鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド四十肩・五十肩

気持ちよくバンザイ出来るようになりましょう。

投稿日:2018/09/11 投稿者:トリガー鍼灸・整体院(コラム投稿数:36件)

こんにちは!

今日は、何かとお悩みの多い肩の症状についてお話していきます!

さて、いきなりですがこのような症状をお持ちの方はいらっしゃいませんか? 

・急に肩が痛くなることがある

・何もしていなくても肩が痛い

・高い所のものを取ろうと肩を上げると、上がらない

・肩がおもだるい

・夜に肩が痛くなる

信じたくないけどもしかして… と、思う方も多いと思います。

 

そうなんです。

四十肩・五十肩の可能性があります!!

 

具体的に、四十肩や五十肩がどんなものなのか知っていますか? 

まず、四十肩・五十肩と二つの言葉を耳にすることが多いと思いますが、この二つに違いはありません!

また、「四十肩・五十肩」という病名はなく、病院では「肩関節周囲炎」という診断名を付けられます。

40代・50代に発症しやすい為、四十肩・五十肩と呼ばれる事が一般化した、ということです。

 

では、肩関節周囲炎とは?

関節を構成する骨、軟骨、靭帯や腱などが年を重ねることにより、肩関節周囲の組織に炎症が起こることが主な原因と考えられます。

肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包や関節を包む袋(関節包)が癒着すると更に動きが悪くなります。

肩関節周囲炎は、炎症の起こる部位により名前が異なってくるのです。

 

・上腕二頭筋長頭腱炎

…腕の力こぶを作る上腕二頭筋が、上記の絵にある上腕骨という骨の溝を通る際に、摩擦が起こり炎症を伴います。

・肩峰下滑液包炎

…肩関節を構成する骨と骨の間にある滑液包と呼ばれる、袋状のクッションとなるものが炎症を起こしたものです。

この滑液包は肩関節を滑らかに動かすための円滑材の役割があるため、

これが炎症を起こしてしまうと肩関節をスムーズに動かすことが難しくなります。

・腱板炎 

…腱板とは肩関節を支える4つの筋肉(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)の総称のことで、肩関節の一番近い所を、関節が離れないように付いています。

この4つの筋肉のうちどれかが炎症を起こすのが腱板炎と言われています。

 

この3つが主な肩関節周囲炎と呼ばれるものになります。 

そして、四十肩・五十肩には急性期と慢性期があります。

四十肩・五十肩は腕を動かしたときに急に痛みを感じるのが主な症状です。

急性期とは、このように肩と腕の痛みが強い時期のことで、炎症がひどい時期でもあります。 

特に動かさなくても痛むことがあったり、二の腕や手先まで痛みが伝わることや、中には痺れを伴う方もいます。

また、寝ているときに痛みが激しくなったり、痛くて目が覚めてしまうケースもある「夜間痛」が特徴のひとつでもあります。

この急性期は痛みが数日でおさまる事もありますが、痛みがおさまったからといって放っておくと、鈍い痛みに変わり1~2ヶ月程で慢性期に移行する可能性が高くなります。

 

慢性期になると、痛みはだいぶおさまってきます。

安静にしていれば、痛みはほとんど感じませんが、無理に動かしたり急に動かしたりすると激しい痛みをぶり返す可能性があります。

急な痛みや炎症の影響により、筋肉は収縮して硬くなっています。

そのため、関節を動かせる範囲(関節可動域)が狭くなり、腕が上げにくくなる時期が慢性期なのです。

例えば日常生活において、洗髪や着替え、洗濯干しなどを行った際に腕が上げにくいと感じることがあるでしょう。

この小さなことが大きなサインになるのです!!!

 

自然に治ることもありますが、放置すると日常生活に不自由が生じることもあるので予防や治療をしっかりしましょう!

予防にはいくつかのトレーニングやストレッチがあります。

自ら動かし肩周囲の血液循環を良くしたり、ストレッチをして肩周りの筋肉が固まらないようにしておくことが必要です。

治療はなるべく早めに行うことをおススメします。

上記でも説明したように、【慢性期】になってしまうと腕をあげにくくなったりと日常生活にも支障が出てきてしまうからです。

急性期・慢性期、それぞれに適した治療が存在します。

もし、ご自分でストレッチやアイシング・温めて運動療法など試しても改善が見られない場合は専門家に相談しましょう。

もしかしたら、ご自身の症状とその治療法が合っていないのかもしれません!

トリガー鍼灸・整体院では、肩を痛めた時期や症状に応じて手技や鍼治療などを駆使して最短で改善していきますよ!

四十肩・五十肩の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師