鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト『しんきゅうコンパス』

しんきゅうコンパスガイドアトピー

手足の張り

投稿日:2018/06/22 投稿者:向山治療院(コラム投稿数:421件)

中国鍼灸の向山治療院です。

 

 
中国医学では診察をする時肘から下、膝から下を触診します。そこを触診するのは治療で使うツボがあるのと筋肉の張り具合を診る目的があるからです。
 
 
中国医学では体の中に 「気・血(血液)・津液(血液以外の水分)」 があると考え、その3つが全身をくまなく流れている状態が正常、と考えます。逆に3つのどれか1つでも流れが悪いと体に異常が起こる、と考えます(1つの場合もあるば3つとも流れが悪い場合もあります)。
 
 
上記の3つのうちどれかの流れが悪くなると、一番最初に書いた肘から下、膝から下の所が張った感じになるか、逆にふにゃふにゃのように柔らかくなり過ぎます。
 
 
診察ではどの部分が張り過ぎたりふにゃふにゃになり過ぎたりしているかを診ています。異常が起きてる場所によって使用するツボを使い分ける為です。
 
 
やはりというか、アトピー性皮膚炎の患者さんのほとんどは手足がパンパンに張っています。特に腕の張りがパンパンな方が多いです。
 
 
 
 

 

 

向山治療院 (HP)  

 

一宮市向山町2-8  TEL0586-71-3082

 

 

アトピーの他の他コラムを読む

このコラムを書いた鍼灸院紹介

疾患コラムを探す

頭と目、顔のお悩み

首・肩・腕のお悩み

足と腰のお悩み

内臓のお悩み

美容のお悩み

婦人科系のお悩み

全身のお悩み

お子様のお悩み

妊娠中・産後のお悩み

スポーツによるお悩み

鍼灸コラムを探す

鍼灸の基本

鍼灸の四方山

鍼灸師