鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド不妊

自然の営み

投稿日:2018/10/12 投稿者:針灸治療室ピア(コラム投稿数:3件)

人間をはじめ、生き物はすべて自然の中で生きています。

 

動物だけでなく、植物も四季の移り変わりを感じ取って命をつないでいます。

 

 

 

さて、現代の人間はどうでしょうか?

 

文明のおかげで、冷房も暖房もあるので寒さや暑さに耐えずに済むようになりました。

 

またハウス栽培や冷凍技術で、旬の時期と真逆の季節でも年中美味しいものが食べられます。

 

コンビニなど24時間営業の店が増えて、昼夜関係なく好きな時に好きなものが買えます。

 

 

 

良いことばかりのように思えますが、自然の流れに逆らって良くないこともあります。

 

といいますか、東洋医学においては自然の流れに背くことで健康になることはあり得ません。

 

春には体を動かしはじめ、夏には汗をかき、

 

秋には美味しいもので栄養を蓄え、冬には春に備えて体力を温存しておく。

 

これが自然の流れに身を置き、自然と調和する生き方です。

 

 

 

夏は少々身体を動かして、体を冷やす作用がある夏野菜を食べると良いといわれています。

 

逆に冬は運動などで汗をかくことは控えて、体を温める根菜類を食べるのが良いのです。

 

 

 

身体は一年の周期だけではなく、一日の中でも常に変化しています。

 

朝から昼にかけては体を動かす陽気が旺盛になり、

 

夕方から夜は身体を滋養させる陰気が盛んになります。

 

 

 

このようにさまざまな周期に合わせて生活リズムを整えることが

 

健康を維持する秘訣といえます。

 

 

 

女性の月経や出産は月の満ち欠けと関係があるといわれています。

 

ご存知のように健康な女性の月経周期は約28日~30日周期。

 

月の満ち欠けは29.5日周期で、おおむね似ていますよね。

 

古代の人は命を宿し育む女性と月の満ち欠けに相関関係があると考え、

 

女性を聖なるものして人間の根源であると考えました。

 

実際に遺伝情報が詰まっている染色体は【xx】の女性形がベースとなっていて、

 

男性は女性形から分化した【xy】の形になっています。

 

 

 

ここで大切なのは、特に不妊治療に取り組む女性は自然の流れや摂理を

 

無視してはいけない、ということです。

 

本当は自然な営みの中で妊娠・出産をすることが望ましいですし、

 

ほとんどのカップルがそれを望んでいることでしょう。

 

 

 

しかし環境や時代の変化に伴って、なかなか希望通りにいかなくなっていることも事実。

 

最先端の生殖医療の力を借りることも子供を授かるためには大切な選択肢の一つです。

 

自然界で生きている人間だからこそ、その自然の生理に反する負担が大きい治療は

 

できるだけ少ないほうがよいでしょう。

 

継続して行う場合もしっかりと身体を整えつつ身体の状態と相談しながら行う必要があります。

 

新しい命を授かるということは、自然の営みに少しでも近づけることが近道かもしれません。

 

妊娠・出産を希望される方は、ぜひ「命をつないでいくこと」を少しだけ考えてみませんか?

不妊の他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師