鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド頭痛・偏頭痛

夏場の頭痛は治療を受ける前にまず水分の補給から! 

投稿日:2018/07/20 投稿者:フラット鍼灸院(コラム投稿数:20件)

猛烈な暑さがで毎度毎度、天気予報の日本列島は

真っ赤っか!

外に出るとしばしば救急車のサイレンを耳にします。
一日一回は。

きっと「熱中症」でしょうね。

こんなに35℃を超える日が続くと身体もキツイ!

で、熱中症になるかならないかはホントに紙一重。

あのタイミングで水分補給していれば・・・っていう
水分を摂るかとらないか、塩分が補給できるかできないか

その違いで身体に重い症状が出る出ないが決まります。

そもそも紙一重、というその状態にちかいところではなく
安心、安全な健康状態で過ごすことがとっても大事。

 

熱中症の初期症状には

頭痛、めまいや顔のほてり、筋肉の痙攣や痛み、吐き気や身体のだるさ

などがあります。

マッサージとか鍼灸を受ける機会が多い方は頭痛が出たらとりあえず
施術を受けよう!って考えられるかもしれません。

でも、その症状が実は熱中症の初期症状の可能性も・・・あります!

よくよく考えてみたら水分とってなかったな~、とか

寝不足気味で外にちょっといたら顔が熱くなってきた・・・とか

そんな感じの時はまず水分と塩分の補給をして様子をまずは見てみましょう!

その他、熱中症対策の水分補給については
ホームページでご覧いただけます!

 

暑い時期の体調不良はまず熱中症を疑って
水分と塩分の補給から!

を実践してみましょう!♪

 

 

フラット鍼灸院

名古屋市名東区上社1-1401 TKビル1F

052-739-6754

WEB : http:///www.flat-nagoya.net

 

頭痛・偏頭痛の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師