鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド鼻血

血のバランス

投稿日:2018/07/26 投稿者:長谷川鍼灸院(長野式治療専門)(コラム投稿数:27件)

鼻血ブー!

鼻の粘膜は薄い。

わざとそうなっている。

血の流れが強いとどこかをわざと決壊させることもある。

以前、子供が「鼻血が出る。」って。

脉を診ると「洪弦」。

この脉は、幅が広くて、硬く尖っている脉です。

「洪脉」は、心実をあらわすので、それを落ち着かせると、血の勢いも落ち着く。

「弦脉」は、肝胆の実をあらわすので、身体の中まで緊張状態で臨戦態勢。

こんな時って、足の循環が悪いんですよ。

まずは「洪脉」をお臍の下の「関元」で落ち着かせると、脉の幅が落ち着いてくる。

次に「弦脉」の緊張を足の「血海」で落ち着かせると、緊張が解れる。

この時点で、鼻血は止まります。

ただし、みんなこんな脉ではないし、他の所見もまた違う。

あくまでも所見に沿って身体を整える事が大事です。

多くは、足の血流を改善させることで変わってきます。

そして、この子供の鼻血は止まる。

身体を読む、ツボを読む、そしてそこを整える。

治療ってそんなもんです。

鼻血の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師