鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド腰痛

反らせて痛い腰痛と対策

投稿日:2018/07/13 投稿者:整体フィット(コラム投稿数:29件)

こんにちは。

整体フィットの伊藤です

今回は腰痛について

腰痛の原因は沢山あります

動作の中で前屈みで痛むものや

後ろに反らせて痛いものなどあり

後ろに反らせて痛む腰痛でも

片側で痛みの起こる腰痛

椎間関節性腰痛について書いていきます

椎間関節性腰痛は特徴を理解すると評価・改善しやすい腰痛です

椎間関節性腰痛とは

椎間関節性腰痛は椎間関節に起こる腰痛ですが

椎間関節の場所を理解しないといけないので

椎間関節についての説明をします

椎間関節とは

椎間関節は背骨の椎骨と椎骨の関節部分で

今回は腰痛なので 腰の脊椎で説明させて頂きます

腰椎は五個あり

上から腰椎1番から5番まであり

腰椎1番は胸椎12番と

腰椎5番は仙骨と関節をつくります

腰椎の構造↓

横からみると(左が前右が後ろ)
この椎骨が積み木のように重なって背骨ができます
(下図のような感じで積み重なります)


そして椎間関節の場所はココです↓(黒丸の場所)椎間関節の場所は理解できましたか?

次に椎間関節の特徴について書いていきます

椎間関節の特徴

特徴1 椎間関節は左右にある

下の画像を見れば分かりますが椎間関節は右と左にあります↓

後ろから見た図

黒丸が椎間関節椎間関節が左右にあるという事は評価を行う上でとても重要なポイントになります!

特徴2 椎間関節は後ろに反らせると負荷がかかる

椎間関節は写真を見てもらえばわかりますが後ろに反らすことにより荷重がかかりますが

前屈みでは負荷がかかりません

この特徴は評価を行う上でとても重要なポイントになり前屈で痛みが起こるなら

その場合は椎間関節が原因による痛みの可能性は限りなく低いことになります

特徴3 椎間関節を支配する神経は脊髄神経後枝内側枝

脊髄神経後枝内側枝の説明は複雑になるので省きますが

腰椎周辺の感覚を感じる神経はいくつかあります

たとえば坐骨神経通の原因の一つ神経根という場所の圧迫なら下腿に痺れ

脊髄神経後枝外側枝なら脊柱起立筋のおもだるいよな痛みやお尻までくる痛みなど、、

その中で脊髄神経後枝内側枝

が感じるのは多裂筋椎間関節です。

そして椎間関節性腰痛多裂筋の痛みは必発します。

なぜなら椎間関節の安定に多裂筋が関与するから

そして脊髄神経後枝内側枝は右と左にわかれます

この神経の支配領域は評価をする上でとても重要なポイントで

神経の支配領域と負担のかかる動作を把握を理解することである程度の原因を探す事ができます

まとめ

特徴をまとめると

椎間関節性は

後ろに反らすと負荷がかかる

痛み起こる場所は右か左かどちら

痛みの場所はポイントで下肢や臀部への放散痛は少ない*実際は関連痛などもあるので椎間関節の負荷を軽減させる徒手検査で椎間関節が原因の痛みかを評価する必要がある

という事は後ろい反らせて痛いかたで右か左に痛みのある方は椎間関節性腰痛の可能性があります

ついでに

実際は検査をし椎間関節性腰痛の見極めをする必要があり

検査法は簡単ですがある程度の触診技術が必要なので

このブログは一般の方むけなので検査方法はあえて記載していません

下にスクロールして頂くとセルケアも載せています。見てください

↓インスタのビフォーアフター画です

 

治療方法

椎間関節性腰痛と評価出来ればセラピストが行えば比較的、治りやす状態です

治療目的は椎間関節の動きを正常化し安定をするための運動をすれば比較的簡単に症状はおさまりますが

実際は椎間関節だけ治療をすれば良いという訳ではありません

椎間関節の動きが逸脱した原因が股関節にあれば股関節の治療

胸郭の動きの左右差があれば胸郭の治療が必要なります

別のブログでも書くつまりですが腰椎には回旋可動域は殆どありません

胸椎を含む胸郭の動きか 股関節を含む骨盤帯の動きで

腰椎の捻じれが起こり椎間関節の歪み→椎間関節の負担→椎間関節性腰痛となりなす

→この状態で過ごし季節の変わり目でぎっくり腰になる人が経験上、めちゃくちゃ多いです

セルフケア

セルケアは原因を評価してからお伝えするのが安全ですが

痛みがそこまで酷くないと仮定しお伝えします

①腰のストレッチ

②この動画の足を開いて行うフィット式バックブリッジ1をお願いします

痛みが酷い場合はフィット式バックブリッジのみお願いします

注意点

痛みが悪化したりする場合は中止し病院か治療院に行かれた方が安全です

無理をせず行って下さい宜しくお願いします

体操について

当院では患者さまの状態にあわせ施術と運動の仕方。ストレッチの仕方をお伝えしています。

細かい注意点。体操のやり方を知りたい方は是非整体フィットへご連絡下さい

僕自身も毎日運動をしています。その運動によって腰痛と背中の痛みが解消しました。お互い自分の身体のため未来のために予防をしましょう

整体フィット

651-0094兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町4-2-1 三鶴ビル802 整体フィット

電話番号 090-6059-4091

整体フィットの口コミ・感想をもっと見る


 

 

 

腰痛の他の他コラムを読む

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師