鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイド胃痛

胃腸に効くツボ

投稿日:2018/07/12 投稿者:住吉鍼灸院(コラム投稿数:108件)

こんにちは

暑い日が続きますね。
早くも夏バテ気味で、

さっぱりしたものやすっぱいものが食べたくなります



今年の夏は長くなりそうですね

暑いからと言って冷たいものをたくさん摂ってしまうと、 胃腸に負担をかけてしまいます。

そこで今回は、 胃腸の機能を高める!3つのツボをご紹介します
①足三里(あしさんり

〈多氣多血の万能穴。胃腸症状全般に〉
足三里はたくさん氣が流れているツボです。
胃腸の症状全般に良いですが、
特に胃もたれ胸やけなど、胃を動かしたいときに有効です。
場所は、
膝のお皿の斜め下で外側のくぼみから指4本分下がったところにあります。


②中脘(ちゅうかん



〈胃の真上にあるツボ。お灸で温めて〉

中脘はおへその直上で指6本分(指で3を作って、二つ分)
胃の真上にあります。
胃がチクチク痛いとき、
または、
長時間同じ姿勢で座っていた時緊張して胃が痛いときに有効です。
お灸や湯たんぽ、ドライヤーであたためてあげるとより効果的ですよ




③	内関(ないかん)



〈自律神経の調整も。きもちわるさに効くツボ〉
内関は手首の内側の横シワの中心から肘に向かって指3本分のことろにあるツボです。
乗り物酔いや、つわり二日酔いなどの胃の気持ち悪さに有効です。

また、自律神経にもかかわってくるツボなので、
精神的なところからくる気持ち悪さにも効果的ですよ。
親指の腹でゆっくり指圧するもよし、

シール鍼をしてもよし、

おうちで眠る前にお灸をしてあげるのもいいですね。
自分のやりやすい方法で刺激して、

胃腸を整えていきましょう。


胃腸は

西洋医学からみても、
東洋医学からみても、

食べ物をエネルギーに変える、
体調を整えるうえでとても大切で欠かせない臓器です。
厳しい夏を乗り越えるためにも、
ツボのちからをつかって自分でケアできると心強いですね。




最後までお読みいただきありがとうございました。
胃痛の他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師