよう体の負担を減らすことで妊娠に回すエネルギーを作り出す。
 
 
 
エネルギーって体を回復させる力、体を守る力なのでいわゆる免疫力とも言えます。
 
 
この基礎妊娠力がどれくらいあるのかを妊活鍼灸ではまず見極めて、上げていく治療をしていきます。
 
 
 
この力がもともとどれくらいあるかで妊娠力が決まるのではないかと思います!
またこのお話も詳しくご紹介しますね!
 
 
ながき鍼灸整骨院
長岐裕美
不妊の他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師