鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド背中の張り

背中のコリと内臓の関係

投稿日:2018/10/11 投稿者:コリとれーるカレッタ汐留院(コラム投稿数:5件)

背中が張って痛い!

疲れが溜まってこっているだけだとお考えの方が多いと思います。

 

確かに、長時間に及ぶパソコン作業やお子様の抱っこなど、

長時間の同じ姿勢は肩や背中のコリの原因になります。

 

 

しかし、内臓に原因があるために背中や肩こり、

腰痛が引き起こされている場合もあるのです。

 

例えば、胃や十二指腸など消化器系の問題は背部に影響を及ぼします

これは「内臓体壁反射」と言い、内臓の問題が自律神経を通じて体壁、

つまり筋肉などに反応が現れるということで、

生理学的に証明された現象なのです。

 

患者さんの中には、鍼をしてもらうと胃の調子が良くなったと

おっしゃる方もいます。

 

 

鍼で内臓の調整とは、少し不思議に思われる方もいらっしゃると思いますが、

鍼治療は単に筋緊張を和らげるだけではなく自律神経を整え、

内臓の働きを改善し、「治る力」を強くしてくれます。

 

コリや張り感、痛みは体が出してくれるサインです。

そのお知らせに気付いて早めに対処することで病気を防ぎ、

健康な体を作りましょう。

 

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

コリとれーるカレッタ汐留院

東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留地下2階(電通本社ビル)

ご予約:03-6215-8017

10:00~21:00(日祝20:00)

https://www.liu-method.com/access/shiodome.html

■患者様の声

 https://www.liu-method.com/voice/shiodome

背中の張りの他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師