鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド首こり

寒くなると寝違えが増える?!

投稿日:2018/10/15 投稿者:リカバリー代々木治療室(コラム投稿数:112件)

 

こんばんは。

 

日中はまだ暑いくらいですが、朝晩は涼しくなりましたね。

 

日によっては寒くて暖房が欲しくなるくらい。

 

この季節になると、「寝違え」の患者様が急に増えます。

 

 

 

寝違えは首の筋肉が軽い肉離れを起こして、痛みで首を回したり曲げたりが辛くなる状態です。この時期に増える要因は、夜に室温が下がり首・肩をすぼめてしまうことで、緊張状態になってしまうことです。

 

緊張状態のままで寝てしまうと、肩こりや首こりが酷くなるだけでなく寝違えてしまうんです。

 

泥酔して変な姿勢で寝てしまい、捻挫と同じくらいひどいケースもありますからご注意くださいね。

 

 

 

寝違えた〜と思った直後には、どうすればいいのか?
冷やす・温める・ストレッチをして伸ばす・もみほぐす。

 

じつはどれも悪化するのでしてはいけません。

 

冷やしても、消炎効果のある冷感湿布を1時間貼るだけが良いようです。

 

温めたり・マッサージしたりするのは痛みがひいてからでないと、いつまでも炎症が残ることになってしまいます。

 

 

 

一番は無理に動かさずに安静にすることなのですが・・・・

 

 

 

仕事や家事で忙しい方、安静にしていられないよ!という方、痛みがひどい方には鍼灸治療が効果的です。

 

炎症を押さえながら、痛みを緩和する処置をいたしますので、お困りの方はご遠慮なくご相談くださいね。

 

首こりの他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師