鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイドパニック障害

ウツは脳の筋肉痛です

投稿日:2018/06/26 投稿者:鍼灸院 癒しの故郷(コラム投稿数:12件)

えっ!!あの人が???

というように、周りで元気そうだった人が急にうつ状態になる話もあります。

見た目には分かりにくいうつ症状ですが、これは殆どが脳内葛藤のなせる仕業なんです。

 

例で言うと

仕事したくない⇔しなければならない⇔辛くても笑顔でいなくてはいけない・・・というような観念の持ち主がいたとします。

人前では明るく元気な人を演じ手はいますが、脳内ではこの葛藤が常にあり、限界が来て、とうとうセロトニンなどの脳内ホルモンが出なくなり、重く苦しいうつ状態へと突入するわけです。

 

他人の思考・頭の中の葛藤なんて人には分からないですよね。

まぁ夫婦や恋人といった近い人なら生活リズム等で分かるかもしれませんが。

 

ど~ん・・・と急にうつ状態になる人もいれば、じわじわとなる人、パニック障害の症状を経てなる人など様々なのですが、原因は脳内葛藤なのです。

 

筋肉痛って休んでも急には治らないですよね。

 

脳も同じ。

 

仕事を辞めた、葛藤の原因がなくなったところで急には脳内物質がもとのようになることはありません。

 

なので、しばらくはしんどい状態。

 

で、例えば仕事を辞めたとしたら、次は収入が入らない不安が更なる葛藤を呼び起こします。

 

この負の連鎖から脱するには、酷くなった方は相当な時間がかかると思われます。

 

これは私が通り抜けた道だから言えることです。

 

まずは「自分の状態を理解して、何が葛藤の原因で、それを外しても筋肉痛なので復活には時間がかかるから無理をしないこと」を念頭において、お薬・鍼灸・マッサージ・リラクゼーションで心身の巡りを整えながら同時にカウンセリングを受けられることをおススメします。

 

 

 

 

 

 

パニック障害の他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師