鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド膀胱炎

【過活動膀胱を病院で治療中の女性の腰の重だるさに】頻尿|宮崎市|三快治療院

投稿日:2018/08/10 投稿者:三快治療院(コラム投稿数:544件)

過活動膀胱を病院で治療中の女性で

● トイレが近い

● トイレを我慢するのがつらい

● トイレが間に合わない

● 腰が重だるい

● 腰痛がする

● 首肩がこる

などでも悩まされていませんか?

 

過活動膀胱の症状は、女性に多く、40歳以上の日本人の10%以上

の女性が過活動膀胱を有するといわれているそうです。

原因のわからないものが多いとされています。

 

 

過活動膀胱を病院で治療中の女性には年齢的に

女性ホルモンバランスや自律神経の調子を整える

ことも必要と考えています。

 

過活動膀胱を病院で治療中の女性のお腹を軽く

触れると、おへそから下の部分に冷えを感じること

が多いです。

また、おへそから下部分に力がなく、軽く押さえると

いやな痛みや不快感があることがあります。

骨盤を左右から軽く揺すってみると、大きく揺れる側

と揺れない側の左右差があります。

また、内側の脚の付け根部分に硬い感じ、力のない感じ、

軽く押さえただけでも痛がることがあります。 

 

三快治療院では過活動膀胱を病院で治療中の女性に対しては

☆ 自律神経・ホルモンバランスの調整

☆ 膀胱の働きを調整する処置

☆ 内臓の下垂を引き上げる処置 

を行うようにしています。

 

内臓の下垂とは

年齢とともに筋力などが弱ってくる人が多くいます。

内臓も年齢とともに元の位置より少し下に下がって

くることが多いです。

胃や腸などが下がると、下にある膀胱に圧が加わり

ます。

その圧迫が膀胱の活動を過敏にしている原因の

1つなのでは!?と考えています。

 


三快治療院では詳細な問診と診察、検査を

通じて患者さんの体質、不調の原因を確かめて、

三位一体(鍼灸・指圧マッサージ・体操)の総合治療

を行い患者さんの不快な症状・痛みを改善するよう

努めています。

誰一人として同じ患者さんはいらっしゃいません。

1人1人の身体の持つ 個体差を考慮したオーダーメイド

治療を行っています。

 

  

※デリケートな症状のため、1回の治療で全てを軽減させるのは難しいです。

 週に1~2回の治療が必要です。

三快治療院ホームページ → http://sankai6.wixsite.com/sankaitiryouin

 

膀胱炎の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師